« 死ぬほど多忙でした。(^^; 2006/05/01 | トップページ | 自転車 2006/05/08 »

久々のレンズテスト 2006/05/07

Tsubu さんから 20-40mm と 18-50mm F3.5-5.6 DC をお借りして、テスト撮影。

どちらのレンズも以前の印象と大きく変わることはなかったので、ほぼ予想通り
の結果となった。ついでに Outliner さんから 30mm F1.4 と 18-50mm F2.8を
お借りして、2日間連続のテストとなった。

20-40mm F2.8 EX DG ASPHERICAL は EX シリーズの名に恥じないピントの良
さは持っているけど、わずかな倍率色収差が認められる。20mm から 40mm まで
どのレンジでも必要にして十分な解像感を持つ良いレンズである。が、現在では
18-50mm F2.8 DC や 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO があるために、敢えてフ
ルサイズ用のレンズが必要である場合以外は、大きさと重さで敬遠されそう。

いわゆるキットレンズの片割れ 18-50mm F3.5-5.6 DC は描写力だけで判断す
るのであれば、決して良いレンズとは言えない(倍率色収差が多い)けど、大きさ
と軽さ、そして何よりも価格が安いことが魅力である。描写も大騒ぎするほど悪い
わけではないので、所有し続ける意味はあると思う。

30mm F1.4 EX DC HSM を 28-70mm 以外のレンズと比較して見たけど、こと描
写力に関する限り、以前の印象と大きく変わらない。中心部は非常に良く、周辺
部は、倍率色収差とコマ収差が認められる。単焦点レンズなので、性能を調べる
側としても、かなり厳しい目で見てしまうことも確かで、必要にして十分な描写力
を持っているにも関わらず、つい、きつい表現になってしまう。特に私の場合は大
口径レンズに対して偏見を持っているので、あまり参考にしない方が良い。(^^;

始めに書いた通り、18-50mm F2.8 EX DC は、Outliner さんに買って頂いた。
非常に良いレンズではあるけど、17-70mm とはモロ焦点距離がかぶるので、泣
く泣くお嫁に出した。ここで、ご注意。17-70mm F2.8-4.5 DC と 18-50mm F2.8
EX DC を比較した場合は、18-50mm F2.8 のが倍率色収差が少なく、周辺部の
描写も明らかに良いことが判っている。にもかかわらず 17-70mm を常用レンズに
選んだのはそのレンジの広さと逆光性能の良さに惹かれたためである。よりシャー
プな画像を望むのであれば、18-50mm F2.8 は手放すべきではない。

マクロ 50mm の出番がますます少なくなって来た。が、このレンズを手放したら
必ず後悔することがわかっているので、とりあえず手放す予定はない。

来月か再来月あたりに発売になるであろう APO 70-200mm F2.8 EX DG MACRO
はかなり凄いレンズである可能性が高く、チョット怖い。

|

« 死ぬほど多忙でした。(^^; 2006/05/01 | トップページ | 自転車 2006/05/08 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々のレンズテスト 2006/05/07:

« 死ぬほど多忙でした。(^^; 2006/05/01 | トップページ | 自転車 2006/05/08 »