« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

SD14 チョット発表 2006/08/29

やっと出る。本当に首をなが~~~~~~くして待った。

正式発表は9月26日のフォトキナ。詳細なスペックはまだわからない
けど、あと1ヶ月ではっきりする。

イロイロと想像を巡らして楽しんでも良いかも知れないが、あまり大きく
期待しすぎるとがっかりするかも知れない。いずれにしても小さくなること
は確かで、とてもうれしい。

ストロボ内蔵は基本的には歓迎。ほとんど使うことはないと思うけど、イザ
と言うときには便利だ。

ダストプロテクターが円形になったのも、かわいい。

チョット、興奮しすぎて疲れた。おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再び MACRO 70mm F2.8 EX DG 2006/08/28

昨晩、MACRO 70mm F2.8 EX DG の近距離での撮影テストをした。他のレン
ズと比較して、やはりとても良く写るレンズであることを確認。ただ、MACRO
150mm でも、ほとんど同じような描写なので、改めて MACRO 150mm も良さ
も確認できた。テスト撮影をして、少し時間が経つと、熱も冷める。改めてじっく
りテスト撮影をした画像をチェックしてみた。

レンズテストにアップしてあるので、ご覧いただきたいのだけど、f:2.8 での描
写と f:5.6 での描写にほとんど差がない。じっくり眺めるとやはり f:5.6 のが少
し良いのだけど、f:2.8 の現像の条件(コントラスト)を少し上げたら、本当にわ
ずかな差になってしまう。理屈の上では理想的なレンズで平面を撮影する場
合、絞り開放で撮るのが、回折が起きないため、最良の画質が得られる。た
だ、これはあくまでも理論上の話であって、絞り開放状態では、レンズの各収
差が最も露わになるため、実際にはそのようなレンズは存在しない。が、この
MACRO 70mm F2.8 EX DG はその「理想的なレンズ」に非常に近い存在であ
ることも確認できた。

色収差に関しては、完全にゼロではない。が、ほとんどないことはご覧の通り
で、非常に優れている。解像度に関しては、間違いなくピカイチで、これ以上
良くなっても意味がないレベル。mu50 さんがキヤノン 1Ds MarkII で撮影した、
フルサイズの画像をアップしてくれたので、じっくり見てみたけど、35mm フル
サイズの周辺部においても、中心部とあまり変わらない描写力であることが
確認できた。

70mm と言う焦点距離はズームレンズではおなじみの焦点距離なのに、なぜ
か今まで単焦点のレンズがなかった。確かに中途半端な焦点距離なので、主
要なデジタル一眼レフの撮像素子が APS-C サイズでなかったら、この焦点距
離の単焦点レンズは開発されなかったかも知れない。いずれにしても標準ズー
ムの望遠端、望遠ズームの広角端であった 70mm が市民権を獲得することに
なるような気がする。

私個人としては、とっても欲しいレンズではあるけれど、主たる被写体が単焦点
レンズで追いかけるには(体力的にも)苦しい被写体であることと来月には APO
50-150mm F2.8 EX DC HSM が出ることがわかっているため、経済的理由もあっ
て、しばらくは指をくわえて眺めているだけになりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MACRO 70mm F2.8 EX DG 2006/08/25

このレンズの発表と同時に予約して、昨日の SA マウント発売日に入手した
Outliner さんが、手術後のチョットした痛みで会社を休んでいた私に電話を
くれた。「テストしますか?」

もちろん二つ返事でお借りした。幸い Outliner さんは月曜日まで撮影がない
と言うことで、今日も含めて3日ほどお借りする。今日は例によって定点撮影。
曇りではあったが、視界は良好。しっかりテスト撮影をすることができた。

今まで、使いたくても使えなかった褒め言葉「レンズがないみたい!」を使うこ
とができるレンズにようやく巡り会うことができた。しかも、このレンズの実販
価格は4万円台・・・。

単焦点で必要以上に明るくなく、わずか 70mm の焦点距離であるにもかかわ
らず SLD ガラスを3枚も使って、撮影距離に応じてレンズの構成を変えるフロー
ティングシステム採用。単純にスペックだけから予想しても、とんでもない性能
を持ったレンズであると思っていたけど、その予想通りの描写を見て、ホッとした。

このレンズに文句を言うのは非常に難しい。とある雑誌でボケ味がイマイチの
ような書かれ方をしていたけど、他のレンズとの比較画像で、そのボケ味のま
ずさを見せて欲しいものである。昨日の昼間、Outliner さんと近所の公園で落
ち合って、フツーの写真も撮ってみたけど、ボケ味が汚いとは思わなかった。

もう一度本屋さんで立ち読みして(買えよ!)確認したら、雑誌は月刊カメラマン
9月号で、唯一の欠点として、「円形絞りでない。」ことが書いてあって、「絞り
羽根が9枚なので、光点ボケが9角形になる、光点ボケが入る写真は開放で
撮ろう。」と言った内容だった。あまりに当たり前のことで、敢えてそれを欠点
と書かなければならない位のレンズだと言うことだろう。描写力に関してはベタ
褒めだったから許す。(^^;

それにしても、次は 50-150mm F2.8 EX DC HSM だ。この先、何が出てくるか
楽しみである。28mm F3.5 パンケーキや 24mm F4 シフトレンズ、100-300mm
F4 DC とか出て来るかも知れない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ボケ味。 2006/08/24

調子がイマイチで、昨日いつもの会社に出社して、普通にお仕事をしたのだけ
ど、今日はお休みをいただいた。

MACRO 70mm F2.8 がどこかの雑誌で「絞り羽が9枚なのでボケ味がイマイチ」
と評価されていたことを書いたら、意外に皆さんからの反響が多くて、チョット
驚いている。

本当は掲示板に書かなければいけないのだけど、長くなりそうなので、掲示板
には書ききれないと思う。とりあえず、私の「ボケ味」に関する意見としてここに
書いておくことにした。

もうお気づきの方も多いと思うけど、私がレンズを評価するときに「ボケ味」に関
しては全く触れていない。なぜ触れないかを、だいぶ前に掲示板には書いたの
だけど、ここで改めて書いておく。

まず、「ボケ味」とは何かについて書く。「ボケ味」とはレンズの特性の一つで、
ピントが鮮明に合っていない部分の描写の特徴、あるいは形状を言う。

つまり、写真の中でボケている部分がどのように描写されるかというレンズの
特性(性能)を指す。そして、それは明らかにレンズによって異なる。

ただ、それを特定のレンズに対して、明確な撮影条件(撮影距離、ボケている
部分までの距離、絞り値、ボケている部分が鮮明に描写されたときの形状、主
たる被写体とボケている部分の明度差、色彩差)を明示しないで評価することは
あまり意味のないことで、数枚の写真を撮影しただけで、そのレンズの持つ「ボ
ケ味」の善し悪しを判断することには多くの疑問がある。

もちろん特定の条件下においてボケ味が良い悪いと評価するのであれば、それ
を悪いこととは思わない。が、「ボケ味が良い悪い」と言う判断は何に基づいて行
われているのかが明示されなければならない。つまり、「ボケ味」に関しての客観
的な判断基準はあるのか?と言う点も難しい問題である。

私がボケ味の評価をするとしたら、例によってリファレンスとなるレンズと、評価し
たいレンズを全く同じ条件で撮影して、その2枚の画像を並べて比べる。

まぁ、早い話がいつものレンズテストで行っているのと同じ手法だ。けれど、本格
的にそれをやろうとすると、膨大な量の比較撮影を行わないといけない。なぜなら
ば上に述べたように「ボケ味」は条件によって大きく変わるからだ。

つまり、私はレンズによる「ボケ味」の差が存在していることは肯定するけど、それ
を皆さんに正しく伝える簡単な方法を思いつかないことと、「ボケ味」の善し悪しを
判断する明確な基準を持っていないことの2つの理由により、レンズを評価する
際の材料にはしていない。

さらに、実際の撮影において、ボケ味をコントロールすることは不可能ではない。
そして、デジタル画像について言えば、撮影後であっても、Photoshop SC2 のよ
うな「ボケ味」フィルターを持っているソフトウェアを使うことで、ボケの形状や出方
を変えてしまうことも、不可能ではない。

繰り返します。私は「ボケ味」をレンズの重要な特性の一つと認識はしています。
が、それを正しく評価する方法を見つけることができません。簡単な比較テストで
よろしければ、いつでも行いますが、上記の撮影条件を指定してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は休養。 2006/08/21

昨日、無事退院しました。病室でお隣だった方は、手術後8日目で
のんびり入院しておられて、チョットうらやましかったです。

昨日の夜は Outliner さんと Tsubu さんが退院のお祝いに来てくれ
て、写真以外の話のが多かったような気もしますが、楽しい時間を
過ごしました。

当初の予定では今日から仕事の予定だったのですが、お医者さんに
2~3日は静養と言われているので、のんびり過ごすことにします。

いずれにしましても多くの方々にご心配頂き、誠にありがとうございました。

抜糸は金曜日なので、今週はあまり無理をせず過ごします。それに
しても APO 50-150mm F2.8 EX DC HSM が買えるほどの出費が一番
痛かったです。(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

鎮痛剤が効いています。 2006/08/19

手術創の痛みは鎮痛剤で、和らいでいます。

とても元気です。明日、退院の予定。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

暇です。痛みが少ぶり返してきました。

手術部位の局部麻酔が多少弱くなったためでしょうか、
痛みが少し強くなってきました。

我慢できないほどのものではありませんが、ちょっと疲れます。

ただ、病院で寝ていても良くなるわけでもなく、やはり明日には
退院する予定です。

月曜日からお仕事をする予定でしたが、やめたほうが良いかも・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手術無事終了 2006/08/19

昨日の午後3時15分に手術は無事終了しました。

夕べは手術部位の創がズキズキ痛んで、あまり良く眠れませんでした。
時間が経つのを非常に遅く感じました。

今朝は痛みも死にたくなるような痛みから、かろうじて生きていても良い
かなと言った程度の痛みに変わりました。本当に、かなり痛いです。

まだ、点滴チューブは体についていますが、下半身の感覚が麻痺して
いたために取り付けられていた採尿管は先ほど外してもらいました。
精神的にはあれ(採尿管)が一番つらかったですね。

担当の先生が言うには「痛みに耐えられるのならいつ退院してもかま
いません。」とのこと、今日退院するつもりだったけど、ヨメさんに迷惑を
かけそうだから、あと一日いることにする。

20日(日曜日)、お昼ころの退院予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

手術まであと2時間 2006/08/18

左手に点滴を受けながら、これを書いています。

あと2時間で手術の予定です。下半身麻酔を掛けるので、手術後は
しばらく歩くことができないようです。

夕べの夜9時から何も食べていません。朝の7時には「浣腸」されました。(^^;

おなかペコペコだけど、我慢です。

10分間100円の病院内インターネット端末より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一時帰宅  2006/08/17

手術の説明の後、チョット外出したいのですが・・・。 と聞いたら
あっさり許可が降りて、今、自宅に戻っている。夜9時が消灯なので
それまでには病院へ戻らなければならない。

さすがに明日の夜は下半身の麻酔はまだ覚めていないと思われるので
外出はできないだろう。(^^;

先ほどヨメさんに CF を持ってきてもらって、病院の夜食を撮った。

まずくはないけど、量が少ない。今夜9時以降はいっさいの飲食を禁止
されているので、たった今、自宅でインスタントラーメンを食べた。

さぁ、これで36時間ほどは飲み食いできない。かなり寂しい。(^^;

とりあえず、さっき撮影した病院の夜食をアルバムに載せておく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

病院から・・・ 2006/08/17

10分間 100円と言う目の玉が飛び出しそうなインターネット端末が
病院の面会ロビーに設置されている。

せっかくだから使っている。

ヒマである。(^^;

1時間ほど前に、強制的にお風呂を使わされて、小型電動バリカン
(なんと刃先は交換式)でアソコの毛を剃らされた。

かわいい看護士さんにジョリジョリしてもらうのを楽しみにしていたの
に、夢ははかなく消えうせた。

パソコンの持ち込みは禁止されているけど、カメラの持ち込みは禁止
されていない。当然、持ち込んでいる。ただ、CF を忘れてしまった。

夕方にヨメさんに持って来てもらうことになっている。

それにしても、ヒマだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明日は入院 2006/08/16

待たされること1ヶ月以上。緊急性がない病気なので、ずいぶんと待たされたよ
うな気もするが、その間も普段とあまり変わらない生活をしていたので、長く待
たされた感覚はない。しかし、明日はいよいよ入院である。タバコを吸う以外は
健康には留意しているので、今まで、入院しなければいけないような病気には
掛かったことがなかった。

もちろん手術も初めてで、チョット心配している。が、非常にポピュラーな病気な
ので、大手術になるわけではないし、医者も慣れているはずなので、かなり心
は安らかである。でも、平常心とは言えない。(^^;

明日の午前中に入院して、手術自体は明後日。普通にうまく行けば土曜日には
退院させてもらえるはず。病院内ではパソコンやケータイが使えない。明日の夜
は、お医者さんの許可をもらって、我が家へチョットだけ戻って、メールのチェック
などをする予定だけど、許可が下りるかどうかは不明。何せ自宅から徒歩で7~
8分なので、移動は楽だ。さすがに明後日の夜はよい子にしていないといけない
ので、パソコンを使った作業はできない。

土曜日の夜には結果報告ができると思うので、お楽しみに・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天秤ブレ 2006/08/14

昨日のリベンジで取手まで行こうかと考えたけど、一度も行ったことのない
花火大会で良い写真が撮れるはずもなく、チョット遠いので、とりあえずは
パス。もう、今年は花火は撮らないのではないかと思う。

それにしても、昨日の天秤ブレには驚いた。理屈の上では知ってはいたけ
ど、あれほど見事にブレてくれるとは、夢にも思わなかった。(^^;

昨日は望遠レンズで花火を撮ってみたくて、わざと遠くでカメラを構えた。
もう少し左に打ち上がると思っていた花火が、ぴったりマンションの後ろに
見えたときには、正直がっかりしてしまった。

マンションの上に打ち上がるのは3尺玉だけ。東京湾大華火祭でもせいぜ
い2~30発くらいしか打ち上がらない。近くで見ていたら、10mm の超広角
でないと全体を入れることができない位大きな花火だ。

その2~30発位しか打ち上がらない花火を狙うため、ミラーアップを解除し
てしまったのが、間違いの元。おそらく 150mm マクロで三脚座を使わずに
写していたら、あれほどはブレなかったと思うが、やってみないとわからない。

以前に三脚座の使用についてテストした際に、三脚座の使用以上にミラー
アップをしないことで起きるブレの方が大きいことがわかっていたにもかかわ
らず、わずか1秒程度のシャッターチャンスの遅れを恐れたために、ミラーアッ
プを行わなかった。

もっと近くで撮っていれば低い花火も写せたので、ゆとりでミラーアップして
撮っていたはずなのに・・・。う~~~~n。クヤシイ。


望遠+三脚座+ミラーアップなし=ブレブレ。くれぐれもご注意ください。

SD を使うようになって4回目の夏が過ぎて行きます。そのうち3つの夏で
花火を撮りましたが、未だに傑作はありません。来年は何とか良い写真を
撮りたいモノです。

イロイロ撮ってみて、良い花火の写真には、花火がちゃんと写っていること
以外に非常に大切な要素があることに気が付きました。それは花火以外の
モノが一緒に写っていることです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

の~~~んびり 2006/08/12

ほとんど、何もしないで過ごした一日。

このところ仕事が忙しかったり、体調がイマイチだったりで、バタバタしていた
けど、久しぶりにのんびり過ごした。

APO 50-150mm F2.8 EX DC HSM のスペックをじっくり眺めていて、唯一、
チョットだけ気に入らない点を発見した。フードが花形ではない。

私は某、土佐のプロカメラマンさんほどのフードフェチではないけど、ある程度
は気になる。幸い DC レンズなのでフルサイズ 50mm の画角でフードを作る
はずはないから、十分に深いモノが付いてくるとは思うけど、EX シリーズの
ズームなのだから、花形のフードを付けて欲しかった。

SD ユーザーであるため、あまり他社のレンズに興味はないけど、トキナーが
10月に出す予定になっている 50-135mm F2.8 がまるで売れなくなりそう
で、チョットかわいそう。小さい、軽い、安い、より広いレンジ、HSM と、ほとん
ど全ての点で、トキナーを上回っているのだから、仕方ない。描写性能は出て
みないとわからないけど、ここ数年のシグマの性能が普通に達成されていれ
ば、悪かろうはずはない。

超贅沢を言えば、最短撮影距離が 1m なので、マクロ領域の撮影はできな
い。が、フルサイズ換算の 255mm で 1m と考えれば、十分な近接撮影能
力は持っている。最大撮影倍率は 1:5.3 だから、SD10 で撮影できる一番小
さいサイズは約 11cm x 7.5cm。つまり、ポケットティシュの大きさが画面いっ
ぱいに写せる。

昆虫を写すにはチョット足りないが、子供を写すには十分。おそらく手放さな
いだろうと思っていた 150mm F2.8 マクロであるが、このレンズが十分に良
い描写をするのであれば、取り替えることになるかも知れない。(^^;

しかも、この重さなら、日常的に持ち運ぶのもさほど苦にならないから、55-
200mm DC も手放すことになるかも知れない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お盆休み 2006/08/11

明日は土曜日、明後日は日曜日なので、正確には14日からがお盆休みと
言うことになる。

特に予定はない。でも、16日にはお仕事が入っている。17日から3日間
は入院。(^^;

可能な限りの~~~んびり過ごすとしよう。

今月の下旬には MACRO 70mm F2.8 EX DG が出る。噂ではシグマ史上
最高のレンズとも言われている。高屈折率 SLD ガラスという新素材を使っ
て徹底した色収差対策をしている。MACRO 105mm には SLD ガラスは使
われていない、にもかかわらず MACRO 105mm で色収差はほとんど認め
られない。より短い焦点距離で、SDL ガラスを3枚も使ったらかなり凄いこ
とになるのではないかと思う。もちろん私が日常的に使っている17-70mm
F2.8-4.5 DC MACRO より、間違いなく良い描写をするだろう。

現時点で最高の描写をすると思われるレンズを欲しいのは山々だけど、17-
70mm の描写で十分満足している状態なので、私のようにズームが必要な
写真を多く撮るユーザーにとっては、とっても悩ましいレンズである。

当然、お金にゆとりがあったら間違いなく欲しい。(^^;

そして、私が以前から大騒ぎしていた、デジタル専用大口径望遠ズームも
発表になった。私が希望していた 40-120mm F2.8 ではなく 50-150mm
F2.8だったけれど、17-70mm を常用しているので、50-150mm でも文句
はない。

70-200mm よりかなり軽く、MACRO 150mm より軽いのだから恐れ入る。

もちろんデジタル専用の DC だからこそ達成できた技であることは確かで、
小さいサイズのセンサーを持つデジタルカメラのメリットが生かされた製品
である。しかも、最新の光学テクノロジーを注ぎ込んで作られたと言うことだ
から、MACRO 50mm、105mm、150mmとの写し比べが、とても楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中山競馬場の花火大会 2006/08/06

Outliner さんと一緒に、中山競馬場の花火大会に行ってきました。

花火は本当に難しい。イマイチの写真ばかりで、選択に困っています。

夜の花火大会のために午前中から行って、席取りをしていたために、
とても疲れてしまい、現像しただけで、眠くなってしまいました。

とりあえず、寝ます。アップは明朝。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏です 2006/08/04

2006年も8月となりました。梅雨も明け、関東地方にも真夏の太陽がギラ
ギラと照りつけるようになりました。

8月1日にはいつもとは全く違う仕事で大阪まで行っていました。びっしり仕
事で写真を撮影する暇がないことは事前にわかっていましたので、敢えて
カメラは持って行きませんでした。実際に朝の7時30分に家を出て22時30
分に帰って来るまで、新幹線の中以外は忙しく、カメラを持って行ったとしても、
写真は撮れなかったでしょう。

先月は、会社その1で部署の配置換えがあり、ビル間での移動があったため
サーバーの設定やら、クライアントマシンのプリンターの設定やらがあり、その
合間を縫って、サーバー1台の修理、新規サーバー2台の立ち上げなどかなり
多忙な状態が続きました。新規サーバー2台はいずれも現在使用中のモノの
後継となるマシンなので、データなどの移行が終了した時点で、切り替えが
必要となります。お盆休み前には完了する予定ですが、他社から出向で来て
いた方々の出向が解除になり、余った8台のウィンドウズマシンを欲しがって
いる各部門に配る仕事が残っています。ユーザーが変わるだけでなく、別の
場所で使っていたマシンなので、ウィルス対策ソフトなどの入れ替えも必要で
チョット面倒な作業ですが、楽しみながらやることにします。

出向社員さん達が使っていたマシンは、なぜか Windows XP SP2 へのアッ
プデートが禁止されていたようで、引き上げてきたマシンを会社その1での
Windows 標準仕様にするのに、とんでもない時間が掛かることが判明。まぁ
のんびりやるつもりだったけど、寸暇を惜しんで作業をしないと今週中に終わ
らせることができないようです。

このところチョット残業が増えていますが、普段ほとんど残業をしない嘱託社
員ですので、たまには良いでしょう。しかし、バタバタしているうちに夏も終わっ
てしまいそうです。

明日の夕方は近所の神社で子供納涼大会、明後日の日曜日は中山競馬場
でご近所さん向け、大花火大会です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »