« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

ど~~~しても欲しい・・・か? 2005/06/30

「あったらいいな」と思うレンズはかなりあるけど、幸いなことに、ど~~~して
も欲しいレンズは無い。

30mm F1.4 EX DC HSM。「はな」の室内スナップ用にあっても良いかな?でも、
それ以外の使い道が思いつかない。15-30mm と 28-70mm F2.8 を持ってい
るので、30mm と言う焦点距離はモロかぶる事になる。イロイロなレンズをテス
トした結果残っている2本なので、描写力は優秀。30mm F1.4 は、おそらくそれ
以上の描写を見せてくれると思うけど、28-70mm F2.8 の広角側はかなり良い
ので、F5.6 同士で比較してから、結論を出そう。もちろん F1.4 ~ 2 の領域でも
テストはしますが、実際に写真を撮る際にはピントを外し易いので、私の場合、
おそらくそれなりに絞って撮ることが多いため、絞った時の描写力も非常に重視
します。

18-200mm F3.5-6.3 DC。ものすごく良い描写とは言えないけど、実用上は十分。
今朝、このレンズで撮影した画像を A4 サイズにプリントしてみたけど、少し甘い
かな?と言った程度で、画質的に全然不満はない。敢えて三脚を立ててしっかり
撮影するようなケースで使うようなレンズではないし、明らかにシャッターチャンス
が増えるので、親ばか写真にはもってこいである。「いっぱい撮れる」とシグマさ
んが宣伝しているけど、まさにその通り。カメラとのバランスも良く、ブレにくい。
より良い写真を撮るためには1本あっても良いかな?

10-20mm F4-5.6 DC HSM。超広角は苦手。でも、今までに「もっとワイド!!!」
と思った事は結構ある。でも、価格的にイマイチ。お金が入ったら欲しいかな?
早ければ7月中には出てきそうな雰囲気があるので、何とも悩ましい。

APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO。現在所有しているAPO MACRO SUPER
70-300mm F4-5.6 と写し比べてみて、良かったら、チョット欲しい。でも、その
ために金線入の 70-300mm を手放すのは嫌だ。Ken さんみたいにコレクター
になるのも良いかな?

APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM。実はこのレンズが一番欲しい。
ど~~~しても欲しいとは言えないけど、かなり欲しい。でも、何を撮ろうか
悩んでしまいそう。35mm フルサイズ換算で 255mm。やっぱり長い。MACRO
50mm と MACRO 105mm があれば、ほとんどのマクロ撮影はカバーできる。
何のために欲しいのかというと、望遠レンズのリファレンスとして、欲しい。
このレンズと比較すれば、描写力の差が判りやすい。(^^;

18-50mm F2.8 EX DC。とても良く写るので、かなり欲しい。でも 15-30mm
と 28-70mm を持っているので、無駄なような気もする。これも余裕があった
ら欲しいレンズで、何が何でも欲しいとは思わない。でも、由緒正しい SD
ユーザーなら、10-20mm と このレンズを持つのが正解だと思う。私のように
SA-7 も持っている場合に、ちょっとためらうかな?

まだ出ていない 100-300mm F4 EX DG HSM。望遠ズームの中では一番好き
なレンズ。 80-400mm F4.5-5.6 EX OS を持っていなかったら、絶対に買って
いるレンズ。OS になったら、間違いなくど~~~~しても欲しいレンズになる。

70-200mm F2.8 EX DG HSM。望遠ズームの中では2番目に好きなレンズ。
一番先に OS になってもおかしくないレンズなのに、なぜかまだ OS にならな
い。100-300mm F4 より先に OS になったら・・・。悩んでしまう。

20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF。広角3羽ガラスの中では一番欲しいレ
ンズ。ゆとりができたら、買おう。でも 20mm F1.4 DC HSM が出たらかなり欲
しいレンズになりそう。あの大きさはちょっとねぇ。

と勝手なことばかり書いてしまったけれど、本当にど~~~~しても欲しい
レンズがある。いつも書いているけど 40-120mm F2.8 EX DC OS HSM MACRO。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

18-200mm F3.5-6.3 DC 1本勝負。 2005/06/26

本日、ヨメさんの「『はな』が動物に興味を持ってきたので、上野の動物園へ連
れて行ってあげたい」との要請を受けて、ヨメさんの妹さんも呼んで、4人で、上
野の動物園に行ってきました。

せっかく借りてきた 18-200mm F3.5-6.3 DC があるので、この際どこまで撮れ
るか、意を決して1本勝負を試みました。この辺はアマチュアの強みです。(^^;

結果は予想を上回り、実際の写真レベルでは、十分に良い描写をしてくれるレン
ズであることが確認できました。

あと一息の広角と、あと一息の望遠が欲しいと思った事も確かですが、レンズ1
本でほとんどの撮影をこなせました。明るさも、もう少しあった方が良い場合もあ
りましたが、なんとか枚数を撮ることでカバーできました。

15-30mm と 28-70mm と 70-300mm を持ち運んで、状況に応じてレンズを交換
しながら撮影する事が苦痛になりそうで困りました。

確かに周辺部には甘さを感じますし、わずかですが色収差も認められます。
でも、子供のスナップでは、画質以上に速写性能が重要で、実際にいつもの撮影
より多くのベターショットがあった事も確かです。1日の撮影で17枚の「はな」をアッ
プしたのは初めてです。

18mm から始まる高倍率ズームレンズの良さを実感させられた一日でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

18-200mm F3.5-6.3 DC を試写しました。 2005/06/24

私は高倍率ズームレンズはズーム比が高くなればなるほど、全体的な描写
力は低下すると思っています。

28-200mm や 28-300mm のズームでは、広角側での描写はおおむね満足
の行くものでしたが、望遠端では倍率色収差が目立つのと、解像力の低下が
見られるので、高倍率ズームレンズとはそう言ったものと考えています。

もちろんレンズの大きさや重さ、価格などを考えれば贅沢は言えず、もしEX シ
リーズの品質で作ったら、かなり高価で、大きいものになってしまうでしょう。
「50-500mm を短くしたら・・・」と考えれば判りやすいです。

18-125mm DC は一般的な撮影においては十分なレンジを確保しており、描
写力も EX シリーズではないにもかかわらず、十分に納得の行くものであり、
実用的なレンズとしてはお薦めできます。

18-200mm DC は 10倍以上のズーム比を持つ、ある意味ではとんでもない
レンズです。カメラ雑誌などのテストレポートでは軒並み高い評価を得ていて、
本当にそれほどまで良いのか?と言う疑問が湧いて来ます。

悩んでいても結論は出ないので、SA マウントの 18-200mm DC を借りて試
写して見ました。

結果はほぼ予想通りで、一言で言えば「高倍率ズームとしてはかなり良い」
と言う評価になりました。F3.5-6.3 と言う明るさは確かにイマイチですが、これ
以上明るくなったら、大きさと重さ、あるいは価格の点でバランスの悪いレン
ズになりそうな気がします。

EX シリーズの最高の描写を求める方にはお薦めしませんが、写真の使用目
的が一般的なサイズ(2L)のプリントであるのなら、全く問題はありません。特
に 100mm 以下の短い焦点距離では、非常に良い描写をします。

テストの結果は[SD9/10作例画像]→[レンズテスト]で確認してください。

夕暮れから夜に掛けての撮影だったので、もう少し明るいときに再度試写す
るつもりです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

自分のレンズを知る その2 2005/06/19

ついでに、現在所有しているシグマ製レンズの無限遠指標をチェックして
みました。MACRO 50mm F2.8 の無限遠指標はわずかにずれていました。
0.5mm ほど近距離に戻したあたりが、本当の無限遠位置でした。MACRO
105mm F2.8 はほぼ正確でした。「ほぼ」と言うのはあまりにも微妙な差な
ので、「ほぼ」と表現しています。実は 0.2mm ほど戻したあたりがピント
ぴったりなのですが、開放でもピントが合っていないと断言できるほど狂っ
てはいない状態です。APO 70-300mm F4-5.6 も無限指標はぴたりと合っ
ていました。

おそらくわずかに狂っていた MACRO 50mm もシグマさんに調整してもら
えば直ると思いますので、そのうち直してもらうとします。

本日以降、無限遠のピントで迷うことはなくなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分のレンズを知る 2005/06/19

いつかはやろうと思っていて、ついつい延ばしに延ばしにしていたテストを
今夜、しっかりやってみた。皆様にお見せするほどのものではないし、ご自
身のレンズでやってもらわないと意味がないテストなので、結果を画像でお
見せすることはしない。

何をやったかと言うと、私が所有している 15-30mm F3.5-4.5 EX DG
ASPHERICAL と 28-70mm F2.8 EX DG について、2つのことを確かめた。

一つはレンズの無限位置指標がどれくらいずれているか。マニュアルフォー
カスをするときに、風景であれば、無限位置の指標と、実際のピント位置の
ズレがわかっていれば、かなり正確にピントを出すことができる。

無限位置指標の少し手前から初めて、ほんの少しずつピントリングを動かし
て、7枚の写真を撮り、実際の無限遠のピントがセンターからどれくらいず
れているのかを確認。幸い両レンズともほとんど正確に無限遠が来ていた。

2つ目のテストは絞り開放から始めて、いくつまで絞り込んだら、各収差が
目立たなくなるか。つまり次の絞りとほとんど差がない描写をする一番明る
い F値を、各焦点距離毎に調べてみた。

15-30mm では 15mm で F4.5、20mm で F5.0、30mm で F5.6 が、それ以上
絞り込んでも、描写が良くならない絞り値だった。28-70mm では 28mm で
F4.5、35mm でも F4.5、50mm では F5.0、70mm では F4.5 だった。被写体は
夜景、無限遠の点光源なので、判別はし易い。

もちろんカメラや撮影条件が異なれば、同じ結果にはならないかも知れない
し、レンズの個体差もあり得るので、あくまでも参考結果でしかなく、実際
の結果は各人が、ご自身のカメラとレンズで調べて頂く事が肝心である。

皆さんも一度はやってみることを強くお薦めします。時間はかかるけど、お
金はかかりませんし、以降の撮影に際して役に立つ情報であることは確か
です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高速書き込み DVD-R の恩恵 2005/06/16

特に急いでやったわけではないのだけど、今までに撮り貯めたすべての X3F
ファイルの DVD-R へのバックアップが完了した。過去に 40 枚ほどバック
アップするのには結構時間がかかったけど、今回バックアップした 30 枚は
一枚あたり 10分もかからないスピードでコピーできたので、それこそアッと
いうまに終わってしまった印象がある。今までは速度の点で、HDD 2台に保
存していたのだけど、これからはその必要を感じない。ようやく DVD-R が
本格的な実用の段階に入って来た。メディアも安くなってきたので、HDDより
安い価格でデータを保存できる。お薦めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

30mm F1.4 EX DC HSM 発売・・・? 2005/06/13

いよいよ、30mm F1.4 が発売される・・・。が、なぜかキヤノンマウントのみ
先行で、シグママウントは発売日未定?。

私は専門家ではないので確かなことは判らないけど、キヤノンマウントとシグマ
マウントはものすごく違うと言うことはないはずなのに、なぜかこのところシグ
ママウントのレンズは遅れて発売される。

特に DC レンズの場合、キヤノン 1Ds や 1D で使われることはないので、20D
や Kiss Digital N の描写力を基準にレンズの精度を出せば良いので、SA マウ
ントよりは作りやすいのかも知れない。しかし、これは本当に素人の憶測であっ
て、実際のところはわからない。

確かに「発売」となれば全国の販売店が売れるだけの数を揃えなければならない
し、SA マウントとキヤノンマウントの売れる数量には 10 倍以上の開きがある
だろうから、とりあえずキヤノンマウントからと言うのは致し方ないことかも
知れない。

ただ、このレンズに関してはキヤノンユーザーよりシグマユーザーやニコンユー
ザーのが購入意欲が高いと思うのだけど、どうなのだろう?

シグマユーザーにしてみれば「ないがしろにされている」ような感じがするので
何となくさみしい。

私の勘ぐりでは、シグママウント用のレンズは出荷基準を少し高くして、良品が
集まるのを待って出荷してくるのではないかという(身勝手な)推測をしている
が、公式にも、非公式にもそれに対するシグマさんからのコメントはない。

どんなに遅くても来月中にはシグママウントも発売になると思われるので、首を
長くして待つとしよう。

28-70mm F2.8 EX DG より高いレンズだし、単焦点なので、30mm F2.8 で
比較撮影したときに 28-70mm の描写を越えなければ意味がない。もちろん
28-70mm では F1.4 や F2.0 と言った絞りはないので、30mm F1.4 の唯一の
メリットである開放付近での描写力はしっかりチェックする必要がある。

ここで話はがらっと変わって、昨日、中山競馬場で「はな」を撮影している
時に、2度ばかり、レンズの境目で大いに迷った。15-30mm では広角過ぎ、
28-70mm では望遠過ぎ、つまり 18-50mm があれば良いのにと思ったケースが
一回、28-70mm では短くて、80-400mm では長すぎる、つまり 40-120mm
があれば良いのにと思ったケースが1回あった。たかが子供の写真なので
やっぱり 18-200mm を入手すべきか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりとめのないレンズの話 2005/06/11

レンズテストの画像をイロイロ見比べて、やはり単焦点レンズの描写は良い
ことを再確認。ズームは便利だけれど、徹底的に描写力にこだわるのであれ
ば、単焦点レンズに軍配が上がる。

Outliner さんのように単焦点レンズしか使わない猛者もいる。私の場合は
ケースバイケースで使い分けているけど、画角や撮影距離を変更するのに急
ぐ必要がない場合には単焦点レンズを使う。と言っても単焦点は 50mm と
105mm のマクロしか持っていないので、広角系はどうしてもズームになって
しまう。幸い 15-30mm は単焦点レンズと比べても遜色のない描写をするの
で、特に困ってはいない。でも、あまり明るいレンズではないので室内撮影
では被写体ブレが多くなり、しっかり撮影するときにはストロボを使って撮影
することになる。

どのカメラでも十分な光のない場所でキレイに写真を撮るのは難しい。フィル
ムは粒状性の悪化と引き替えに感度を上げることが可能だ。デジタルにつ
いても、ノイズの増大を我慢できるのであれば、ある程度の感度アップは可
能だ。おそらくあと数年のウチに低ノイズ高感度イメージセンサーが出てくる
と思うけど、もしかすると10年以上かかるかも知れない。我らが FOVEON
センサーに関してはだいぶ先の話だろうと思っている。

Ken さんが買った 18-50mm F2.8 EX DC は非常に良いレンズなので、私
も1本欲しいところ。ただ、15-30mm と 28-70mm があるので、レンジはモ
ロかぶる。18mm 付近では 15-30mm のがわずかに良い描写をし、24mm
あたりでは 18-50mmのが少し良い。35mm あたりでは 24-60mm よりわ
ずかに良い描写をし、50mm でもマクロと良い勝負をする。28-70mm も非
常に良いレンズなので、これ以上のレンズでない限りは敢えて置き換えた
いとは思わない。18-50mm F.8 EX DC と 28-70mm EX DG の直接比較は
行っていないけど、おそらくどのレンジにおいても良い勝負をするはずで、甲
乙付けがたい。しばらく悩むとしよう。(^^;

10-20mm も悩ましい。15-30mm を持っていなければ間違いなく欲しいレン
ズだけれど、10mm から 14mm という超広角な画角(35mm 相当で 17mm~
24mm)を必要とするケースがほとんど無い。仮に使ったとしても、私があまり
好きでない不自然に遠近感が強調された写真になり、人様にお見せしたい
写真は撮れないような気がする。テスト撮影してみて 15-30mm と同等の描
写をするようであれば所有したいレンズとなりそう。

もっと悩ましいのが 30mm F1.4 EX DC HSM である。悪いレンズであるはず
がない。でも、本当はチョイ長系のレンズが大好きな私でも、50mmマクロで
さえあまり出番がない現在、標準レンズの画角を持つ単焦点にあまり大きな
魅力は感じない。どのような描写をするのかは、ものすごく気になるので、是
非使って見たいレンズであることは確かだ。F:1.4 か・・・「はな」の写真を室
内で撮影するにはもってこいだなぁ。やっぱり1本買います。

一番欲しいレンズ APO 40-120mm F2.8 EX DC OS HSM MACRO。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

病み上がり 2005/06/08

まだ本調子ではないが、いつまでも家でうだうだしているわけにも行かないの
で、本日より、チョット無理して出勤。途中の電車の中でこれを書いている。

28-300mm の DG が発売される。18-200mm のフルサイズ版。価格と性能を
勘案すれば、十分に良いレンズだと思う。もちろん EX シリーズではないので、
描写力に関しては、イマイチの部分はあるが、SD ユーザーにとっては標準から
500mm相当の画角となり、50-500mm の廉価版だと思っても良い。

よく考えてみたら「EX シリーズではないので、描写力に関しては、イマイチ」
と言うのは、必ずしも正しくはない。EX シリーズでなくても十分に良い描写を
するレンズはある。でも、もし 28-300mm が非常に高い描写性能を持っている
としたら、EX シリーズになっていた(はず)だから、ある意味では正しい。(^^;

EX シリーズのレンズとそうでないレンズに対して、私は同じ評価基準で見てい
ない。EX シリーズはシグマさんが「良いレンズです」と宣言しているレンズだ
し、そうでないものは「イマイチですが安いです」と(宣言はしていないが)言っ
て売っているレンズだと思っている。

どこかに書いておいた様な気もするけど、「実用上十分」と言う評価は撮影さ
れた画像を 2L サイズ、あるいは「はがきサイズ」にプリントして、普通に鑑
賞したときに目立つ欠点がないレベルと(勝手に)決めている。

考えようによってはこれはかなり甘い基準で、開放値から2つ絞り込んで実用
上十分な描写をしないレンズはほとんど無い。開放で撮影した場合に周辺部
に甘さを感じるレンズは結構ある。これは EX シリーズであっても、開放ではイ
マイチの描写となるものがあるので、それが普通かな・・・。と思っている。

中には Nikkor 55mm F1.2 の様に開放でもかなりの描写をするレンズもあるの
で、開放=イマイチとは限らないが開放での描写に多くを求めるのは酷である
と考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2度あることは3度ある・・・。 2005/06/05

組み立てた後、2年近くさわっていなかった我が家のサーバーマシンで、少し
CPU パワーが必要な作業をやらせる必要ができたため、本日、大枚1万円をは
たいて、Sempron 2800+ を買ってきた。以前は Athlon XP 1700+ だったので、
ほんの少しだけの高性能化である。ついでにパイオニアの 09(DVD-R 2層 6倍速)
も買って合計2万円の出費。高性能 DVD-R ドライブが安くなっているのに驚いた。

ここまでは、何事もなく済んだのだけど、マザーボードから CPU を外すのに横
着をしたため、マザーボードを傷つけてしまった(らしい)。電源を入れても
ピーピー言うだけで、全く起動しなくなってしまった。仕方なく、この前のヨメ
さんのマシンと同様に同じチップセットを使ったマザーボードを探しに行った。

ASUS A7N8X の中古を探したけど見つからない。Sempron に対応させるには BIOS
をアップデートしなければいけないのが、ちょっと面倒だったので、ABIT の NF7
-S に変更。これもほぼ1万円。マザーボードと CPU と DVD-R で合計 3万円。

痛い出費である。DVD-R は現在の最高性能だけど、マザーボードと CPU は最低
性能に近い。まぁ CPU はいい加減で良いことは解っているのであまり気にしな
い。実際の作業で効いて来るのはメモリの量と HDD のスピードで、CPU の速度
差は、あまり重要ではない。でもレンダリングとかリッピングとかの作業では、
CPU の速度差は意外と効いてくる。

組立後、早速アップグレードしたマシンで作業をしてみる。予想以上に速い。
満足。これで X3F ファイルのバックアップも素早く取れるようになる。

とりあえずパイオニアの高速 DVD-R、お薦めです。8.5G バイトをあっという間
に書き込んでくれました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »