« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

拡大撮影 その4 2007/11/28

このところ体調不良。風邪が全然抜けない。仕事も休みがち。頑張らなくては・・・。

少しだけ、ダイアモンドのことを書いておく。

10年ほど前の約2年間くらい、土日だけではあるけど私は主として婚約指輪を
売る宝石店で、販売管理のアプリケーションを作る傍ら、店員さんをしていたこと
がある。

その前の1年位はカットの良いダイヤモンドの上部に特定の角度でリング状の光
源を置いたとき、ダイヤを上から眺めた場合には8本の矢印が、ダイヤをひっくり返
して、とんがっている部分(パビリオン)を上にしてみた場合には8個のハートのよ
うな形が見えることの原理と、ダイヤの各面が何度で研磨されているとどのような
形に見えるかを画像でシミュレートするプログラムを作っていた。

いずれも、私の大学時代の友人がやっている会社のジェムスコープと言う拡大ビ
デオカメラの販売に伴った、頼まれ仕事であった。

今回、その友人が知人から、ダイヤモンドの内包物を鮮明に写した画像が欲しいと
言われて、ジェムスコープの画像が NTSC の出力で、せいぜい 640 x 480 ピクセ
ル程度にしか拡大できず、それ以上大きくしてもさほど鮮明でないことから、私にも
撮らせてくれとお願いして今回の撮影となった。

ダイアモンドの評価には4つの C が絡む。カラット、カラー、カット、クラリティーであ
る。

カラットは単純な重さである。0.2g が 1 カラットで 1g のダイアモンドは 5 カラットで
ある。

カラーはいかにそのダイヤが無色透明であるかでグレーディング(等級付け)され
る。なぜか A ではなく D から始まって、Z まである。特殊なカラーダイアモンドは
別にして、通常ダイアモンドは無色透明が良いとされる。D から Z までのグレー
ディングは必ず、マスターストーンとの比較で行われる。色の色相よりも、濃度が
重要視される。

カットはどのダイヤモンドがどれくらい綺麗に研磨されているかを主として全体の
形から判断される。実際には理想的にカットされたダイアモンドの各構成面の角
度の比率(プロポーション)が数値として決められているので、その値にどれほど
近いかによって、エクセレント、ベリーグッド、グッド、フェア、プアとなる。最近では
フィニッシュとして判断していた各面の研磨の正確さや形、対称性、といった項
目も等級付けの判定に組み込んでいる。

クラリティーは日本では「傷け」とか「内包物」とか言われるが、混じりっけがなく、
美しく澄んでいる状態を言う。グレードとしては FL、IF、VVS1、VVS2、VS1、VS2、
SI1、SI2、I1、I2、I3 となる。実はこのクラリティーの判定が一番難しい。
FL や IF は顕微鏡で見てもダイヤの内部に曇りや異物が見えない状態を言うの
で判定は易しいが、非常に少ない。産出して加工されるダイアモンド全体の1%
以下である。クラリティーを低下させる要因は多岐に渡るため、同じ石を鑑定して
も、鑑定士によって多少の違いが出る。実際には VS1 以上であれば、肉眼では
ほとんど判らない程度のものなので、余計に判定が難しい。

で、今回撮影を頼まれたのは SI1、SI2 クラスのダイアモンドを専門に扱う問屋さ
んが、ウェブサイト上でダイアモンドのクラリティーを画像でお客様に見せることで、
現物を送らず買ってもらえるようにしたいと言うことで、どの程度の画像が得られ
るかのテストであった。

やってみて判ったことはホコリと内包物の判定が難しいこと、光の当て方によって
内包物の見え方がまるで変わってしまうこと。つまり、大変面倒な撮影になり、道
具を揃えても一日に数十枚も適切に内包物の写真を撮ることは非常に困難であろ
うと思われるという結論に達した。

なお、このダイアモンドの直径は約 3mm である。

撮影データ

接写に使用した道具は下の記事を参照してください。ストロボにて照明。
EL ニッコール 50mm F2.8 をリバースで使用。
シャッタースピード 1/100秒 f:16.0

ダイアモンドのデータ
カラット 0.202、カラー D、カット Excellent、クラリティー SI2
小売価格で 10万円~20万円位かな(^^;

| | コメント (2)

拡大撮影 その3 2007/11/21

今日は熱が出てしまい、会社その1を早退した。帰宅する途中で、会社その3から
「チョット来て」とケータイに連絡が入り、チョットだけ寄った。会社その3は東京駅の
目の前にある。

で、帰りがけに東京駅の地下にある「カメラのキムラ」を覗いたら、ペンタックスのスク
リューマウント(つまり M42)の接写リングセットの不完全品、3個ある内の一番薄い
No.1 が欠品しているものを 800 円で売っていた。当然、買いである。

で、家に帰ってきて、全部をつなげてみた。こんな具合である。

これで、ほぼ目的の倍率は確保できた。

下は液晶ディスプレーに映っている、私のサイトの

↑このボタンの真ん中にある SD の文字である。

左右が 7mm なので、約3倍の拡大率である。これ以上の拡大が必要な場合は
レンズをSMC TAKUMAR 35mm F3.5 にすれば良い。

「まんさつ」さんからオリンパスの超有名マクロレンズとベローズをお借りしたいの
は山々だが、とりあえずはこれで行ってみる。

| | コメント (0)

拡大撮影 その2 2007/11/21

昨夜、仕事の合間に接写リング全てとヘリコイドを繋いで、最もカメラからレンズを
離した状態で EL ニッコール 50mm をリバースで取り付けた。それでも倍率が足
りない。

SMC TAKUMAR 35mm F3.5 をリバースで取り付ければ、ギリギリで行けそう。
オークションでキャップやらステップアップリングをいつも出品しているショップで
49mm → 40.5mm と言う非常識なステップダウンリングを見つけた。

このリングを使うと、念願の 49mm → M42 リバースリングができあがる。早速
注文した。

ついでにベローズユニットが出品されているので、入札しておいた。

ベローズとヘリコイドと EL ニッコールを繋げば、50mm でも何とか 4 倍くらいの
倍率は稼げそう。35mm だとワーキングディスタンスが少なすぎで、ライティング
の自由がきかないので、50mm でやってみたい。

なお、下で書いている「ボーグ」と言うのはブランド名で、メーカーはトミーテック
と言う会社だった。鉄道模型なども売っているようだ。

数ミリのものを画面いっぱいに拡大するなどという撮影は大昔にしたことがある
が拡大による露出時間の延長と相反不規のため、シャッター速度を事前に決め
られず、1カットに付き 18 枚くらい撮影した覚えがある。当然ストロボは使えず、
定常光での撮影であった。

今はまるで事情が違う。まず撮影後すぐに写真が見られるので、ライティングは
ストロボで行える。マニュアルで調光可能なストロボがあれば、それでOKだ。多
灯ライティングをすることも容易。とにかく、実際に撮ってみてライティングの良し
悪しを判断できるのだから、これほど楽なことはない。

当然マニュアル調光によるストロボなので絞り値はどうにでもなる。絞り値を先
に決めておいて、ストロボの調光と設置距離で明るさを調整することも可能だ。

今回の場合、暗視野が指定されているので何らかの方法でダイヤを浮かせなけ
ればならない。が、撮影後にレタッチすることが可能なので、セロテープに貼り付
けて浮かしてやれば何とかなりそう。

撮影は今月の末になりそう。うまく行ったら、皆様にお見せできるよう、クライア
ントにお願いしてみる。

| | コメント (2)

拡大撮影 2007/11/20

このところ、超多忙である。会社その1の営業管理システムに新しいプログラムを
追加する仕事が予想以上に手間取っている。

別の会社では日報システムの追加を依頼されている。

友人のお客さんからはダイアモンドの内包物をデジタル一眼で大きく写して欲しい
と頼まれている。

土日にも仕事をしないと追いつかない。今週の金曜日は甥っ子の結婚式、土曜日
は千葉のカラオケ屋さんがホールを改装したので、写真を撮ってくれと頼まれてい
る。本当に多忙である。


で、現在直径 2~3mm 程度のダイヤモンドの内包物を撮影するためのツールを
物色している。シグマ SA マウントでは、拡大撮影(1:1 以上の倍率での撮影)は
難しい。が、とりあえずペンタックスの K マウント用のリバースアダプターを落札し
た。使えるかどうかは物が来てみないとわからない。

ボーグと言う天体望遠鏡関連のアクセサリーを作っているメーカーが M42 用の
ヘリコイドとそのヘリコイドに EL ニッコールをリバースで取り付けるリングを出して
いるので、これも買って見た。売ってしまおうと思っていた EL ニッコールが使える
のはありがたい。

さらに古いペンタックスの接写リングセットも中古で入手した。これらの組み合わ
せで、何とかなるとは思うけど、やってみないと判らない。一番欲しい M42 用の
リバースリングがなかなか見つからない。49mm でも 55mm でも良いのだけど、
どなたか M42 用のリバースリングをお持ちの方がいたら、貸して欲しい。

今まで SD で 1:1 以上の拡大撮影を行ったことはない。が、とりあえずは EL ニッ
コールをリバースして、M42 ヘリコイドと接写リングを併用することで 5:1 くらいの
拡大までは出来るかも知れない。SMC TAKUMAR 35mm と接写リングでも何と
かなりそうだけど、1:1 以上に拡大する場合にはリバースさせないとあまりきれい
な写真にならないことが判っているので、悩んでしまう。

| | コメント (0)

色の悩み。 2007/11/14

プロのレタッチャーに正しい色の出し方を聞いてみた。が、ケースバイケースと言う
答えが返って来た。さらに、常に目標となるのはクライアントがOKしてくれる色で
あって、それがすなわち出さなければいけない色であると言うこと。

さらには、「正しい色」を正確に出すためには最終的に出力される媒体とそれを観
察するための環境光が指定されなければならないため全く実用的でないと言う。
結局、標準的なディスプレイ環境と校正出力環境を作っておいて、その状態でク
ライアントに提示し、了解を得るのが通常の方法であるとのこと。

実際の印刷物に対する色指定は標準的な校正出力によってプリントされたもので
行われ、ほとんどの場合、それとほぼ同じ状態で印刷されるので、大きな問題は
ないと言うことだ。

ウェブ用の画像に関しては Eye-One を使って正確にキャリブレートされたナナオ
の CG211 の画像で確認してもらい、それを標準としているとのこと。

こう言ったプロの話が我々アマチュアカメラマンの色味に対するこだわりに何らかの
役に立つかどうかは、人それぞれの判断が異なるので何とも言えない。が、私が
思ったことは、自分自身の写真の色は自分自身で決めると言うことだ。もちろん、
可能な限り正しい色を再現することを目的とすることもあるわけで、そんな時のた
めには正しい色の出し方を知っていなければならない。

が、ここで再び正しい色とは何かという問題が出てくる。下の画像は私が画像掲
示板に貼った「風景を撮影する際にカスタムホワイトバランスを取って撮影したら、
こんな色になりました。」と言うサンプルである。で、これが正しい色なのか?
実際の色はもっと黄色みが強く、ホワイトバランス「晴れ」で撮った写真の色に
近かった。

       
左:カスタムホワイトバランス  右:ホワイトバランス「晴れ」


カスタムホワイトバランスを取ると言うことは光源の色の偏りを無くそうとすること
に他ならない。が、実際の光源の色が黄色に偏っていて、その光に照らされた風
景が、黄色みを帯びて見える時に、その黄色みを取ってしまうことは正しいことな
のだろうか?

特に風景写真とかスナップ写真の場合、見えているまんまではない色に変えてし
まうことが正しいことと言えるのだろうか?

まぁ、そんなことを言い出すとホワイトバランスって何?と言う話になってしまい
堂々巡りとなる。色の悩みは尽きない。


本日、maroのウェブサイトは 50 万アクセスをカウントしました。ご覧頂いている皆
様、ありがとうございます。100 万アクセスを目標にのんびり頑張ります。

| | コメント (0)

MACRO 70mm F2.8 EX DG 2007/11/11

チョット無理をして MACRO 70mm を買ってしまった。12-24mm がそこそこの値段で
売れたので、何とかなりそう。

で、早速テストしてみた。今まで私が使っていた 70mm は Outliner さんの所有物で、
必要に応じてお借りしていたものだ。その 70mm の描写と直接比べてはいないけど、
ほとんど同じ。良い描写をする。ズームレンズではないし、広角系のレンズでもないの
で、元々個体差は出にくいと思われる。

現在手持ちのレンズで 70mm をカバーしているのは 17-70mm、50-150mm、
18-200mm OS の3本だけで、17-70mm と 50-150mm に関しては既に比較撮影
をしている。が、よく考えてみたら SD10 での比較だったので、SD14 でもやってみた。

結果的には SD10 でテスト撮影したものとほとんど変わらない。

18-200mm OS と MACRO 70mm を比較するのはチョット可哀想なのだけど、
18-200mmが意外と健闘しそうなのでやってみた。結果はレンズテストをご覧頂け
ればわかるけど、18-200mm 単体で見ているときにはそうでもないが、やはり周
辺部の描写は格段にマクロの方が良い。

過去に散々褒めちぎって来た MACRO 70mm だけど、やはりその実力はすごい。
現在発売されているシグマ製レンズの中では最も良い描写をすることは間違いない。

正直、現在の描写力でも既にフィルムやセンサーの解像度を軽く上回っていると思
われるので、ある意味でオーバースペックなレンズではある。いずれにしても、現在
のレンズ設計技術、製造技術の頂点であることは確かで、このレンズの性能を上回
るものを作るのは容易ではないだろう。

| | コメント (0)

コストパフォーマンス 2007/11/09

見知らぬ方からメールを頂いた。私のウェブサイトを見て SD14 が欲しくなり購入す
る予定だが、レンズは何にしようというご相談だった。

将来的にはフルサイズになるだろうから DG にしようかと思うと書かれていたので、
フルサイズの SIGMA SD は当分出ないと思われるので、DC のが良いでしょうとお
返事しておいた。

また、予算が許すなら CANON EOS 5D、さらに許すなら Nikon D3 のが良いので
はないかと思いますとも書いた。

SD14 は最も安価に私が納得の行く画質を提供してくれるカメラだ。が、カメラとし
ての諸性能にはイマイチ不満が残る。しかし、無い物ねだりをしても仕方がない、
こちらが頑張って、何とか思った通りの写真が撮れるよう頑張るしかない。

画質だけで考えると、CANON EOS 5D と SIGMA SD14 は一長一短。EOS 5D の
写真に時々見られる偽色は好きになれない。何よりもレタッチで消すのがえらく
面倒。SIGMA SD14 の精緻に描写された暗部に出るノイズも嫌いだ。これもレタッ
チで簡単に消すことができない。ISO50 でかなり緩和されるが、その代償は決し
て少なくない。特に私のように動き回るものを撮影する場合にはチョットしんどい。

私に Nikon D3 を使うべきだとのご提案を頂いた。おそらく今月の末には出てくる
だろうけど、メーカーのサイトにある作例をじっくり見た限りでは、とても良い画質だ。
ただ、実際にカメラが市場に出て、それによる一般ユーザーの作例で判断してみ
ないと何とも言えない。が、楽しみなカメラであることは確かだ。

ただ、残念なことに私はかなり貧乏だ。(^^;

確かに何とか工面すれば Nikon D3 が買えなくはない。が、その投資がお金を生
まないと、ヨメさんに言い訳ができない。お金を生まなくても許される限界が SD14
である。

このサイトの「SIGMA SD9 について」に書いてあるけど、私がデジタル一眼レフを
選択したときの基準はたった2つ、画質と価格である。レンズも含めたシステムと
しての価格とその金額で得られる画質を考慮すると、現時点でも SIGMA SD14 を
選択したことが間違いではなかったと思っている。

趣味の世界にお金の話を持ち込むことは無粋かも知れない。が、自由に使える金
額に上限がある以上、その金額の中で最も自分自身が納得できる道具を選択し、
遊ぶことはある意味必然で、それを無粋と思われてもあまり気にはならない。

| | コメント (1)

ヘボカメラマンの嘆き。 2007/11/07

2ちゃんねるで、私はレンズテストにしか興味がないと書かれてしまった。(^^;

で、それを強く否定できない自分自身がいる。写真に対する私の取り組み方は確
かに少し変だ。

SIGMA SD やレンズに関する情報を掲載している理由もイマイチはっきりしない。

「はな」の写真を皆さんに見てもらいたいと言うのが主たる目的の一つではあるけど、
そのための客寄せパンダとしてカメラ、あるいはレンズの情報を掲載しているような
気もしないではない。

逆に私自身の SIGMA SD あるいはシグマ製レンズに対する興味を満足させるため
に、「はな」をだしに使っていると言う見方も出来る。

そもそも、この「雑記帳」と「maroのウェブサイト」の存在意義すら、あって無いような
ものだ。

幸か不幸か、このブログやサイトを維持していることで報酬を得ているわけではない
ので、いつ止めても生活に困るわけではない。

逆に何らかの義務感で続けているわけでもない。イヤになったらいつでも止められる。
でも、イヤになる可能性は少ないので、しばらくはこのまま続けて行くのだろう。


もっと写真がうまければ、それで皆さんの目を楽しませることが出来るのだろうけど、
そこまでの力量がない私としては、せめて「ちゃんと写っている写真」を掲載すること
を目標にすることしかできない。

でも、世の中にはこのサイトの情報を喜んでくれる人もいる。少しは他人様の役に立
てていることで、私の自己顕示欲もかなり満たされる。

まもなく「SIGMA SD のための maroのウェブサイト」も50万アクセスに届く。残念な
がらネタがないので、50万アクセス記念のイベントは予定していないけど、これから
も当分の間、こんな調子で続けて行くでしょう。

| | コメント (0)

ストロボの修理 2007/11/05

買ったばかりで殺してしまった PE-60SG の修理を頼もうと東京圏で唯一のナショナ
ルストロボの認定修理店である長谷川工作所に電話をした。

「スミマセン。連続発光のしすぎでチャージしなくなってしまったのですが、修理に要
する期間と金額はいかほどになりますでしょうか?」

「ああ、部品があればその場で直せます。金額は2~3千円くらいです。ただ、現在
部品が切れているので、2~3日お待ちください。」

「わかりました。それではお訪ねする前に電話を入れてから、伺います。」

意外と簡単に、しかも安く直ってくれそうだ。チョット安心。おそらく部品とは温度ヒュー
ズだと思うけど、部品だけ売ってくれないかなぁ。(^^;

| | コメント (0)

12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM 2007/11/05

先月の中頃、中古の 12-24mm を入手した。なぜか 17mm の位置で自動絞りが動
作不良。撮影した後、絞り羽根が開放にならない。さらにわずかな片ボケもあった。

シグマさんに送って修理、調整をしてもらい、テスト撮影。10-20mm と比較したけど、
画面中心にピントが来ると周囲が甘くなり、周囲にピントが来ると中心が甘くなる。
いわゆる像面湾曲が見られた。元々暗いレンズなので f:8.0 でテストしたのだけど、
画面全体をシャープに描写するには f:11 くらいまでの絞り込みが必要なようだ。

10-20mm もそうなのだけど、AF がイマイチ。超広角レンズの場合は被写界深度が
深いため、どうしても AF の精度が落ちる。これくらいの広角になると、はやり目測で
のマニュアルフォーカスが確実である。

10-20mm より良い描写をすることは初めから期待していなかったのだけど、しっかり
調整された 12-24mm がどれくらいの描写をするのかに興味があったのが購入の動
機で、テストした結果は、ほぼ予想通りであった。

f:11 以上の絞り込みが必要なレンズを常用するのはチト苦しいのと、10-20mmを既
に所有していること、SA-7 でこのレンズを使う予定はないことから、やはりお嫁に出
すことにした。将来的には 35mm フルサイズの FOVEONを搭載した SD が出るかも
知れないが、当分の間出ないだろう。

いずれにしても 35mm フルサイズをカバーする 12-24mm と言う超広角ズームレンズ
は世界中にこのレンズしかない。必要な方は購入すべきである。上手な使い方は、な
るべく絞り込んで、目測でのピントを合わせが良いと思う。

水平を出すことが重要な場合には、手持ちではなく三脚での使用をお薦めする。
手ブレ以上に、手持ちでの正確な水平出しは意外に難しいモノである。


実は日曜日に大間抜けな失敗をした。マニュアルにはしっかり「フルパワーで連続
発光させる場合には 20回に付き 15 分程度休みながら使用すること」と書いてある
のに、それをすっかり忘れて、40 枚ほどフルパワーで連続撮影をしてしまった。

買ったばかりの PE-60SG はあっさりとお亡くなりになりました。(^^;

| | コメント (2)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »