« 新レンズの印象 2005/03/18 | トップページ | レンズ雑考 2005/04/07 »

何となく考えた。 2005/03/27

SD10 を眺めていて、何となく考えた。シグマはこのカメラをなぜ作ったのだろう?

おそらく商業的には、カメラボディ単体としては成功していないのではないかという
予測は容易につく。FOVEON と言うセンサーがまず始めにあって、そのセンサーの能
力に惚れ込んだ経営陣がとりあえずこのセンサーでデジタル画像が得られるカメラを
作ろうと考えた結果がこのカメラなのではないだろうか。

もちろん機能的にはもっと上のカメラを目指したに違いない。しかし、キヤノンとニ
コンはとっくにデジタル一眼を売っており、それらの性能も値段も判っていた。ただ
シグマが出す以上、価格的には十分安価でなければならない。確かにニコン D1X や
キヤノン 1D と比較したらとてつもなく安い。2002年10月の時点では、オリンパス
E-1 やペンタックス *istD は発売されていなかった。同クラスで言えばニコン D100
はあったが、キヤノン 10D はまだ発売されていなかった。価格的なターゲットは多
分、ニコン D100 だったろう。D100 は約 30万円。そう言った意味で、SD9 に 20万円
と言う価格をつけたのは十分に納得が行く。逆に 20万円で販売した場合に採算が取
れるカメラでなければならなかったと言う見方をすれば、高級一眼レフに関する経験が
少なかったシグマが FOVEON センサーによる画像を撮影可能な一眼レフカメラを作っ
た結果としては、妥当なものだったと思う。

連写スピードにしても FOVEON X3 センサーが出力する 2286 x 1512 x 3 x 12 ビット
のデータは 15,431,472 バイトにもなる。Intel StrongARM Processor にとっても、
決して軽い負荷ではないだろう。莫大な資金を用意すれば、専用プロセッサーの開発
も可能だろうけど、(多分)商業的に成功しているとは言えないセンサーにそこまで
の資金を投入するだろうか?

自分でも何が書きたかったのかが良く解らなくなってきた。(^^;

はじめに書いた通り、やはりこのカメラはシグマからの小型デジタル一眼レフカメラ
に対する一つの回答だと思う。このカメラを売ることでシグマが得たメリットは何か
を考えると2つある。一つはデジタル一眼レフを作る力があることを業界やユーザー
に認知させたこと。一つはシグマ製レンズしか使うことのできないユーザーを増やし
たこと。自社で開発するレンズの描写性能を検証する為のカメラを作ったと考えるこ
とも不可能ではないけど、それはあくまでも結果論だと思う。当然、シグマでは他の
メーカーのカメラボディに自社のレンズを取り付けて、そのレンズの性能をチェック
する事は可能なはずで、必ずしも自社製のカメラを持つ必要はない。まぁ写りすぎる
カメラを基準にレンズを開発することは良いことだと思うけど・・・。

|

« 新レンズの印象 2005/03/18 | トップページ | レンズ雑考 2005/04/07 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何となく考えた。 2005/03/27:

« 新レンズの印象 2005/03/18 | トップページ | レンズ雑考 2005/04/07 »