« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

作って欲しいレンズ 2005/09/30

たまには1日に2アーティクルも悪くはないでしょう。

30mm F1.4 EX DC はある意味でシグマらしい、とてもユニークなレンズで
明るいレンズがお好きな方には、よくぞ作ってくれた!と喜ばれるレンズだ
と思います。

私自身は、未だに購入していないのですが(近い将来少しお金が入るので
買っちゃうかも知れません)、ど~~~しても欲しいというほど欲しくはない
と言うのが正直なところなので、何が何でも手に入れたいレンズのリストに
は入っていません。

ど~~~しても欲しいレンズの筆頭は 40-120mm F2.8 EX DC OS ですが、
こんなレンズをシグマさんが作ってくれるかどうかは判りません。

で、私が一番素晴らしい描写をすると思っているレンズは何かと考えて見
たら、MACRO 50mm F2.8 EX DG と MACRO 105mm F2.8 EX DG である
ことに気が付きました。

で、もっとよく考えてみたら、広角三羽ガラスの 20mm F1.8、24mm F1.8、
28mm F1.8 くらいの焦点距離を持ったあまり明るくない高性能単焦点レン
ズがシグマさんのラインアップには存在しない事に、改めて気が付きました。

シグマさんは基本的にはサードパーティーレンズメーカーなので、各カメラ
メーカーが作っているあまりにも当たり前で、そこそこ安いレンズに食指が
動かないことは理解できるのですが、カメラメーカーに成ろうとしている現在、
私たち SD ユーザーのために、あまりにも当たり前で、そこそこ安いレンズ
を作って欲しいなぁと考えた次第です。

でも、今更 DG のラインナップを強化してもナンですから、DC で行きましょう。

12mm F4 EX DC、15mm F3.5 EX DC、20mm F3.5 EX DC なんて言うのは
どうでしょうか・・・。ただし、MACRO 50mm と比較して遜色のない描写をす
るレンズでなければいけません。(^^;

| | コメント (1) | トラックバック (0)

SIGMA SDxx 2005/09/30

もうすぐ 10 月。もしかしたら 10 月中に、SD10 後継機が発表になる
かも知れない。(希望的観測、根拠無し)

それとは全く関係ない「実現不可能かも知れない夢の SD xx」を考え
てみた。

センサー:FOVEON X3 35mmフルサイズ 600万ピクセル x 3
ブレ防止:シグマ独自のオプティカルスタビライザー内蔵
ホコリ対策:シグマ独自のダストクリーナー内蔵
連続撮影:5枚/秒。メモリいっぱいまで停止することなく撮影可能
AF ポイント:センターと黄金分割ポイントの5点(*)
ファインダー:高密度LCDによるEVF(フランジバックを短くするため)
マウント:マウントアダプター方式(EVFでないと不可能)
CF:FAT32対応(*)
液晶画面:画像拡大時にスムージング処理をしないこと
ムービー:VGA(640x480) 30fps が撮影可能
縦横判定:センサーにより縦横をファイルに記録(*)
JPEG記録:可能(*)
ボディサイズ:もう少しだけ小さく(*)
価格:198,000円(^^;

う~~~~n。楽しい。あと 10 年もしたら、実現するかも・・・。
なお、項目の後に(*)が付いているものに関しては SD10 後継機
で実現することも可能であると思われる機能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリントサイズ、どこまで行ける? 2005/09/29

2チャンネルの SIGMA SD9/10 関連の掲示板でプリントアウトのサイズに
ついての話題が上がった。「画素数が少ないので A3 は無理」みたいな書
き込みがあったので、つい「A3 どころか A0 でも大丈夫」などと書き込んで
しまった。

これには理由がある。8月の始めに会津であった国際ミニ OFF の際に、
Laurence が大量に持ってきた SIGMA SD9/10 で撮影されて、現在
pbase.com の SIGMA Users Gallery に展示されている画像のプリント
アウトを見たからだ。

最大の物は B0 だったと思うけど、とにかく、ため息が出るほど大きくて綺麗。
プリンタは EPSON PX9000 のはずだけど、たった 340万画素のデジタル画
像からプリントアウトしたとは思えない写真であった。

SIGMA Photo Pro でのシャープネスは -0.8 で PhotoShop でリサイズして、
シャープネスを掛けて出力しているはず。

私の自宅には SD10 で撮影して、B3 のサイズに銀塩出力された写真がある
が、これも十分鑑賞に堪える。

以前アサイさんが書いていた、A4 サイズで出力して 30cm くらいの距離で見
たときに美しければ、それ以上、どんなサイズに伸ばしても、問題は無いと言
う意見は正しい。理由は簡単で、サイズが大きくなれば、必然的に離れて見る
ようになるからだ。

もちろん画質のチェックをするときに大きく印刷して非常に近い距離で見ること
は正しいのだが、その際には大きな用紙を使わずに、画像の一部を拡大した
状態で印刷した方が、安上がりだし、速いと思う。

でも、印刷時の色の調子を見るためでなく、単純に画質の良し悪しを判断する
のであれば、敢えて印刷する必要はないと思っている。ディスプレイでじっくり
眺めれば、十分だと思う。でも、1枚の画像をじっくり見るより、2枚以上の画像
を並べて見くらべるのであれば、さほどじっくり見なくても、どれが良いかという
判断はどなたにでもできる。

良くディスプレイでは綺麗に見えるけど、印刷するとダメと言う話を聞く(読む)け
れど、それは印刷するための設定が不適切か、ディスプレイ上で画質をチェック
することに慣れていないかのどちらか、あるいは両方ではないかと思っている。

私もそのあたりの能力に関しては、自信はない。(^^;

| | コメント (1) | トラックバック (0)

柴又から矢切へ 2005/09/26

23 日にヨメさんからの依頼を受けて、柴又から矢切へお散歩に行った。

私は東京都江東区の出身で、通った高校が都立江戸川高校だったので、
写真を撮りに柴又の帝釈天には何度か行ったことがあった。

8 月 28 日の夜に短い時間だけど帝釈天の盆踊りに行って、ヨメさんが柴又
を気に入ってしまい、今回のお散歩となった。

帝釈天は余り変わっていなかったが、参道は昔とは大きく様変わりしていて、
懐かしさより目新しさのが先に立った。

フーテンの寅さんで有名になった柴又帝釈天であるが、「男はつらいよ」の第
一作が世に出たのが昭和 44 年なので、私が時々通ったのがそれより 2 年
ほど前の話になるので、柴又は、まださほど有名ではなかった。

行った日が休日だったせいもあり、かなり多くの人出ではあったが、ほぼ想
定内。矢切の渡しもほとんど待たずに乗れた。

柴又から矢切の渡しを渡り、千葉県松戸市矢切に着く。大半の方は近くを
散歩して、再び柴又に戻る。なぜなら矢切の渡しから近くのバス停あるいは
北総線の矢切駅まではかなりの距離があり、途中の「野菊の墓文学碑」な
どを見学しながらのんびり歩くと小一時間は掛かってしまうからだ。

特に急ぐ旅でもなかったし、車が通らない野菊の道では「はな」を散歩させ、
車が通る道ではバギーに乗せてのんびりお彼岸の中日を楽しんだ。

実はこの日、少しまじめに写真を撮ろうと思って、購入したばかりのマンフ
ロットの中型自由雲台(488RC4 ミディーボールヘッド)を着けた 055PRO
を担いで行った。結構重いので楽ではなかったが、やはり三脚にカメラを
乗せての撮影は安心感がある。

例によって写真のできはイマイチだけど、ブレのない画像にはそれなりの
美しさがあって、何となくホッとする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イロイロ多忙 2005/09/20

じっくり写真を撮る時間がない。「はな」も「農具祭」で 40 枚ほど
撮ったのだけど、ピンぼけ、ブレブレばかり量産してしまった。

中秋の名月も失敗。スローシャッターに横着は禁物である。(^^;

コンピュータとも、写真とも全然関係ない頼まれ仕事で昨日は
丸一日つぶれた。宇都宮の餃子はやっぱりうまかった。

元興寺さんにも会えなかったし、美原光花さんのお誕生日パー
ティにも参加できなかった。

今週末まで、写真の追加はできそうにない。スミマセン。

本日も多忙です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨドバシAkiba 開店 2005/09/16

本日、ヨドバシカメラのマルチメディアAkiba が開店した。新宿駅西口の
裏手に間口2間程度の小さなお店を構えて印画紙などの安売りをして
いた時代(約40年前)を知っている私にとっては、感慨深い物がある。

仕事の都合で良く行く秋葉原に大きなカメラ店ができたことはありがた
い。錦糸町も決して小さくはないけど、パソコンのパーツと写真用のア
クセサリーが秋葉原へ行くだけで手に入るようになったことは、私の様
なデジタル人間にとっては大変ありがたい。考えて見れば、デジタル
写真が主流になりつつある現在、秋葉原にヨドバシの大店舗ができる
のは自然の流れだったのかも知れない。

とてつもなくデカイ店で、梅田店より大きい。3階のカメラ売り場にはシ
グマのカメラやレンズはもちろん 52mm~82mm 迄のレンズキャップと
SA/PK 用のリアキャップ(1個だけ)も在庫していた。

しかし、ボディキャップはなかった。(^^;

実は、なくすことを考えて、予備にボディキャップを取り寄せで購入し
たことがあり、品名が「テレコンバーター用フロントキャップ」となって
いて、苦笑したことを覚えている。

私のようにボディからレンズを取り外した状態でカメラバッグに収納す
る人は少ないのかも知れないが、ボディキャップやレンズキャップは行
方不明になりやすいので、常に予備をワンセット持ち歩いている。

その他皆さんが良くなくす「アイピースカップ」や「レリーズソケットカ
バー」等は部品扱いになっているようで、シグマさんに直接注文しな
いと入手は難しい。儲からないことなので、こういったアクセサリーの
直販をメーカーが行うことには何のメリットも無いけど、可能であるな
らばやって欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気が付けば・・・。

EX シリーズの望遠系に始まった DG 化の波は、アッと言う間に普及型
のレンズにも及んだ。この調子だと年内には全てのレンズが DG 化され
てしまいそうだ。

APO 70-300mm の比較テストで判ったように DG 化には明らかな効果
があり、反対する理由は全くない。わずかに価格は上がるけど、性能向
上分と考えれば、納得が行く。

特に半逆光や逆光、夜景などの撮影においては明らかにフレアが減少
することであるが、通常の撮影においても、描写力の向上が見られる。
([SD9/10 作例画像]→[レンズテスト]→[No.796~798])

全てのレンズをマルチコートするためには今まで以上の時間が掛かるは
ずで、コーティングマシンの増設と冷却工程の効率化によって達成され
たと思われるこの成果に拍手を送りたい。

本来なら DG 化される前のレンズと DG 化された後のレンズの比較テス
トをもっと行うべきなのだが、レンズの構成などが変わっていない場合は、
シグマさんの宣伝文句の通りフレア、ゴーストが減少して、描写力が向
上と言う結果が目に見えているので、あまり積極的になれない。

とりあえず旧タイプを所有している 80-400mm F4.5-5.6 EX OS でも比較
撮影のテストを行うことを予定しているけど、今月中は無理かも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超多忙状態 2005/09/09

私の行っている会社で、5年間使用したお手製サーバーが1台と、某
メーカー製サーバー1台が立て続けにトラブル、超多忙状態に突入。

おまけに、某部長が使っていたノートパソコンの HDD が飛んだ・・・。

フォビオン掲示板に書き込むくらいの時間は取れますが、まとまった
何かをすることはかなり難しい状況。なんとか1週間で片づけたいと
思っていたのですが、週末もお仕事かな。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「はな」満3歳 2005/09/02

昨日、娘の「はな」が満3歳になりました。

多少問題のある娘ではありますが、健康に育っております。

正直言って、このサイトは、使っているカメラがチョット一般の方には
手に負えない部分を持っているにも関わらず、非常に良い写真を出
力してくれるカメラだったために、このカメラを使っている方々に、ど
のあたりがダメで、それを回避する方法や修正する方法を紹介する
サイトにすることが、開設時の目的でした。

が、時が経つに連れて、娘の写真が増え続け、現在では、娘の成
長記録のようなサイトになっています。(^^;

SIGMA SD9/10 で小さい子供を撮影するのは決して楽ではありま
せんが、ある程度の慣れとデジタルの良さを生かした「いっぱい撮
る」方法を使えば、それなりの写真は撮れると思います。

実際に「作品」と呼べるレベルの写真はこのサイト全体でも数枚しか
ないの事を、本当に申し訳なく思っておりますが、ビジターの方々に
「作例」として見て頂くことを目的としておりますので、お許しください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »