« Photoshop CS2 2005/11/26 | トップページ | 徒然なるままに、レンズについて。 2005/12/09 »

後継機を買うか? 2005/12/05

どのようなカメラが出てくるのか、皆目見当が付かない。SD10 の発表が唐突だった
様に、New SD の発表も唐突にあるのだろう。明日かも知れないし、来月かも知れな
い、もしかすると再来月になっても、発表はないかも知れない。

悩んでいても仕方がないので、悩まないことにした。でも、いつ発表があっても良い様
に、あらかじめ自分自身の中で購入する為のルールを作っておけば、あまり迷わずに
購入の可否を決めることができそうだ・・・。

間違いなく購入する条件を書いてみる。

1.連続撮影可能枚数が10枚以上。
   6枚しか撮影できないことで悔しい思いをしたこと数知れず・・・。(^^;

2.オートフォーカスポイントが5カ所以上で精度向上。
   撮影した画像でピントぴったりが少なすぎる。他のカメラでも同じようなものと
   言う話は聞いたことはあるけど、他のカメラは持っていないのでわからない。
   もちろん、デジタルになって、撮影した画像を非常に大きなサイズで見ることが
   可能になってしまった事が、より高いピント精度が要求とされる原因であること
   は解っているけど、8x10 でピンぼけが判るのは勘弁して欲しい。

機能、性能、操作性が今のままでも、上の条件のどちらかが満たされれば私は NewSD
を購入すると思う。逆に言えば、私にとって現在の SD10 で一番改良して欲しい点が
上の2つだと言うことだ。

変わっていて欲しい点は多々あるけど、現在の SD10 で、どうしてもカバーできない
部分はそれほど多くはない。ただ、ちゃんとした画像を作ろうとすると手間が掛かる
部分に関しては、やはり良くなって欲しい。つまり、ノイズの減少、高彩度な色の再
現性、微小光点がマゼンタになるなどの点である。レタッチソフトを使えば確かにな
んとかなるし、レタッチしても SD10 が出力した画像は破綻しにくいので、何が何で
も直せというレベルではないものの、レタッチが不要であることは重要だと思う。

画素数に関してはこのままでも良い。私自身が必要とする写真にこれ以上の画素数
は不要だ。もちろん、プロのカメラマンであったら、アホなクライアントを数字で納得さ
せるためにはもっと多い方が良いと思うだろう。2倍出力のアルゴリズムを徹底的
に見直し、改良し、拡大する画像の種類や目的に応じて選択可能な数種類を用意して
くれれば、それで解決してしまうと思っているのは私だけではないはずだ。Photoshop
CS2 で「バイキュービック法(シャープ)」を試してみたけど、望むほどには良くはない。
拡大倍率2倍のみで、最高度に最適化された拡大アルゴリズムが SPP に実装さ
れれば、誰も画素数に関して文句は言わなくなると思う。

もちろん、画素数が多くなることに異論はない。センサーのピッチが現在のままで画
素数が増えて、処理速度が遅くならないのであれば、大賛成である。私がセンサーピッ
チに異常にこだわるのは、いつも書いていることだけど回折の問題があるからだ。どの
ような手段を持ってしても、レンズに絞りがある限り、この回折から逃れることはできな
いと思う。ベイヤー型のセンサーであれば、元々ローパスフィルターによって、2ピクセ
ル分くらい画像はボカされるので、あまり問題にならないけど、FOVEON の様に1ピク
セルをしっかり描写するセンサーの場合には、9 ミクロンが限界で、これ以上にセン
サーピッチが狭くなると f:16 以上に絞った場合にはどこにもピントがない写真しか撮
れない。プロ用のカメラではないことをウリにするのなら別だけど近接撮影において、
f:16 以上の小さな絞りが使えないカメラはチョット問題である。

Mamiya ZD でも画素ピッチは 8 ミクロンしかないので、ローパス無しで使った場合に
は f:16 だと、やはりピントが無い写真になるような気がする。ただ、1ピクセルのボケ
だから、現像時にチョットシャープネスを掛けてしまえば、判らないと言われれば、
それまでで、反論はできない。

確かに実際にレンズが作る画像がセンサーに投影されて、それをデジタル化する段階
で、FOVEON であっても、読み出しノイズ低減やシャープネスの処理などが加わるので
回折を必要以上に気にするのも問題かも知れない・・・。チョット反省。

|

« Photoshop CS2 2005/11/26 | トップページ | 徒然なるままに、レンズについて。 2005/12/09 »

コメント

電源を「単三アルカリ6本でも500カットの撮影は保証」
ってのを加えてください。
最近、お忙しいのでしょうか?日記以外でお姿を拝見しません。

ご自愛下さいませ。

投稿: ken | 2005.12.06 10:07

電源を「単三アルカリ6本でも500カットの撮影は保証」
ってのを加えてください。
最近、お忙しいのでしょうか?日記以外でお姿を拝見しません。

ご自愛下さいませ。

投稿: ken | 2005.12.06 10:07

> 2倍出力のアルゴリズムを徹底的
に見直し、改良し、拡大する画像の種類や目的に応じて選択可能な数種類を用意して
> くれれば、それで解決してしまうと思っているのは私だけではないはずだ。…
> 拡大倍率2倍のみで、最高度に最適化された拡大アルゴリズムが SPP に実装さ
> れれば、誰も画素数に関して文句は言わなくなると思う。

まったく同感です。
以前、「ベイヤー式でもドット補間アルゴリズムが進化すればフォビオンを超える」という意見を見かけましたけれど、
実のところ、まったく同じ理屈でフォビオンも拡大補間画像を生成できれば、最低限ベイヤー並みの結果が出せることになるわけです (^^;

いや、むしろ何もないところから画像を予測するより格段に有利なはずですから、
ここは期待のしどころです (^o^)

投稿: けーざい | 2005.12.06 01:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後継機を買うか? 2005/12/05:

« Photoshop CS2 2005/11/26 | トップページ | 徒然なるままに、レンズについて。 2005/12/09 »