« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

桜、桜 2006/03/30

今年の桜は例年に比べてやや早咲き。関東地方では今週末がほぼ満開となりそう。

去年は真間川沿い、浜離宮、明月院で桜を撮っている。今年はあまり時間が無く、比
較的近くの桜だけになりそう。2日の日曜日は家で「はな」と留守番の予定なので、
撮影は土曜日だけ。市川市真間山弘法寺のしだれ桜と里見公園に繰り出す予定。

桜の撮影は難しい。と書いて気が付いた、易しい撮影ってあるのか?あります。例え
ばヤフーオークションに出品する為の写真なんかは自分自身が納得すれば良いし、
品物がある程度ハッキリ写っていれば良いだけなので、三脚を立てて真面目に撮れ
ば、誰にでも撮れる。あまり大きなものはないので、ライティングもかなり自由になる
ので、かなり易しい部類の写真である。

でも、よく考えるとそれ以外の撮影は、何にしても、難しい。オークション用の写真は
写真の良し悪しよりも品物がちゃんと写っているかどうかが大切で、良い写真である
必要はない。ところが、写真の中でその写真を撮影したときに自分が感じた感情や
情動、メッセージなどを表現しようとする場合は、それらの他の人に伝えたいものが
伝わりやすい形で表現されていなければならない。

見事に咲いた桜の木を見て、「うわぁ、綺麗!」と感動することがある。撮影者は、そ
の「綺麗!」を写真の鑑賞者に伝えなければならない。実際の色や大きさ、風にそよ
ぐ様子などを差し引いた上で「綺麗!」を表現するのは容易ではない。

自分自身の思い出の記録であるなら、どんな撮り方をしても良いし、仮に少しピンぼ
けだったり、ブレたりしていても、そこにいて、綺麗な桜を見たという事実があるので、
その写真を見る度に、その感動を思い出すことができる。

しかし、写真だけを見せられた人にとっては、実物を見て感動した記憶はないので、
よほど良い写真でなければ、「あぁ、桜ですね」で終わってしまう。これは桜に限った
事ではなく、全ての「他人に自分の感動や感情、メッセージを伝えたいための写真」
に言える。説明や記録のための写真と芸術的要素を含む写真はある意味で全く異
質なものである。

常日頃、説明的で記録的な写真を越えた、情動までも伝えることができる写真を撮り
たいと思ってはいるが、限られた時間と費用、適切に訓練されていない自分自身の
表現能力では、なかなか思うようには行かない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PIE 2006 終了 2006/03/27

PIE 2006 が終わった。今年の PIE は今ひとつ盛り上がりに欠ける印象を受けた。
シグマに限らず他のカメラメーカーにしても、何となくお客の入りが悪かったので
はないかと思う。

昔と違って新製品のニュースなどがインターネットを通じて迅速に入手できるよう
になったことや、特に大きな話題を呼ぶような新製品がなかったのが原因だろう。

ことシグマに限れば、年内にはかなりの数の新製品を予定しているとの話がある
のだけど、残念ながら PIE に間に合うようなモノは 70-200mm F2.8 EX DG MACRO
だけだったようだ。

70-200mm を持参した SD10 に着けて、覗かせてもらったけど、非常にスッキリ
した描写をするということと MACRO の名に恥じない、かなり接写の効くレンズだ
という事が強い印象として残った。OS で出たら、間違いなく購入したいレンズの
最右翼になるのだが、軽いことに重点を置いたと言うことで、OS は見送られてし
まったようだ。私の OS も時々、何でもない被写体でブルブル震えたり、反応が
鈍かったりすることがあるので、OS 自体、完成度がイマイチなのかも知れない。

新型 SD にしても、PIE で発表しなかったのだから、秋のフォトキナをめどに、のん
びり開発してくれても良いかなと(なかばあきらめの気持ち)思っている。


レンズテストの「焦点距離別」はご要望があったので、このまま残すことにした。
特に面倒という訳ではないので、ちゃんと更新もして、このまま続けます。

来週の土日は「桜三昧」になる予定。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ますます、多忙 2006/03/22

明日から PIE だと言うのに、多忙状態に突入、土曜日はかろうじて終日
空けることができたけど、日曜日は家で仕事をしなければならなくなりそう。

年度末と言うこともチョット関係あるけど、イロイロなことが重なって、イヤに
なるほど忙しい。まぁ、4月の中旬にはほとんど片づくと思うのでしばらく多
忙を楽しむこととしよう。

それにしても、17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO の SA マウントはまだ出て
こない。明日あたり発表になるのかしら。とんでもなく良いレンズだったら、
18-50mm と 28-70mm が要らなくなってしまうけど、価格や、他のカメラで
撮影した作例を見る限りは、18-50mm F2.8 EX DC や 28-70mm F2.8 EX
DG の描写を越えることは無さそうだ。もちろん最大撮影倍率 1:2.3 は魅力だ
けど、MACRO 105mm F2.8 EX DG を既に所有しているために、何が何でも
欲しいと言えるほどの魅力ではない。


レンズテストを始めた頃は数が少なかったので、焦点距離別に並べたのだ
けど、超望遠系とフィッシュアイを除いた、ほとんどのレンズを網羅した現在で
は、単純にレンズ別で並べて置く方が見易い。新しいテストを行った場合でも、
現在のような表示をしておけば、見る方が不便を感じることはないだろう。と言
うわけで、近いうちにレンズテストの「焦点距離別」はクローズしてしまおうと
考えている。特に問題はないと思うのだけど、残しておいた方が良いという意
見があれば、コメントして欲しい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

忙中閑有り 2006/03/17

実は、このところ非常に忙しい。朝から晩までびっしり働いている。でも、
昔はさらに夜中まで働いていたので、それに比べれば楽をしている。

こんな歳で現役の SE 兼プログラマ兼システムインテグレーター兼社内
パソコンメンテナンス兼ウェブサイトメンテナンス兼 VPN 管理者兼メール
サーバー管理者兼データメンテナンスをやっているのだから、忙しいのは
当然なのだけど、某中小企業の販売、営業管理システムを約1年がかり
でのんびり作らせてもらって、そのシステムが稼働しだしたとたんにイロ
イロと変更を依頼されるので、結構忙しい。

おかげで新機種が出ても、金策に走らなくて済みそうなのはありがたいけ
ど、今まで週に4日ほどしか働かなかったのに、最近はしっかり週6日くら
い働いている。

それでも土日にはなるべく写真を撮るようにしたいので、なるべく土日に
は仕事を入れないようにしている。ただ、メールで仕事のやりとりをしてい
るお客がいて、私が土日に働けることを知っているために、金曜日に仕事
を依頼してきて、月曜日までにお願いします・・・。(^^;

まぁ、好きな仕事なので、喜んで働くけど、たまにはのんびり過ごしたい。

いずれにしても若い頃、がむしゃらに働かなければならなかった頃と比べ
れば、毎日家に帰ってこれるだけでもありがたいと思わなければいけない
のだろう。

今週中にどうしても済まさなければならない仕事は無事終了した。20日
も突発事故がなければ、お休みとなる。土曜日はとりあえず予定はない。
19日は半日仕事が入っているけど、午後からはヒマ。「はな」を連れて、
またどこかに行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真下手の嘆き 2006/03/15

レンズの写り具合をテストして、その結果が良いものを手元に残す。多少気
に入ったレンズであっても、金銭的な余裕がないので、泣く泣く売却する事
になる。

当然、手元に残ったレンズは使い易い、良く写るレンズばかりとなる。

ちゃんと撮影すればちゃんと写ることがわかっているカメラとレンズを使っ
て、ちゃんと写っていない写真しか撮れなかったら、私がそのカメラとレン
ズをちゃんと使っていないことになる。(^^;

おまけに FOVEON だ。最近はシグマさんがこのセンサーを使ったカメラを出
したことに、改めて敬意を表している。ご承知のように SD9/SD10 はレンズ
の良し悪しを如実にさらけ出す。しかも SA マウントだから自社のレンズし
か使えない。嘘か誠か社内では「レンズ測定器」と呼ばれているほどのカメ
ラを、交換レンズの製造を生業としているメーカーが出すのにはかなりの勇
気と自信が必要だったに違いない。

ユーザーにとってもピンぼけや手ブレがバレバレになるカメラを使うことで、
自身のスキルを磨くことができる。もちろんカメラやレンズの使い勝手、性
能、機能が良ければ、ピンぼけや手ブレは発生しにくくなるのだけど、不幸
なことに AF の精度は望まれるほど高くはない。手ブレ補正レンズも、たっ
た1本しか出ていない。幸いデジタルなので、良い写真が撮れるまで、イヤ
と言うほど撮影することができるけど、「当たり!」の確率はもう少し上がっ
て欲しい。

私のように動き回るものを撮るのは確かに楽ではないし、6枚しかないバッ
ファに泣かされたことは多いけど、以前よりシャッターチャンスを大切にす
ることで、少しだけ良くなったような気がする。

が、いつまでたっても、私はへたくそだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり気になるサプライズ 2006/03/09

新 SD の「サプライズ」がすごく気になる。

1.ダストクリーニングシステム あり得る。
2.高感度でノイズなし あり得る。
3.アンチシェイク 絶対に無いとは言えない。
4.EVF 希望的観測。
5.価格 希望的観測。
6.フルサイズ 多分無い。

サプライズとは言えない機能拡張は・・・。

JPEG 搭載、450万 x 3 以上の画素数、FAT32 対応、USB2.0 対応、専用リ
チウムイオン充電池、AF ポイント 5 点以上、秒 2.5 コマ以上、バッファフル
10 枚以上、バッファフルからの復帰 30 秒以内、ファインダースクリーン交換
可能、縦位置シャッターボタン、2 秒セルフタイマーでミラーアップ、電池を抜
いても直前の設定を記憶している。

もちろんこれらの機能拡張が行われる保証はない。が、これらの改良は当然
行われるであろうと誰もが希望、あるいは推測している事で、サプライズとは
呼びたくない。

で、一つずつ検討してみる。「フルサイズ FOVEON センサー」はあり得るけど、
昨今のシグマさんからのレンズのリリースを見る限り、しばらくはないと思う。
新型を複数出すのであれば、あり得るけどそれはまだ大分先の話だと思う。

「価格」がサプライズになる事は最も嬉しいことで、ボディのみ実売価格
88,000円だったら、夢のような話だ。多分、あり得ない。15 万から 20 万円
の間くらいと見ている。

EVF はシャッターをどうするかで実現の可否が決まって来る。が、FOVEON
センサーは CMOS なので、電子的にキャプチャー時間をコントロールする事
ができないのではないかと思う。ただ、CMOS での電子シャッターは東芝が
成功したとかと言った話も聞いた。機械式シャッターだとタイムラグの問題が
発生してくるので、これも難しい。やっぱり EVF は無さそう。

「アンチシェイク」はコニカミノルタが特許の使用を許可してくれれば、可能。
もちろん、コニカミノルタ以外の方法でも不可能ではないけど、かなり難しそう。

「高感度」はこの2年の間に FOVEON 社がとんでもない改良を行ったので
あれば不可能な話ではない。ISO 1600 でノイズがなければ、素晴らしい。

「ダストクリーニングシステム」実はこれがサプライズなのではないかと疑っ
ている。最近のオリンパスとの接近を考えるとあり得ない話ではない。

で、夕べ夢を見た。社長から見せられた SDxx は SA-7N と見まごうばかりの
大きさであった、もしかすると、超小型かも知れない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レンズテストのレンズ別 2006/03/06

これ以上さぼっていると、収拾がつかなくなると言う危機感があって、
今のうちにレンズテストのレンズ別分類表示のページを作っておくこと
にした。

まだ 100% 完成ではないのだけど、今月中には現在のレンズテストの
ぺージに掲載されている全ての画像をどこかに割り付けられると思う。

あとは「その他のレンズ」が追加される予定。

ほとんどの画像が2~3種類のレンズで撮影されているので、同じ画像
が2~3回リンクされることになるけど、無駄ではないだろう。

チャンスがあれば望遠系ズームの DG 化されたものも追々、加えて行き
たい。

とりあえず 17-70mm は手配済みだけど、新 70-200mm はいつ出るか
もわからないので、未定。私もチョット欲しい。(^^;

| | コメント (1) | トラックバック (0)

サプライズ? 2006/03/05

山木社長のインタビューで2つ気になる事がある。

一つは「サプライズ」。OS レンズの開発も続けていると発言しているので、
アンチシェイクはないと思われる。ダストクリーニングをオリンパスから買っ
たか?あり得るけど、サプライズとなるか?

サプライズと言うからにはレンズ交換式一眼レフが今まで持っていなかっ
た機能を持っていると考えることもできる。しかも昔、彼が言っていた
FOVEON らしい機能と言うのが引っかかっている。EVF で AF ポイント
フリーかも知れない。私は EVF 大賛成なので、ついそんな風に考えて
しまう。

EVF だとボディマウント交換可能になるけど、耐久性や互換性を考える
と、それはないだろう。

フルサイズ FOVEON センサーは価格を考えると、まだ出てこないと思う。
ただ、新 FOVEON センサーと言っているので、センサーが新しくなること
だけは確かなようだ。

マウントも SA マウントと明言しているので、これもサプライズではない。

全く、わからない。もう一つ気になる点。複数機種。

複数機種は EVF とノーマルファインダーのような気がする。あるいは
JPEG 搭載と非搭載か・・・。フラッシュの内蔵もあり、なしが考えられる。

低速機と高速機かも知れない。う~~~n。悩ましい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カメラが新しくなると・・・ 2006/03/03

今年の桜は New SD で撮れないかも知れない。この時期に発表になって
いないのだから、おそらく、無理だろう。チョット残念。

で、カメラが良くなったら、撮れる写真も良くなるのか?

バッファが増えたり、連写速度が速くなったり、AF の精度が上がったり、
画素数が増えたりしても、何かあまり変わらないような気もする。(^^;

新しいカメラで写真を撮影することは楽しいことなので、間違いなく撮っ
ている時の楽しさは大きくなる。けど、それが即、良い写真につながるの
かと考えると、はなはだ疑問である。

基本的に写真の良し悪しと、カメラの性能は大きく関係している訳では
ない。もちろん良いカメラで撮ることによって、良い写真ができる可能性
は、多少は高くはなるだろうけど、それが非常に大きな要素ではない。
どんなカメラで撮られたものであっても、良い写真は良い写真である。

良いカメラを使うことのメリットは大きいので、私も可能な限り良いカメラ
を欲しいと思う。New SD が私の写真の質をわずかに高めてくれるとは
思うけど、良い写真が撮れるかどうかは私の腕に掛かっている・・・。(^^;


maro のウェブサイトがようやく 25 万アクセスに届いた。ウェブサイトが
継続して閲覧されるために必要な事はたった2つ。ビジターが見たい、
あるいは知りたい画像や情報があるかどうか。頻繁に更新されているか
どうか。この2つさえ守っていれば、多少デザインが貧弱でも、見栄えが
悪くても、皆さんに訪れてもらえる。

見やすいことも必要なので、なるべくわかりやすいページ構成を考えて
現在のようなウェブサイトになった。これから先もあまり大きく変えるつも
りはない。作例画像とこの雑記帳は可能な限り追加して、FAQ非公式版
も更新し続ける予定。

これからもどうぞよろしく。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »