« やるべき事が多すぎ。 2007/12/22 | トップページ | 仕事中だけど・・・ 2007/12/29 »

APO 50-150mm F2.8 II EX DC HSM 2007/12/26

50-150mm II をテストした。が、旧タイプと比較して明らかに良くなっている様な印象
は受けなかった。もしかすると私の持っていた旧タイプがアタリレンズで、新レンズが
フツーなのかも知れない。それでも、かなり良いレンズであることは確かだ。

50mm から 105mm までは相変わらず非常に良い描写をする。が、150mm では少し
だけ良くなった様な感じではあるが、まだ、わずかに甘い。旧タイプで気に入らなかっ
た望遠端での描写の甘さは、大きく改善されてはいない。倍率色収差も目立つ。

旧タイプもそうだったのだけど、わずかにピントがぼけたハイコントラストな部分にブルー
のハロが目立つ。気にし出すと気になる点である。

クローズアップでの描写が良くなったとのことなのだが、簡単に比較テストを行った限り
においては、さほど顕著な差は認められない。お正月休みにじっくり比べてみよう。

70mm あたりでわずかな片ボケが認められる。許容範囲ではあるが、チョット気に入ら
ない。販売店に相談してみよう。


今日、SD14 と 30mm が帰って来る。共に AF の調整が行われたとのこと。30mm の
片ボケは許容範囲との事で、直っていないかも知れない。

実際に写真を撮っていて、片ボケが気になるのは風景写真や平面的な被写体の撮影
においてのみである。元々 30mm F1.4 は描写力を求めて使うレンズではないので、
多少の甘さがあるのはいたしかたない。特に周辺部のポケっとした描写はそれを生か
した写真を撮れと言われているようで、嫌いにはなれない。

もちろん、私の好みではない。私の好みは MACRO 70mm F2.8 のようなカリカリな
描写である。何度も同じ事を書くけど、カリカリをポワポワな写真に変えるのは簡単だ。
逆は出来ない。また、やったとしても不自然にカリカリな写真ができあがるだけだ。

だが、30mm F1.4 と言うレンズは他にないし、明るい標準レンズというのはそれだけで
持っている価値があることは確かだ。調整の結果がどうであれ、とりあえずは手元に置
いておこう。

|

« やるべき事が多すぎ。 2007/12/22 | トップページ | 仕事中だけど・・・ 2007/12/29 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やるべき事が多すぎ。 2007/12/22 | トップページ | 仕事中だけど・・・ 2007/12/29 »