« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

オーディオの話 2007/06/15

カメラ屋さん時代にカメラマンをやりながら趣味でオーディオに凝っていました。

お客さんの中に瀬川冬樹さんとか長岡鉄男さんがいたせいもあります。瀬川
冬樹さんは本名を大村さんと言いましたがライカの話を始めると止まりません
でした。私がパソコン雑誌に記事を書いていたときに使ったペンネームの「冬
木」は瀬川さんから勝手に拝借したものです。長岡鉄男さんも変なカメラが好
きなおじさんでしたが、ある時マミヤ RB にポラパックを着けて周波数特性ス
コープを撮影する方法を提案して大いに感謝されました。

ご両人とも既に他界されてしまいましたが、私にとってはオーディオの先生と
言うよりはカメラコレクターとしての印象が強いです。

とんでもないプレーヤーを持っていたと書きましたが、まだ国内では「トリオ」
の名前のが有名だったころ、ケンウッドブランドで販売された L-07D という
超重量級、総金属製(ゴムのマットではなく異種金属を貼り合わせたマット)
のレコードプレーヤーを持っていました。メーカー製のターンテーブルのくせに
もう一本余分にトーンアームを付けられる構造になっていて、純正のアーム
の他にオーディオテクニカの AT1501 を付けていました。その前はテクニク
スの SL-01 だったし、さらにその前はデンオンの DP-3000 だったと思いま
す。グレースのストレートトーンアーム G-707 を随分と長いこと使っていた記
憶があります。

カートリッジはそれこそ幾つ買ったか・・・思い出せません。ただ MC タイプ
は昇圧トランスが好きでなかったのと、針交換が自分でできなかったので、
使わなかった記憶があります。好きだったのはピッカリングとシュアーで、
共に先っちょにブラシが付いているやつでした。ピッカリングの型番は忘れ
ましたが、ガンメタリックカラーだった記憶があります。シュアーは V15/IV
でした。音が良いと言うよりは余計な音を出さない、中音域が充実してい
るカートリッジが好きでした。

カセットデッキはナカミチの 1000、オープンデッキはテクニクスの RS-1500U、
CD プレーヤーは同じくテクニクスの SL-P1200、アンプはイロイロ変えまし
たが一番好きだったのはヤマハ C-2a と B4。スピーカーはフォスター(現フォ
ステックス)の 16cm フルレンジから始まって、ヤマハ NS-690 II、NS-1000M、
タンノイ、そして SONY APM-77 が最後でした。


パソコンを組み立てて、その性能が上がったものだからついでに音楽を
聴き始めて欲しい音楽がアナログレコードでしが手に入らず、もっと悪い
ことにはそのレコードを入手することはインターネットオークションを使え
ば簡単にできることで、現時点でも西島三重子のシルエットは4枚も出
品されている。(^^;

しかし、このレコードを買っても再生する手段がない。もちろん業者に頼
んでデジタル化してもらうの簡単だし、お金もさほど掛からない。でも、
私自身がそれでは絶対に納得しないことはわかっている。困ったものだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

iTunes 2007/06/13

一昨日の夜、合計1時間くらいで、手持ちの CD の中から The Beatles 24 枚
と松田聖子 2 枚、山口百恵 4 枚を再度 MP3 に変換した。時間を見ていたら、
1枚の CD を MP3 に変換するのに2分くらいしか掛からない。

けーざいさんが iTunes のが使いやすいと言うことなので、早速ダウンロードし
てみた。

昨日の夜は iTunes を使って「恋すれど廃盤大全集」とか西島三重子、岩崎宏
美など 30 枚以上の CD をリッピングした。Windwos Media Player も悪くはない
が、iTunes のがわかりやすい。と言うことで、あっさりと乗り換える。

そう言えば、九重佑三子の CD は一枚もなかったと気がついて、iTunes のダウ
ンロード販売で買ってしまった。探す手間や買いに行く手間は掛からないけど、
ジャケットや歌詞カードなどはないのだから、もう少し安くしてくれても良いような
気がする。

ついでにデュークエイセスの「にほんのうた」の CD 4枚を通販で購入。ベスト盤
しか持っていなかったので、全曲入手は嬉しい。音楽を一生懸命に聞くことはな
くなってしまったけれど、BGM として好きな曲が流れているのはとても素敵なこ
とだと改めて気がついた。

持っていると思っていた西島三重子のメランコリー・イエスタディがない。LP レ
コードでは間違いなく持っていたのだけど、ベスト盤 CD に収録されていない。
ネットをさまようこと数時間、CD では出ていないことが判明。LP でのアルバム
「シルエット」に収録されている曲だった。LP の時代には西島三重子のアルバ
ムは5枚持っていたので、そのあたりは CD 化して欲しいが、儲からないだろう
からまぁ、無理だろう。オークションで LP を買って、アナログで再生したものを
取り込むしかなさそう。その他にも数曲、欲しい曲がある。

オーディオに凝っていた時代にはとんでもないレコードプレーヤーを持っていた
が今はない。わずか数曲のためにレコードプレーヤーを買うのはアホだ。

カートリッジは V15/IV を使いたいし・・・。う~~n。アブナイ。

そのうち、iPOD を買ってしまいそうだ。(^^;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

進歩しているのですねぇ 2007/06/11

我が家のサーバーパソコンを私のプロフィールのページで紹介してあります。
現在は大きなディスプレイも繋がっていますので、近いうちに写真を撮り直し
ます。ディスプレイの左右にあるのはヤマハの有名なモニタースピーカーNS
-1000M をデザイン的に超小型にしたパソコン用スピーカーで NS-1000MM
と言う型番が付いています。本当はフロントグリルを外した方が格好が良い
のですが、いかにもスピーカーと言う感じで、存在感がありすぎるため、フロ
ントグリルは着けたままにしてあります。音はそこそこで、オンキョーあたり
のもう少し大きめのスピーカーのが良い音がします。

ノイズが嫌いな私はパソコンから音を出すときには USB 接続を使います。
これは仲良くしていただいていた某老舗オーディオショップの N 店長からの
強力なお薦めです。マザーボードや CPU は雑音源そのもので、同じボード
の上にアナログ信号が流れたら雑音を拾わないわけがないと言う単純な理
由です。が、今のマザーボードに乗っている信号は最低でも 33MHz の周波
数ですので、あまり気にしなくても良いのかも知れません。あ、ファンがあり
ますね。それと電源部。このあたりからの雑音はやはりアナログ信号に影
響を与えそうです。もっとも私の新しいマザーボードは光デジタルアウトも付
いているので、今度試してみることにします。

で、USB で取り出されたデジタル信号は オンキョーのパソコン用アンプに
入ります。イロイロな入出力が付いていますので、パソコン専用でなくても
使えるアンプですが、一応パソコンショップで売っていました。このアンプも
某老舗オーディオショップの N 店長から薦められて買いました。

音の良し悪しを判断する耳は持ち合わせていませんが、雑音が乗っている
かいないかは私でもわかります。そう言った意味で、USB サウンドは正解
であったと思っています。

さて、新しく組み上げたサーバー兼作業マシンで SPP3.0 を動かしたときに
どれくらい CUP パワーを使っているのか観察したところ、せいぜい 60% で、
予想を見事に良い意味で裏切られました。つまり、SPP3.0 で現像中であっ
ても、まだ余力があると言うことです。

そこでサーバーに溜め込んであった手持ちの CD から MP3 に変換した音
楽を流しながら作業をすることにしました。The Beatles や山口百恵を聴き
ながらの作業は快適です。

ふと、その MP3 化した音楽ファイルの中に何と、南沙織がないことに気が
つきました。最近では滅多に聞かなくなってしまったため、仕舞い込んで
あった CD を探し出して、リッピングして、MP3 フォルダに追加することとな
りました。

始めは B's GOLD 9 を使って MP3 への変換を行おうと試みましたが、なぜ
か何度やっても「リッピングに失敗しました。」となり、B's GOLD でのリッピ
ングは諦めました。OS をアップデートした際についでに拾っておいた
Windows Media Player にはリッピングの機能があるはずだと思い出し、
Windows Media Player を起動。CD を入れて「取り込み」を実行。

私はただそれだけのことしかしなかったのに、Windows Media Player は勝
手に MP3 フォルダの中に「南沙織」と言うフォルダを作り、その下に「南沙
織/17才」と言うサブフォルダを作り、全ての曲をその曲名でファイル名を
作り、たった2分半で、320kbps の MP3 に変換してしまった。2枚目からは
単に CD ドライブに CD をセットするだけ。17 枚の CD を全て MP3 のファイ
ルにするのに1時間掛かりませんでした。

2~3年ほど前に 128kbps の可変ビットレートでリッピングした MP3ファイ
ルを全てリッピングし直すことにしました。世の中進歩しているのですねぇ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お気に入り 2007/06/09

作例集に「お気に入り」と言うカテゴリを作った。下で書いてある通り、今までに
掲載した写真の中から、私が好きなものを選んで、現像からやり直して、必要が
あればレタッチをしてご覧いただく。

「作品」と呼ぶのは恥ずかしいのだけど、私にとっては精一杯の写真なので、お
許し願いたい。

これらの写真を自分自身で選択しているのに、その選択基準は明確ではない。
一言で言えば、まさに「お気に入り」で、他人様が見て良い写真と感じてもらえる
かどうかより、私自身が気に入っていると言うだけのあいまいな基準で選んでいる。

とりあえず「何枚」とは考えていないので、最終的にどれくらいの枚数がアップされ
るのか自分自身でもわからない。が、多分 30 枚を超えることはないだろう。当然、
「レンズテスト」や「テクニカル」から選ばれることはないと思う。

このカテゴリを始めたのにはもう一つの意味がある。同じ写真でも、現像の方法と
レタッチによって、この程度は変わってきますというサンプルを提示したかったと言
うこと。だから、初めに掲載した元画像(作例画像)へのリンクを付けてある。興味
がある方は2枚の写真を見比べて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イロイロなこと 2007/06/07

広告制作会社で使っている DELL のサーバーに外付けドライブを増設する件は
無事終了。思惑通り Mathey MPU2C-05 と言う USB2.0 PCI カードを挿した場
合はちゃんと電源が入って起動してくれた。しかし、省エネのためとは言え PCI
バスの電源 3.3V しか対応ていないボードがあるというのは驚きであった。Mac
G5 のユーザーも同じ苦労をしているのだろう。

さて、私の家の新サーバー兼作業用マシンに購入したタッチパッド付きキー
ボードが到着した。ThinkPlus USBトラベルキーボードウルトラナビ付。製品番号
31P9514。ダイレクト価格で 11,235円。ただし、6月 28 日までは 10,080 円の
特別価格で提供される。で、よく見たらテンキー付きのタイプ(31P8974)も同じ
値段で売っていた。机の上に置くのだから、テンキー付きでも良かったかなぁ、
とチョット反省。

やはり縦にでかい。もちろんノート用キーボードの手前にアームレストが付いて、
その真ん中にタッチパッドがあるのだから、当然と言えば当然である。一般的な
ノートブックパソコンのキーボードを想像してくれれば良い。キーボードの真ん中
に私が決して使うことがない赤いポッチが付いているのが唯一気に入らない点
であるが、そのうちキャップを外して、穴を埋めてしまおうかとも考えている。
とりあえず赤いゴムのキャップは一番小さいやつに変更してしまった。しかし、
このキーボードには合成皮革のケースが付属してくる。キーボードだけを持ち歩
く人っているのだろうか?

さすがに IBM のキーボード、使用感は快適である。これでマウスを使わなくて
も済むようになった。が、赤いポッチも含めて、ポインティングデバイスがイロイ
ロあるのは何かと便利かも知れないと思い直し、マウスも繋げておくことにした。
キーボードには USB ハブが付いていたので、Microsoft のワイアレスマウスの
USB 受信機を取り付ける。これでトラックボールでもあれば、ポインティングデバ
イスのオンパレードである。

さて、我が家のサーバー兼サブマシンもハード的にはこれ以上何かを加える
必要がないレベルになった。できないことは DVD-RAM の書込みだけであり、
それはメインマシンであるノートパソコンができるので、問題ない。ノートパソコ
ン用に買った外付け DVD-RW ドライブを着けると光学ドライブ3台、HDD 7 台
が常時繋がっているアホなマシンができあがる。結局 SATA の 500G を内蔵
に廻したため、内蔵 HDD 総容量 1.94T、外付け HDD 総容量 1.42T、合計
3.36T バイト。使用済み容量 1.48T バイト、残容量 1.88T バイトとなった。

マシンパワーにゆとりがあるので、今私はこの記事を打ちながらコンピュータ
に取り込んで MP3 に変換した CD の音楽を聞いている。もっとも強者はテレビ
を見ながらとか、DVD を再生しながら作業をするらしいので、音楽の再生程度
ならかわいい方だろう。ちなみに今日の音楽は「山口百恵」である。

今日は最後まで残っていた ? PCI Devise(不明なデバイス) をデバイス ID
から割り出して(Microsofut UAA Bus Driver for Hihg Definishon Audio)、
ドライバをインストールできたのでとてもハッピー。


まもなく私の作例集に「お気に入り」と言うカテゴリが追加される。これは今
まで掲載した作例の中で私自身が気に入っている写真を選択して作品風に
仕上げたものを載せる予定である。お楽しみにといえるほどのものではないし、
掲載済みの画像の焼き直しなので、目新しいわけではない。ただ、私自身が
どの写真を気に入っているのか、ちゃんと他の方々に見せるためにはどの程
度手を掛けるべきだと私が考えているのかをおわかりいただくためのものと
ご理解いただきたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

外付けドライブの増設てんやわんや 2007/06/06

と言っても、私のニューマシンではなく、広告制作会社で使っている DELL
のサーバーに外付けドライブを増設しようと考えた。当然、USB 2.0 接続で、
RAID のドライブを取り付けることにした。買ってきたのは BUFFALO の 1T
バイトで、ミラーリングにして、500G バイトの増設ディスクとなる。

はずだった・・・。

まず、何も考えずに USB にドライブを接続した。いきなり出たのが「高速な
ポートに接続してください。」のメッセージ。え??? このサーバーの USB
は 1.1 なの? DELL に電話。「はい。そのモデルは USB 2.0 をサポートし
ていません。」

げ・・・。機種選択をしたのは私ではないけど、いくら何でも 2003 年 10 月
の時点で USB 2.0 未対応とは・・・。

しかたがないので、PCI バス用の USB 2.0 増設カードを買って来た。差して
電源を入れる。・・・・・。入らない。抜いてみた。・・・電源は入った。

PCI バスのカードをマザーボードに差して、その結果電源が入らなくなると
言うのは初めての経験だ。再び DELL に電話。「はい。そのモデルは 5V
のPCI カードをサポートしてはいません。」

んな、馬鹿な・・・。PCI 2.1 と言うのは 3.3V も 5V も両方サポートしていな
ければいけないはず。もっとも、PCI 2.1 準拠かどうかは買った人は調べて
いないはずだから、今更文句を言っても始まらない。

USB の定格入力電圧は 5V である。通常 PCI バスは 5V と 3.3V のどちら
でも良く、取り付け可能であるならば、そのカードの電圧はサポートされてい
るはずなのだ。でも、世の中には 3.3V しかサポートしていない PCI バスが
あることがわかっただけでも勉強になった。現在では使われなくなりつつある
PCI バスだけど、困ったものだ。

まぁ、いずれにしても普通の USB 2.0 拡張カードは使えないことがわかった。
そこで例によってネット上をさまようこと1時間。PCI の電圧が 3.3V のみの
マザーボードを使っているマシンを発見。何と Mac の G5。つまり Mac の
G5 に対応している USB 2.0 PCI バスカードなら使える可能性が高い。と言う
わけで、最後は Mathey MPU2C-05 と言う、どちらかと言えば Mac 用として
売られているカードを見つけ出した。明日はこのカードを試してみる。

次にディスプレイの話。

デュアルディスプレイに慣れていないせいか、あまりありがたみを感じない。
というよりは右側に置いた 15 インチ液晶を使うことがほとんどない。理由は
単純である。20 インチの画面が大きすぎて、さらにその隣に何かを表示して
首を動かすのが面倒だからだ。さらに、パソコンでテレビ放送や DVD を見る
習慣が全くないし、何かの作業中に別のことのためにマシンパワーを使うこと
で、メインの作業が遅くなるのも嫌いだ。

SPP での現像時に隣の 15 インチに調整パレットを出しておいて、そこでメイ
ンディスプレイの画像を見ながら調整すると言うのが普通の使い方だと思うの
だが、大いに便利とは思わない。調整パレットが遠すぎるのだ。もう少しディ
スプレイから離れないといけないのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キーボードとタッチパッド 2007/06/05

我が家の新しいパソコン。ソフトウェアのインストールやら画面の設定やらをやり
ながら、イロイロと触っているのだけど、なぜか疲れる。

画面が大きくて、しかも高い位置にある。画面の一番下が机の上から 7~8cm
も離れているので、正面から少しだけ下がった位置がほぼ中心となるため、下
を向いてキーボードを打てない。タッチタイプができないわけではないのだけど
少し疲れる。

それ以上に疲れるのがマウスだ。ご承知の通り私は普段はノート型のマシンを
使っているために、マウスを使う機会がほとんどない。タッチパッドなら、キーボー
ドから手を移動させることなく、指先だけでどんな操作でも可能なのだけど、タッ
チパッドがないために、マウスを操作しなければならない。左右が短いテンキー
なしのキーボードを使っても、マウスを操作するためには、右手を 20cm 以上右
に移動しなければならず、マウスを掴んで、右手の人差し指でクリックをしなけ
ればならない。しかもドラッグするときなどは右腕を動かさなければならいなの
だ。タッチパッドなら指先だけの動きで済むし、左ボタンを押さえるのは左手の
親指がやってくれる。

ノート型パソコンを使い始めて 20 年になると、デスクトップマシンが使いにくく
て仕方がない。マウスを止めてタッチパッドにしようと思ったが、売っていない。
ネットで調べたら輸入物の怪しげで信じられないくらい高価なものしかない。

いっそのことタッチパッド付きキーボードにしようと物色したら、SONY と IBM と
BUFFALO から出ていることがわかった。が、BUFFALO のものは、タッチパッド
が右の端に付いている。そんな位置にあるのでは、まるで意味がない。IBM と
SONY はどちらも私にとって、パソコンメーカーとしては一二を争うくらい嫌いな
メーカーだ。VAIO は 5 台ほど使ったが、全て1年を経たずして故障したため、
二度と買わないと決めてある。IBM は現在は LENOVO になったけど、大昔か
らマシンに余分なものを乗せて来て、必ずそれがトラブルの元になるため、敬
遠したいメーカーである。唯一好きなのはキーボードで、IBM のキーボードは
良い。あれ?今回探しているのはキーボードだ。(^^;

と言うわけで、IBM のキーボードをネット上で物色したら、何とレノボ・ジャパン
の直販が一番安かった。これでは販売店から文句を言われるだろう。

とにかく、ThinkPlus USBトラベルキーボード ウルトラナビ付 を買うことにした。
とっても嫌いな赤いポッチがキーボードの真ん中に着いているけどタッチパッド
も付いているので我慢しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

液晶ディスプレイとその他 2007/06/04

バリバリのマシンはやっぱり気持ちが良い。このところあまり写真も撮らずに
新しいパソコンで遊んでいる。

今日は「はな」が通っている幼稚園の父兄総会と言うことで、ヨメさんと一緒
に行ってきた。事前に渡された総会用の資料を各担当者が読み上げるだけ
で、来年からは絶対に参加しないことに決めた。

帰りに船橋のさくらやへ寄って、キーボードとマウスを購入、キーボードは
DELL のデスクトップ用を使っていたのだけど、キーのストロークが深すぎて、
ノート用のキーボードに慣れた身にはかなり辛い。今まで自宅のデスクトップ
はサーバーであったために、ほとんどキーボードに触れなかったのだけど、
多少文字を打つことが多くなったため、ノートブック風のキーボードに換えた。
テンキーを使って数字を入力する習慣がないので、テンキーの付いていない
短いヤツにしたのだけど、マウスが近くになったので正解だった。マウスも
フツーより少し小さめのノート用ワイアレスにした。USB に繋がっている受信
部を机の上まで延長して、すぐ近くで受信させるとエネループでもちゃんと
通信してくれる。レーザー式と言うことだが、ナカナカ快適である。

データや写真のバックアップを全て新サーバーにコピーし終わったが、まだ
1.2T バイトほど空きがある。しばらくはディスクの空き容量を心配しなくて
良いのはありがたい。

NEC の LCD2090UXi(BK) の使い心地はナカナカ良い。特に NEC のサイト
からダウンロードしてきて使えるようになるディスプレイ調整用のプログラム
でディスプレイの各調整が行えるのが便利だ。普通はグラフィックドライバと
ディスプレイのメニューを使って色合わせを行うのだけど、このディスプレイ
だと、その調整がパソコンから行える。元々発色がニュートラルなので、とり
あえずは無調整で使っているが、問題はなさそう。

あ、Outliner さんから Eye-One をお借りできるようなので、近い将来、発色
はちゃんと調整をしてみよう。しかし、厳密にやるとなると最低でも月に1回く
らいはキャリブレーションしないといけないので、それが問題だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

液晶ディスプレイ 2007/06/02

さて、昨日は久しぶりにお仕事をしなくて良い休日になる予定だったけど一昨
日動かした新しいプログラムにバグがあるらしく、担当者別売上集計でエラー
が出たと言うことなので、直しに行って来た。

午前中で終わったので、秋葉原へ出た。目的はディスプレイだ。一昨晩「ポ
チッ」としたにもかかわらず、ご注文を受け取りましたメールが来ていない。
販売店のサイトには「自動返信がない場合にはお電話ください」となっていた
ので、お仕事が終わった時に倉庫に電話をして連絡を取り、ディスプレイを受
け取りに行った。

「え、歩きですか?」と聞かれた。一応手持ちで運べる様に梱包してくれたけ
どやっぱり 13kg はチョット重い。でも持ち運んだ距離は銀座線末広町の駅ま
でなので 150m ほどだ。西船橋の駅から自宅までは 800m ほどあるので、
配送料と代引き手数料が掛からなかったことを言い訳にして、タクシー代を奮
発した。

実は、ディスプレイを取りに行く前に秋葉原を廻ってグラフィックボードを購入
した。せっかくのまともな液晶ディスプレイなのにアナログ接続では意味がない
と思い、デジタル接続ができ、アナログも同時に接続可能なボードを探し廻った。

パソコンでゲームをやることはないので、ひたすら安いことを条件にして、探した
が、マザーボードと同じ GIGABYTE の GV-NX73G256D-HR に決定。7,700 円。
nVIDIA の GeForce 7300 GS を採用した PCI-Express 用のボードである。私の
使用目的には十分すぎる性能を持っている。

で、繋いで見た。ほぼ予想通りの見え方でかなり満足。今まで使っていたアイ・
オー・データの 15 インチとデュアルディスプレイにして、双方のディスプレイを
じっくり調整。15 インチが経年変化で輝度が落ちているので、NEC も明るさを
合わせるために少し輝度を落とす。色味やコントラストなどやはり今までの液晶
では表現し切れていなかったことがはっきり判る。輝度ムラや色ムラを取る設定
をしなくても、見た目では十分にムラはない。そのうち Outliner さんに Eye-One
を借りて測定してみよう。

まぁ、良い買い物だったのだろう。あ、昨日は写真の日でした。(^^;

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »