« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

チョット多忙 2006/11/30

予定通りなら、SD14 が発売されていたはずだけど、下にも書いた通り、来月
中旬に変更になった。

今頃シグマさんはてんてこ舞いなのではないかと推察する。ユーザーとしても、
手持ちぶさたである。フォビオン掲示板も今ひとつ盛り上がらない。

カメラ雑誌やウェブサイトでかなりの情報が伝えられているので、画質以外の
事は、かなりわかってきた。

しかし、よ~~~く考えてみると、SD14 になったからと言って、現在の SD10
の画質、特に解像感が凄く良くなるとは思えない。某掲示板にもチョット書い
てしまったのだけど、SD10 の解像度というのはセンサー本来の解像度とほぼ
等しい。つまりナイキスト周波数と言われる限界値に近い。別の言い方をすれ
ばどうがんばっても、これ以上解像度は上がらない。

さて、SD14 はセンサーサイズが変わらずに、画素数が増えた。と言うことは
画像をディスプレーに表示した場合、少し大きく表示される。面積比で言えば、
35.5% 大きくなっているが、長さ比で考えると 16.4% の差でしかない。
つまり、SD10 と比較した場合、同じ範囲が写っていて、その画像のサイズが
少しだけ大きくなって、細かい部分が少しだけ詳細に見えると言うことだ。

公式の作例画像が出てきていないので何とも言えないけど、解像感に関して
は大騒ぎするほどの違いは無いような気がする。それ以上にノイズや高彩度
な色の破綻がなくなっているかどうかの方が気になる。

私はシグマという会社を信用しているので、いつ出るかもわからない後継機を
かなり早い内から購入することを決めていた。正直、もう少し安いだろうと予想
していたのだけど、案に反して望むほど安くはなかった。AC アダプターが別売
になったくらいだから、シグマとしてもギリギリの価格なのだろう。

多分、FOVEON センサーがかなり高価なのだろうと思うが、他社の上位中級
機以上の画質を持っているであろう事を考えれば、納得するしかないだろう。

一度延期された発売予定日まであと2週間。これ以上の延期があるとは思え
ないが、何らかの改良が必要なのであれば、遠慮なく延期して欲しい。

ファームウェアの改良だけならば、出荷した後でもできるが、書き換え不能な
ROM で持っているデータやプログラムもあり得るので、そこらあたりの仕様が
確定していなければ、さらに時間が掛かるだろう。

私自身、ソフトウェア技術者なので、チョットしたブレークスルーでとんでもない
改良が可能なことがあることはわかっているが、待つ身は辛い。

でも、3年も待ったのだから、それがあと1ヶ月増えたところで、どうってことは
ない。 と、強がってみる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

SD14 発売予定日延期 2006/11/16

SD14 の発売予定日は当初 11 月下旬とされていたが、昨日、12 月中旬に
変更された。

以前、かなり自信を持って、11 月下旬に発売するような話を聞いたことがあっ
たので、何か予定外の事が起きたのだろう。

今まで、さんざん待ったので、ここへ来て1ヶ月や2ヶ月遅れたからと言って目
くじらを立てる事はない。のんびり待つ覚悟はとっくに出来ている。未完成の
製品を無理矢理出して、素性の良いカメラの評判を落とすことだけは避けて欲
しい。

いずれにしてもリークされた画像を見る限りにおいては心配する事はなさそうだ。
あの画像は写真撮影技術が若干未熟な人が撮影したか、テスト用に意識的に
きびしい条件で撮影されたものを、かなり無理な現像条件で現像してある。撮
影日が正確なら、今年の7月に撮影されたもの(αバージョン)だし、今では画
質もかなり良くなっていると思われるからだ。

フォビオン掲示板でも何人かの方が予想しておられるように、カメラ内 JPEG の
出力に問題があるのではないかと私も推察する。

心静かに待ちましょう。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再び 18-50mm F2.8 EX DC MACRO 2006/11/13

2つ下でも書いているが、K 氏よりレンズが届いて、一昨日と昨日、テスト撮影を
行った。

一昨日は室内での近接撮影で、時間的にもゆとりがあったので、かなり良い画像
が得られた。が、昨日は時間的なゆとりもあまり無く、寒風吹きすさぶ中での撮影
となったため、フォーカシングに不安がある。テストしておいてこんな事を書いては
いけないけど、無限遠の画像に関しては、必ずしもベスト画像でない可能性がある。

チャート風の画像も撮影できたので、レンズの性能に関して、問題がないことは確
認できた。

昨日、実際の撮影に用いて、逆光性能なども調べたが、旧タイプにあったようなゴー
ストやハレーションを容易に確認することはなかった。無理矢理かなりの逆光状態
で撮影してみたが、旧タイプと比べて進歩している。

ただ、17-70mm F2.8-4.5 DC と比較した場合には、大きな差が認められないので、
20mm より長い焦点距離で、F2.8 と言う絞り値が必要な場合には威力を発揮する
が、それ以外のケースでは大差ないと感じた。

描写力を旧タイプと比較した場合、広角側の描写力はほぼ同等、描望遠側ではよ
り良い描写をする。明らかに異なるのは、開放に近い絞り値での描写が上がってい
ること。F2.8 ~ F4.0 あたりの絞り値を多用する方にはお薦めとなる。

もちろん旧タイプよりは近接撮影が効くので、マクロ系の写真を多く撮られる方にも、
より魅力的なレンズとなった。

旧タイプとの比較においては、17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO にメリットを多く感
じたが、この 18-50mm F2.8 EX DC MACRO であれば どちらを選んでも良い。が、
より明るいレンズが必要な方には 18-50mm F2.8 EX DC MACRO をお薦めする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サーバーが異常、その他 2006/11/09

実は1ヶ月ほど前に我が家のサーバーが異常な状態になった。起動してしばらく
するとディスクの異常を訴え、勝手にリセットが掛かる。起動時の水色の画面で
勝手にチェックディスクが起動して、すべてのディスクを延々とチェックして、再び
起動。その状態を2~3回繰り返した後、起動しなくなる。

予備の起動用ディスクを取り付けても、同じ状態。マザーボードの IDE インター
フェイスが逝ってしまった様だ。

ディスクを取り出して、外付けドライブに組み込むとちゃんと読み込んでくれる。

実際のところ本当にサーバーとしてしか使っていないマシンなので、データーが
記録されているディスクをすべて取り外して、外付けドライブにしてしまえば、そ
れで済む。プリンターもヨメさんのマシンに接続して、ヨメさんのマシンをプリンタ
サーバーにしたら、問題なく動いた。

チョット困るのは高速書き込み可能な DVD ドライブだけど、これも外付けの USB
タイプの DVD を買ってしまえば良いだけの話だ。

と言ったわけで、現在我が家にはサーバーがない。データバックアップ用の外付
けドライブがやたら増えるのは問題だけど、しかたない。すべて合計で 1.2T ある
けど重要なデータは2重にバックアップしておかないと不安なので、結構面倒。

X3F ファイルは選択するのも面倒なので、すべて HDD と DVD-R に2重にバック
アップしてあり、この状態を維持するしかないだろう。


来年には Windows Vista が出るのだろうけど、私的にはあまり強い関心はない。
予定ではもう少し違った OS になるはずだったのだけど、コアに関しては XP から
の大きな変更はなさそうで、操作性やセキュリティー関連を補強しただけのモノの
ような印象を受ける。

Windows XP はそれ以前の Windows に比べれば、格段に良くなった OS で、私
自身毎日使っているけど、不満はない。昔は考えられなかったような無茶をして
も、OS がフリーズしたりクラッシュすることがない。60 台以上のマシンを管理し
ている身には、非常にありがたい OS である。


SD14 に備えて、CF を1枚買った。A-DATA の 2G バイト。通販で消費税、送料
込みで 6,324円。安くなったものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

18-50mm F2.8 EX DC MACRO 2006/11/08

K 氏より、18-50mm F2.8 EX DC MACRO を買うけど、SD9 が里帰りして
いるので、しばらく使えない。テスト用にお貸しします。と言うありがたい
メールを頂戴した。

30mm F1.4 EX DC HSM も、発売直後に K 氏からお借りしてテストした覚
えがある。感謝、大感激である。

さて、実際のテストは週末になるけど、何と比較しよう?

早くも旧タイプとなってしまった 18-50mm F2.8 EX DC は O 氏にお嫁入り
したので、おそらく、土日なら、お借りできるはず。それと私の常用レンズに
なっている 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO とも比較しなければならない。

18mm は 10-20mm の 18mm と比較してみるのも面白いし、50mm はマク
ロと比較しても良いだろう。

となると、18mm、35mm、50mm で旧タイプ、及び 17-70mm と比較、18mm
はさらに 10-20mm と比較、そして 50mm はマクロと比較。開放と f:5.6 の
両方をやらないと怒られそうだから 16 カットか。(^^;

撮影だけで、2時間くらい掛かりそうだけど、まぁ良いでしょう。お天気が良い
具合になってくれれば良いのですが・・・。

それにしても、50-150mm F2.8 EX DC HSM の SA マウントが入荷しない。
どうなっているのだろう?


自分でビジターカウント 333333 をゲットしてしまった。(^^;
多くの皆さん、つたない私のサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。
これからも、あまり無理をせず、のんびり更新して行きます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

MACRO 70mm F2.8 EX DG 2006/11/06

この3連休に、O氏より MACRO 70mm F2.8 EX DG をお借りした。

1日目は鎌倉、と言っても風景の撮影ではなく、ヨメさんの実家に頼まれた
小物の撮影がメインだったため、さほど枚数は撮れなかった。

2日目は幕張メッセの「ペット王国」に「はな」を連れて行った。バラの花や
メッセの屋根などを撮った。

3日目は中山競馬場の「子供のひろば」へ行って、ほぼ半日「はな」を遊ばせ
て、いつものように撮った。

一言で言えば、やはりとんでもないレンズである。非常に良い。逆に言えば、
撮影者が気を抜くとブレやボケによってレンズ本来の描写が出てこない。

幕張メッセの写真はすべて意識的にシャープネスを -0.5 に設定してみた。
素性が良いレンズなので、それでも解像感はある。が、描写の素直さはあ
るものの、カリカリ感はイマイチ。カリカリな写真を作るためには、FOVEON
といえども、やはりわずかなシャープネス処理は必要だ。

中山競馬場での「はな」はいつものように撮影。固定焦点は横着ができない。
70mm を付けた時には普段はあまりやらない前後の動きが必要になるので、
少し疲れる。が、結果的には非常にシャープな画像が得られたので、満足。

ポートレートやマクロ系の写真を多く撮る方にはとても強くお薦め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »