« サーバーマシン再生 2007/05/27 | トップページ | 液晶ディスプレイ 2007/06/02 »

サーバーマシン再生 その2 2007/05/31

GIGABYTE の SATA と ABIT のシリアル→パラレル変換アダプターの相性が
悪いのか、あるいは、試したディスクが悪いのか、余っている SATA に繋いだ
IDE ディスクが起動時にアクセスランプが点灯しっぱなしになり、OS が起動し
てくれなかった。繋いだディスクが旧サーバーのミラーで使っていた1台なので、
ディスクそのものがいかれている可能性がある。このドライブはカセット式なの
で、ディスクを取り替えて使おうともくろんでいるのだが、早く原因を特定しなく
てはいけない。もしシリアル→パラレル変換がうまく行っていないのなら、PCI
バス用の IDE RAID カードが余っているので、それを取り付けて普通の IDE と
して接続しよう。ディスクがおかしいかどうかは、コピーが終わったお仕事デー
タのバックアップディスクをセットして調べて見れば判るだろう。

と言うことで調べたら、余っている SATA に繋いだ IDE ディスクが認識されない
のはディスクの不良が原因と判明。お仕事データが入っている 160G を繋いだ
らあっさりと認識してくれ、OS はちゃんと起動した。いかれていたのは Seagate
Barracuda の 80G バイト。しかし、たった3年で壊れるのは問題だ。SATA ポー
トがあと2個余っている。5インチベイはあと1個余っている。と言うことはカセット
式のディスクをあと1台着けられる。画像のバックアップに使っていて、全て DVD
にコピーし終わった IDE の 160G があるので、それを着けよう。ん?待てよ・・・
SATA の 320G をあと一台買ってきて、GIGABYTE の SATA 2 ポートを使って
RAID 0 を組んで、高速処理専用ディスクアレイを作る手もあるなぁ。しかし、
SPP3.0 の高速化を考えるのなら、一つのフォルダに多くの画像を保存しないこ
とが一番重要で、現像時の X3F 読込や JPEG 画像の書込は超高速なディス
クを使ってもおそらく速くはならないだろう。あとで調べてみよう。

8台ある外付けディスクの内、6台は全て SD で撮影した画像データが入ってい
る。そのうち4台は DVD にも同じデータを残してある。これらの4台は、とりあえ
ず繋がない。棚に並べてバックアップのバックアップとする。新しいサーバーに
繋ぐのは、それぞれ 300G、320G、500G の外付けディスクとする。この3台の
外付けディスクの未使用領域は合計で 740G。新サーバーに内蔵されている
ディスクの総論理容量は最終的には 1,280G となり、空きが 1T となる。総合
計容量 2.4Tで空きが 1.74T。しばらくはディスクを買わなくて済みそうだ。


新サーバーの USB ポートは10個ある。が、このポートが電源を入れていない
ときでも通電しているかどうかを調べなければならない。もし電源を入れていな
いときでも電気が来ているタイプだと、外付けディスクのポートとしては使いたく
ない。なぜなら電源を切っても、外付けドライブの電源が自動で切れてくれない
からだ。PCI バスの USB 2.0 カードがあるので、これを差してみて、ちゃんと使
えるかどうかも確認しよう。このカードは電源が切れると USB の電源供給も止
まるので、外付けディスク用に使うには便利だ。で、調べた結果、パワー OFF
にしても、USB には通電していることがわかった。が、外付けディスクはいずれ
も USB 接続が切られると、自動で自身の電源を切るため、普通に使っている
分には、電源は自動で OFF になる。まぁ、問題はないだろう。いずれにしても
前面の USB ソケットを外付け HDD 用に使うことにして、普段使う必要のない
ディスクは繋がないでおくのが一番正しい。逆に考えれば、外付け HDD は全
てバックアップ用なので、その時点でバックアップとして使っている1台だけを、
必要な時に接続するのが合理的、かつ正しい使い方であることに今更ながら
気がついた。旧サーバーでは背面の USB ソケットに外付け HDD を接続して
いたために、いつも繋ぎっぱなしになっていた。ずいぶんと無駄なことをしたも
のだ。いっぱい反省。

新サーバーが SATA なので、IDE の HDD が余ってしまった。80G が2個、160G
が4個、80G バイト1個を除いてはいずれもちゃんと使える。捨てるのももったい
ないが、いまさら 80G バイトのディスクを使おうと思う人はいないだろう。バック
アップのバックアップにして、しまって置くのが正解のようだ。

このマシンに SPP3.0 をインストールして、例のベンチマークをやってみた。結果
は1分 23 秒で、ほぼ予想通りの結果となった。現像時間は CPU の処理能力
に比例する。RAID 5 のディスク、SATA のそのまま、SATA→IDE のディスクで
それぞれテストしてみたけど、現像時間にはほとんど差がなかった。やはり、ディ
スクの速度は現像時間を決める大きな要素ではない。

マシンが良くなるとフツーの 15 インチ液晶ディスプレイを繋いでいるのがアンバ
ランスで心地悪い。フォビオン掲示板でお薦めのディスプレイを尋ねたら、10 万
円程度ではまともなディスプレイはないと言うことだった。本日、私が行っている
広告制作会社の画像処理部門へ行って何を使っているのか調べた。写真スタ
ジオには CG210 が2台。レタッチ部門では全員 CG21 を使っていた。キャリブ
レーションは Eye-One を使っていた。

う~~~n。やっぱりプロが使う液晶は恐ろしく高いのだ。私はプロではないし、
写真を撮ってお金を稼いでいるわけではないので、そこまでお金を掛けることは
したくない。KAHOO さんお薦めの NEC LCD2490WUXi はかなり魅力的だけど、
予算を大分オーバーしてしまう。ヨメさんに借金を返したら、予算 10 万円でも厳
しいことが判明。またヨメさんに借金をしようか?と悩みながらネットをさまよっ
ていたら NEC LCD2090UXi を 77,000 円で売っている店がある。思わずポチリ。

あまりにも安いので、代引きで注文した。さて、現在の安値相場が10万円の
ディスプレイを私は送料、代引き手数料込みで 78,630 円で購入できるのだろ
うか?

|

« サーバーマシン再生 2007/05/27 | トップページ | 液晶ディスプレイ 2007/06/02 »

コメント

お久しぶりです。
ちなみに、わたくし、カミさんからの借金があり、金額は、102,500円あります、内訳はカメラのアクセサリー代とかいろいろ・・・。

そろそろ、「きれいにしなくては・・・」と思っているところです。

投稿: のんきな父さん | 2007.06.01 05:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サーバーマシン再生 その2 2007/05/31:

« サーバーマシン再生 2007/05/27 | トップページ | 液晶ディスプレイ 2007/06/02 »