« 24-70mm F2.8 EX DG MACRO の印象。 2005/04/08 | トップページ | 安くなった SD10 2005/04/19 »

ピントはどこ? 2005/04/17

1本のレンズを長く使っていると、イロイロな状況でイロイロな描写を見せてくれる。

現在所有しているレンズで一番付き合いが長いのは 15-30mm F3.5-4.5 EX DG
ASPHERICAL だ。使い出したのは一昨年の 3月なので、もう 2年以上このレンズを
使っている。

大きさと重さがこのレンズの唯一の欠点だと思っているけど、常に期待した通りの
描写をしてくれるので、手放せない。フルサイズで使った時には周辺部の描写に
問題があるけど、SD9/10 では幸いその部分が使われない。

広角端でわずかな樽型があるが、見苦しいほどではなく、許容範囲と思っている。
色収差も非常に少なく、コッテリした中にも端正な画作りができる。

実はこのレンズ、周辺部の描写がイマイチ良くないことがある。使い始めは気が付か
なかったのだけど、ある時、背景が変な風にボケていることに気が付いて、アレっと
思った。約1年前の話だけど、初めて「はな」を連れてディズニーランドに行った時
にシンデレラ城をバックに記念写真を撮った。hana_126.jpg焦点距離 17mm で f:5.6
だから被写界深度は十分にあるはずなのに、縦位置で撮影した背景のシンデレラ城
の先端は見事にボケている。で、よ~~~く見るとやはりシンデレラ城全体がボケて
いる。

この現象はレンズが実際の距離よりもかなり手前にピントを合わせていて、背景が被
写界深度から外れてしまう場合に起きていることが解った。幸い距離環と実際の撮影
距離が合っているので、最近は AF で合焦した後も距離を確認して撮ることが多くな
り、バックが変な風にぼけるのを防いでいる。風景写真などではしっかりピントを合
わせられるので良いのだけど、娘を撮るときのようにとっさのピント合わせでは、完
全にカバーしきれない。深すぎる被写界深度が、正確なピント合わせを難しくしてい
るようだ。

|

« 24-70mm F2.8 EX DG MACRO の印象。 2005/04/08 | トップページ | 安くなった SD10 2005/04/19 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピントはどこ? 2005/04/17:

« 24-70mm F2.8 EX DG MACRO の印象。 2005/04/08 | トップページ | 安くなった SD10 2005/04/19 »