« ソニーα発表 2006/06/06 | トップページ | ツァイスのレンズ 2006/06/12 »

ソニーα発表 その2 2006/06/07

「FOVEON 積んでいないカメラは、ど~でも良いのです。」で終わらせてしまっては、
チョット申し訳ないので、続きを書くことにした。

ソニーα、デザイン的には好きなカメラで、正直言って現時点で発売されているデジ
タル一眼の中では一番好きな形をしている。性能的にも大きな不満が出そうなカメ
ラではないし、αマウントを引き継ぐことで、ミノルタが築き上げてきたロッコールの
良さも引き継がれると思う。ミノルタフアンにとっては(多分)朗報であろう。

価格もボディ単体で十万円程度と言われているので、お買い得感が強い。AS を
利用した「ゴミふるい落とし」もある程度は機能すると思うし、なんと言っても AS で
ある。「みみしん」さんが AS に対する懸念を表明しているが、気持ち的には、私も
賛成。十万円のカメラにまともに働くセンサー移動型手ぶれ軽減装置を内蔵でき
るとは思えないと言う意見には説得力がある。しかし、それをミノルタ(あえてソニー
とは言わない)はやってきたのである。確かに、AS で不具合(片ボケ)が出たと言
う話も聞いたことがあるので、あながちいわれのない意見ではない。でも、私は技
術者達の根性を信じているので、非常に近い将来、手ぶれ軽減を動作させても、
センサー面がレンズに対して完全に垂直に保たれながら移動する様なものはでき
ると思っている。昔はフィルム位置の許容範囲は -4/100mm、+ 0mm と言われて
いたけど、デジタルの場合はもっと高い精度が要求されるだろうから、大変なことは
確かだ。でも、どうしてもダメなら AS をオフしてしまえば良いのだ。(^^;

ソニー製 1020 万画素の CCD がどれほどの描写をするのかは想像に難くない。
おそらく、かなり良い画像を生成してくれるのではないかと思う。私たち SD ユーザー
は「所詮ベイヤー型」の一言でかたづけてしまうけど、実用的には十分な画像を提供
してくれると思う。正直言って、私が普段撮影している娘の成長記録などの目的に
は、必要にして十分な画質だと思う。

でも、幸か不幸か、銀塩中版からの流れで、目が写真に自然さと質感の描写を求
めてしまうため、一般的なベイヤー型イメージセンサーの作り出す画像に未だにな
じめない哀れな FOVEON フアンです。

|

« ソニーα発表 2006/06/06 | トップページ | ツァイスのレンズ 2006/06/12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソニーα発表 その2 2006/06/07:

« ソニーα発表 2006/06/06 | トップページ | ツァイスのレンズ 2006/06/12 »