« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

MACRO 50mm vs. 17-70mm DC 2006/05/27

先週の土曜日、Tsubu さんと喫茶店で会って、イロイロお話をした。その
時に MACRO 50mm を売ってしまおうと考えていることを言ったら、リファ
レンスとなるレンズだから、持っていた方が良いと諭された。

まったくもって、その通りなのだけど、レンズテストのためだけに MACRO
50mm F2.8 EX DG を所有し続けることが賢明であるとは思えない。そし
て、リファレンスとなるレンズが必ずしも最良の描写をするレンズでなけ
ればならないという不文律があるわけでもない。何度も書いているけど、
17-70mm を最高の描写をするレンズと呼ぶには抵抗がある。しかし、
最高の描写をするレンズと比較してみて、ほとんど遜色のない描写をする
ことも確かだ。クラスとしては間違いなく EX シリーズ級で、明らかに普及
タイプのレンズよりは良い描写をする。マクロ領域での描写も、決して悪く
はない。

そして、よく考えてみたら、17-70mm が出てしまった以上、このあたりの
レンジを含む新レンズは当分出てこないのではないかと気がついた。もし
出てきたとしても、17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO と比較してみることに
何か問題があるかどうかも考えてみた。私が使っている 17-70mm より
明らかに良い描写をするレンズは、あまり多くはない。18-50mm F2.8 EX
DC とは全レンジでほぼ互角。逆光性能は 17-70mm のが上。28-70mm
F2.8 は広角域では 17-70mm より良い描写をするが、40mm 以上になる
とほとんど同じ。逆光性能も良い勝負。あ、MACRO50mm との直接対決
はまだやっていなかった。(^^;

明日、17-70mm F2.8-4.5 DC と MACRO 50mm F2.8 EX DG の直接対決
をやって、ほとんど互角の描写をするようなら、MACRO 50mm F2.8 をお嫁
に出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再び、自転車。 2006/05/26

このところ、少しだけ自転車のメンテナンスに時間を割いている。昔、夢中に
なった時ほどの熱心さはないけど、全体のバランスを見直して、とりあえず乗
れる状態から、知っている人が見て「変」と思われない状態に改装中である。

早い話が、唯一アンバランスだったブレーキレバーとクランクを元のグレードに
戻すだけだ。でも、18 年前のブレーキレバーだけに 7,000円も出費して、クラン
クにも1万円近くの出費が必要となるので、あまり賢明とは言えない。40 年前
のニコンのフードを 7,250円で買ってくれた人もいるから、まぁ、良いか?(^^;

カメラと違って、自転車はユーザーが勝手に交換可能なパーツでできている。
もちろん、AF のレンズを MF のカメラに取り付けるようなこともできるけど、アン
バランスで格好悪い。私の趣味用自転車のフレームは 20 年ほど前のものな
ので、それに取り付けるパーツも 15 年以上昔のものでないと、何となくしっく
りこない。

にもかかわらず、サドルだけは最新のものを使っている。昔のものは経年変化
で、へたって来ているし、長時間乗っているとお尻が痛くなるものが多かったか
らだ。最近入手したサドルは今流行のフィジークと言うメーカーのアリオネ、それ
もトライアスロン仕様なので、なかなか良い。Yahoo!オークションに新品と、新品
同様の中古品が出ていたので、そこそこの値段で入札しておいたら、両方とも
落札してしまった。(^^;新品はもったいないのでそのまま取っておいて、近いう
ちに売る予定。新品同様の中古品を取り付けて、土曜日には試乗してみる。

私の場合、自転車は速く走るためのモデルであるにもかかわらず、レースに出
場したわけでもなく、特別ガンガン走り込むこともない。キヤノン 1D MarkII N
を持っているにもかかわらず、連写モードを使わないようなもので、誠にもった
いない。ただ、おかげで、20 年前の自転車には見えない美しさを保っている。

部屋の片隅に仕舞ってあったこの自転車を再び乗れるようにして、売ってしま
おうかと考えたのだけど、しばらく手元に置いておくことにした。休日にカメラを
持って少し遠出をするのも良いかも知れない。のんびり走っても平地なら平均
時速 25km くらいは出るので、結構遠くへ行ける。

私がかつて所有していた2台の SD10 の内の一台を引き取ってくれた TADA
さんが自転車乗りに良いバッグを紹介してと、この雑記帳に書いてくれたけど、
私自身は、リュック型のもので、胸と腹の部分にベルトがついていて、背中に
固定できるタイプのものであれば何でも良いと思う。ただ、あまり詰め込み過ぎ
ると重くなるので、大きめのウェストポーチ(タムラック517ならパワーパック付き
でも入りそう)も併用することをお薦めする。

初めは自転車のパーツについての細かいことを書いたのだけど、興味のない
人にはおもしろくも何ともない記事になってしまったので全文書き直した。(^^;

でも、自転車に興味がある人もいそうなのでチョットだけ書いておくと・・・。
サドル以外はすべて 18~20 年前のもので、ハンドルとステムはチネリ。シフト
レバー、フロントディレーラー、リアディレーラー、ペダルがオリジナルから改装し
た、今は無きサンツアーのシュパーブプロ。その他はすべて新車で購入時に
装着されていたデュラエース 7400 シリーズ、リムはマヴィック 330 と言う、まぁ
ごくフツーのロードレーサーです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

開き直りと惚れ直し 2006/05/23

SD10 を使って、手持ちで撮影するケースでは、どうしても日の丸構図が多
くなる。特に私の様にピントが合っているかどうかを異常に気にするカメラマ
ンで、マニュアルフォーカスにあまり自信がない場合には、主題となる被写
体を画面のど真ん中に持ってきて、再三再四オートフォーカスを動作させて、
数枚撮影するのではないだろうか?

早い話が「はな」を撮影する場合にピントをしっかり合わせたいとなると、ど
うしても、彼女を画面の中心に据えざるを得ない。ピントを合わせた後、カメ
ラを振っている時間がない。しかたがないので、そのままシャッターを押す。
構図的におもしろくないとわかっていても、それ以上にピントが合わない方
がいやなので、ついそのままシャッターを押すことになる。

正直言って、このサイトに作例としてアップしないのであれば、多少のピン
ぼけや、ブレは気にしなくて良いのだけど、親バカな私は一枚でも多くの写
真をアップしたいので、どうしてもピントが合っていて、ブレのない画像を可
能な限り多く撮影しなければならないと言う強迫観念を持っている。(^^;

そんなわけで、つい日の丸構図の写真が多くなるのだけど、しっかりピント
が合っていることを重視する結果なので、お許しいただきたい。どうしても構
図が気に入らない場合には、トリミングしてお見せしなければいけないのだ
けど、それも「作例」と言うことで、大目に見てほしい。今度からトリミングラ
インを入れようかしら?

昨日は久しぶりに東京ディズニーランドに「はな」を連れて行った。彼女の
好きな回転木馬がメンテナンス中で、お休みであることはわかっていたの
だけど、事前に決めていたこともあり、決行した。お天気も午後からは少し
崩れたのだけど、幸い大雨にはならず、何とか楽しい一日を過ごすことが
できた。

チョット残念だったのは、強風のため「はな」の好きなパレードがすべて中止
になってしまったことだ。普通にパレードがあると、それを待つ時間が程よい
休憩時間になってくれるのだけど、昨日は次から次へとアトラクションに付き
合わされて、比較的早く帰ってきたにもかかわらず、ヨメさんと私は結構疲れ
てしまった。「はな」も家へ着いて30分もしないうちに寝てしまった。

撮影した写真を現像していて感じたことは 17-70mm F2.8-4.5 DC のコント
ラストが非常に高いと言うこと。昨日のような曇天の場合、かなり眠い写真
になるのが普通だけど、17-70mm で撮影した画像は予想以上に高いコント
ラストを持っていた。逆光性能が良いと言うことは、当然、フレアが少なく、通
常の写真においても、高いコントラストが得られることはわかっているけど、実
際に確認できて、チョット嬉しい。逆に夏場では、コントラストが付き過ぎて、
白飛び、黒つぶれが発生しやすくなるかもしれない点は要注意かも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ・・・。おそらく・・・。その2 2006/05/22

APO 70-200mm F2.8 EX DG MACRO の発売日が発表になった。例によって
キヤノン用が先行して、シグマ用は6月中には出るようだ。

で、いよいよ SD10 の後継機が、今度こそ、本当に出るらしい。日本カメラを立
ち読みしたら、田中希美男先生が「SD10」をお薦めデジ一にしていて、「この夏
に出る新型では・・・」とはっきり書いている。公式にはまだ発表されていないけ
ど、ある種のリーク記事と見なすことができる。SIGMA ユーザーはキヤノンユー
ザーと違い、9ヶ月ごとに新機種の購入で頭を悩ますこともなく、平穏無事に過
ごしてきたけど、2年半ぶりに「買うべきか買わざるべきか?」と悩むことになり
そうだ。

私以外にも、フォベオン掲示板の常連さんの中には、すでに購入を決めて、予約
をしている人が何人かいるようだし、実際の発売はいつになるのかわからないけ
ど、間違いなく年内には発売されそうだ。

いろいろな噂が流れているが、少なくとも、現在の SD10 よりはいろいろな点で、
優れたマシンが出てくるはずなので、ワクワクしている。「自分たちが使って見た
いカメラ」と言うような表現で、社長が次期マシンのことを言っていたように記憶
しているが、シグマの社員さんが使ってみたいカメラと言うのが、どの程度のもの
か、お手並み拝見である。

秘密のベールに包まれたまま、未だにその明確な姿を現さないマシンに過度の
期待をしてはいけないけど、もう少し小さくなって、速くなって、より正確な AFを
持ち、高感度に対応した SDxx は、是非とも所有したいマシンである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もうすぐ・・・。おそらく・・・。(^^; 2006/05/18

新機種以前に APO 70-200mm F2.8 EX DG MACRO が発売されるのは間違い
なさそうで、このレンズに関してシグマさんは相当な自信を持っているようだ。
55-200mm と F8.0 で比較してみて、明らかに良い描写をするようなら、購入を
考えることにする。しかし、SD10 に装着して、手持ち、焦点距離 200mm、撮影
距離 1m でピントを合わせて、イメージセンサー上で 1ピクセルもブラさずに撮影
するためには、1/2000 秒以上の速いシャッタースピードが必要だと思う。逆に
言えば、特に近距離撮影においては三脚が必須となりそう。私が Outliner さん
の撮影会が屋外で行われるときに、必ず APO 80-400mmF4.5-5.6 EX OS を
持ち出すのは、三脚の使用が禁止されているからだ。古刹や名所でも「三脚・
一脚の使用禁止」の看板が普通に見られるようになってきた。重くて高くなるの
はいやだけど、ユーザーが精度の高い OS レンズを必要とする状況が増えてい
ることも確かだ。

デジタル用標準系ズームも各社から出てきているようだけど、一歩先んじた
17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO の価格と性能を凌駕するのは容易ではないだ
ろう。重量と価格を考慮しなければ OS は不可能ではないのだろうが、シグマさ
んはイマイチ OS に関しては消極的である。おそらく、非常に高い精度が要求さ
れるため出荷が追いつかなくなる可能性を考慮してのことではないかと、勝手に
推測しているが、真実はわからない。

このところ写真といえば Yahoo!オークションに出品するための写真しか撮ってい
ない。土日には「はな」を撮りたいけど、お天気が悪そう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

メインマシン、何とか復旧しました。 2006/05/15

大きな被害はありませんでしたが、死ぬ直前に撮影した画像は、なくなりました。
再撮影しましたので、問題ではありません。が、この20時間は全く無駄な時間で
完全に復旧したら、ゴーストでバックアップを取ろうと決意しています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

メインマシンのHDDが死にました。(^^; 2006/05/14

本日、午後1時ころ、私が日常的に使用しているマシンの
HDD が死にました。

午前中に危ないと感じたため、すべてバックアップした後に
昇天してくれたので、大きな被害はありません。

が、新しいディスクに OS やアプリケーションをインストール
するのに手間取っています。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO での先入観 2006/05/11

連休中にレンズテストを行った際、17-70mm も比較するレンズの中に入れて、他
のレンズと一緒に再度写し比べてみた。で、よく見ると、かなり良いレンズであるこ
とがわかる。

価格や EX シリーズでないこと、レンジが広いことからある程度の描写力を想像し
て、レンズの評価をする際に色眼鏡を掛けて見ていたようだ。つまり、先入観によっ
て、私自身の判断が正しく働かなかったと言える。

一昨日から、自分のサイトにあるレンズテストの画像をじっくり見て、17-70mm
F2.8-4.5 DC MACRO に関して、再評価をしなければいけないと感じた。

周辺部の甘さや、周辺部での倍率色収差はあるけど、他のレンズとじっくり比較し
て見ると、他のレンズでも同じ傾向があり、特に他のレンズより劣ってはいるわけ
ではない。

18-50mm F2.8 と 17-70mm F2.8-4.5 の比較では互角の描写力。28mm でわず
かに負けているような感じ。私が所有している標準系ズームの中で最も描写力の
高い 28-70mm F2.8 との比較でも 28mm では負け、30mm~50mm はほぼ互角、
70mm では少し劣る感じ。つまり、フォーカシング時の誤差を考えると、ほとんど同
じ程度の描写をしている。

70mm で F2.8 ~ F4.5 を使って撮影する可能性は非常に少ない。なぜならばピン
トを正確に合わせる自信がないから。

となると、18-50mm F2.8 EX DC だけでなく、28-70mm F2.8 EX DG もフルサイズ
での撮影を考慮しないのであれば、不要と言うことになる。さらに 50mm での非常
に良い描写を考えると、MACRO 50mm も要らないのではないかと思えて来る。

かなり厳密に比較すると、確かに 18-50mm F2.8 や 28-70mm F2.8 より描写は
劣る。が、その差はごくわずか。しかも周辺部での描写の差でしかない。実際の
写真で、周辺部までのしっかりした描写を求められるのは書類の複写くらいで、
最近ではスキャナーで取り込む方が良いし、新聞紙程度の大きさのものなら十分
に絞り込んでやれば実用になる程度の解像力はある(だろう)。

とにかく、17mm の広角端において、周辺部における描写力と明るさ、倍率色収
差の問題があると思うけど、周辺光量不足と描写の甘さは f:5.6 に絞ることで大
きな問題ではなくなる。

まったくもって評価の難しいレンズで、私の率直な意見としては「性能的にわず
かな不満はあるけど、価格やレンジを考えると、強くお薦めしたいレンズ。」とい
うことになる。

もちろん、購入したし、18-50mm F2.8 EX DC も売ってしまった。おそらく、大の
お気に入りである 28-70mm F2.8 EX DG も MACRO 50mm F2.8 DG も売って
しまうのではないだろうか。そんなレンズである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車 2006/05/08

実は27年ほど前から18年くらい前までの約9年間、自転車に凝った時代が
ある。

最終的には国産初のアルミフレームを使ったロードレーサー、つまり速く走る
為の自転車を入手して、落ち着いた。実際にレースに出場するほどの脚力が
あったわけではないし、レースに出場したこともない。

元々メカ好きだったため、ロードレーサーを購入した後も、イロイロとパーツを
とっかえひっかえして楽しんだ。この度、18年ほど放っておいたその自転車
(ブリヂストン RADAC 3100)を引っ張り出してきて、ゴムの部分がボロボロ
になったブレーキレバーを交換して、安いタイヤを新調(ロードレーサーにとっ
ては消耗品です)、埃まみれだった車体や各部品を丸一日かけてお掃除。
何とか搭乗可能な状態に復活させた。

さすがに20年前の自転車だと、ある意味で「レトロ」であり、今時こんな自転
車に乗っている人はいないので、見る人が見れば、チョット驚かれる。
例えて言うなら、キヤノン A-1 で撮影しているようなものか?

自転車の世界もレトロなものに関しては意外と高い値段が付くので、変速機
やブレーキなど、バラしてヤフーオークションに出すと、そこそこの値段に
なるので、飽きたら売ってしまうかも知れない。

どれくらいで売れるかを調べる為に、最近では同じパーツが出品されると、
ウォッチリストに入れて楽しんでいる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久々のレンズテスト 2006/05/07

Tsubu さんから 20-40mm と 18-50mm F3.5-5.6 DC をお借りして、テスト撮影。

どちらのレンズも以前の印象と大きく変わることはなかったので、ほぼ予想通り
の結果となった。ついでに Outliner さんから 30mm F1.4 と 18-50mm F2.8を
お借りして、2日間連続のテストとなった。

20-40mm F2.8 EX DG ASPHERICAL は EX シリーズの名に恥じないピントの良
さは持っているけど、わずかな倍率色収差が認められる。20mm から 40mm まで
どのレンジでも必要にして十分な解像感を持つ良いレンズである。が、現在では
18-50mm F2.8 DC や 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO があるために、敢えてフ
ルサイズ用のレンズが必要である場合以外は、大きさと重さで敬遠されそう。

いわゆるキットレンズの片割れ 18-50mm F3.5-5.6 DC は描写力だけで判断す
るのであれば、決して良いレンズとは言えない(倍率色収差が多い)けど、大きさ
と軽さ、そして何よりも価格が安いことが魅力である。描写も大騒ぎするほど悪い
わけではないので、所有し続ける意味はあると思う。

30mm F1.4 EX DC HSM を 28-70mm 以外のレンズと比較して見たけど、こと描
写力に関する限り、以前の印象と大きく変わらない。中心部は非常に良く、周辺
部は、倍率色収差とコマ収差が認められる。単焦点レンズなので、性能を調べる
側としても、かなり厳しい目で見てしまうことも確かで、必要にして十分な描写力
を持っているにも関わらず、つい、きつい表現になってしまう。特に私の場合は大
口径レンズに対して偏見を持っているので、あまり参考にしない方が良い。(^^;

始めに書いた通り、18-50mm F2.8 EX DC は、Outliner さんに買って頂いた。
非常に良いレンズではあるけど、17-70mm とはモロ焦点距離がかぶるので、泣
く泣くお嫁に出した。ここで、ご注意。17-70mm F2.8-4.5 DC と 18-50mm F2.8
EX DC を比較した場合は、18-50mm F2.8 のが倍率色収差が少なく、周辺部の
描写も明らかに良いことが判っている。にもかかわらず 17-70mm を常用レンズに
選んだのはそのレンジの広さと逆光性能の良さに惹かれたためである。よりシャー
プな画像を望むのであれば、18-50mm F2.8 は手放すべきではない。

マクロ 50mm の出番がますます少なくなって来た。が、このレンズを手放したら
必ず後悔することがわかっているので、とりあえず手放す予定はない。

来月か再来月あたりに発売になるであろう APO 70-200mm F2.8 EX DG MACRO
はかなり凄いレンズである可能性が高く、チョット怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死ぬほど多忙でした。(^^; 2006/05/01

実は昨日までの8日間は異常な忙しさでした。忙しさの本体は私用なの
ですが、ようやく期限ギリギリで用事を完了できました。実際には肉体労
働で、特に一昨日8時間、昨日は14時間ほど比較的力の入る仕事を続
けたため、現在筋肉痛と闘っております。

明日は昔からのお客さんに頼まれて、100ページほどの画像スキャン
を行います。

「はな」をしばらく撮っていませんが、3日には久々に撮影できる予定
です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »