« 再び、次機種について 2005/11/10 | トップページ | とりとめのない、デジタル画像についての雑考 2005/11/23 »

良い写真って? 2005/11/17

撮影者がシャッターを押したときに感じた何か、あるいは伝えたい何かを、その写真を
見た人が感じてくれるのなら、それは良い写真だと思っています。

写真が芸術かどうかは私が若い頃さんざん議論して、私の中では「どうでも良い」と片
づけてしまった事なので、ここで蒸し返すつもりはありません。が、写真の持つパワー、
特に良い写真の持つパワーは非常に強いものがあります。絵画や彫刻などのような
人の手による造形が持つ長時間の鑑賞に耐える奥深さ(受け手の想像力を刺激し続
ける力)を持っていない代わりに、見た瞬間に伝える事のできる情動や情報の強さ(イ
ンパクト)はおそらく最強でしょう。ビデオや映画も同じようなパワーを持っているとは思
いますが、写真の持つ瞬間芸は、動画にはない独特の強さを持っていると感じます。

写真としての良さを考え始めると、画質とか解像力とかに気を遣うことが本当に意味
のあることなのかどうか、疑問に思うこともあります。レンズ付きのフィルムで撮影した
写真であっても、良い写真はあるし、チョットピンぼけでも、良い写真は存在します。

でも、私自身は「チョットピンぼけだけど、良いと思える写真」を撮る自信は、全くありま
せん。(^^;

と言うより、やっぱりピンぼけな写真を堂々と「作品です」と他の人の眼に曝すことには
とてつもない勇気が要ります。これは、私が下手なカメラマンであることを自覚している
ためで、せめてピントくらいはぴったり合っていないと恥ずかしいと思っているからです。
もし、チョットピンぼけでも本当に良い写真が撮れたときには皆様にお見せするかも知
れませんが、本当のところ、想像できません。

だから、私は他の方にお見せする以上、せめて写真として恥ずかしくない最低レベル
の(私なりの)基準を満たしているもの以外はお見せしたくありません。で、その最低
レベルと言うのは、写真の良さ、あるいは悪さではなく、技術的な面での最低レベル
と、写真としての画質の最低レベルと考えています。

撮影に関わる技術的な部分は私の能力に依存しますが、画質的なものに関しては
デジタルの場合、イメージセンサーの持つ基本的な性能と、レンズの描写力に依存
します。レンズに求める能力は、イメージセンサーの1ピクセルに対する解像度を持っ
ていることで、カメラに求めるものは、写したいものが写したいように写ってくれる事で
す。数あるデジタルカメラの中で、私が望む最低限の画質を提供してくれる唯一のカ
メラが SIGMA SD9/SD10 ですので、他のカメラには触手が動きません。つまり、他の
カメラで撮影した画像は写したいものが写したいように写ってくれているようには見え
ないのです。

SD10 は私のような下手なカメラマンが撮っても、その画質だけで他の方にお見せでき
るカメラです。(^^;

|

« 再び、次機種について 2005/11/10 | トップページ | とりとめのない、デジタル画像についての雑考 2005/11/23 »

コメント

いわゆる「プリミティブ・アート」という分野もあるとは言え、
同じ写真をものするなら、(いや、写真に限らず、でしょうか?)
確かな技術や技法による支えがあった方が、まったく無いよりはマシって気がしますです (^o^)

ピンぼけ写真しか撮れないうえに、これが写真のすべてだと満足するのと、
ここぞという場面を切り取る瞬間のなかで、
これはピンを外したりぶらした方が表現上良いと決断して実行してしまえる技術を持つのとでは、
まったく違うわけでして…結果的に「最終出力」から鑑賞者へ与える表現の意味を
撮影者が理解やイメージできているかにかかってくるわけですかしらん。
とりとめもなく失礼します… (^^;

投稿: けーざい | 2005.11.19 02:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82315/7161844

この記事へのトラックバック一覧です: 良い写真って? 2005/11/17:

« 再び、次機種について 2005/11/10 | トップページ | とりとめのない、デジタル画像についての雑考 2005/11/23 »