« 許容範囲 2007/09/18 | トップページ | 良いとこ、悪いとこ 2007/09/21 »

面倒くさい?難しい? 2007/09/19 に書いた

私の本職はこのサイトにも書いてあるけど、システムエンジニアである。

でも私のような請負システムエンジニアはプログラミングも含めて全て一人で行う。
今日もこれから自分で考えたシステムを具体的なアプリケーションにするためのプ
ログラミングを行うためにお客様の会社に向かっている。(現在電車の中)

今日のプログラムは FAX やハガキで受けた多量の受注を入力代行業者が入力し、
そのデータをエクセルのファイルで送ってくるので(ここまでは先週で完了している)
そのファイルを営業管理システムに読み込んで、出荷データを作成するプログラム
である。

同じ様なプログラムを既に3本作ってある(佐川急便とクロネコヤマトの出荷依頼デー
タの形式が異なり、出荷代行業者からのファイルも違う形で送られてくる)ので、少
しも難しくはない。が、一つでも間違うと売上にならないし、最悪の場合プログラムが
止まってしまう。なので、プログラミングは慎重に行う。と言っても一行一行をじっく
りチェックしながら入力するわけではない。作ったモノをテスト環境で走らせて見て、
間違いない結果を出すまで、正しく書き直すだけの話だ。

で、要するにこれが面倒くさい。(^^;

どうやったら良いかわからない様な難しい仕事は面白いのだけど、どうやれば良いか
が全部わかっていて、それを入力するだけ、いわゆる力(ちから)仕事なので、あまり
面白くはないのだ。でも、やらなければならない。


デジタル画像のレタッチにも、同じ様なことが言える。難しいのか、面倒なのか?

実際にやってみるとわかるけど、レタッチは間違えて元の画像ファイルに上書きで保存
さえしなければ、難しいことは何もない。方法が解らなかったらマニュアルを読めば良
い。それでも解らなかったらインターネットで調べてみれば良い。それでも解らなかっ
たら、使用しているソフトウェアのユーザー、あるいはメーカーに尋ねて見れば良い。
最高に運が悪いと、「それはできません。」と言うこともあるかも知れないが、それは
難しいではなく、できないであるから、やらなければ良い。同じことを別の方法、ある
いはソフトウェアで出来ないかどうかを調べれば良い。

仕事でレタッチをしていた時、レタッチに一番時間が掛かったのは切り抜きだった。そ
れも風になびくロングヘアーの女性を切り抜いた時だ。私の記憶では4時間くらい掛け
て切り抜いた覚えがある。本来なら、そんなに時間を掛けてはいけない仕事であった
が、他の画像にさほど手が掛からなかったため、たっぷりと時間を掛けることが出来た。

もし必要なら、いつでも、自分自身の表現を追求するためにこれくらいの時間を掛ける。
日常生活では横着な私だけど、たまにはのんびりレタッチを楽しんでみたい。でも、
そこまで必死になってレタッチしなければならないほどの写真を撮ることが先決だ。

|

« 許容範囲 2007/09/18 | トップページ | 良いとこ、悪いとこ 2007/09/21 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 許容範囲 2007/09/18 | トップページ | 良いとこ、悪いとこ 2007/09/21 »