« SPP 2.3 2007/12/09 | トップページ | 50-150mm F2.8 II を予約 2007/12/18 »

SD14 の里帰り 2007/12/11

年末進行というわけではないけど、このところ仕事が忙しい。と言いつつレンズの
テストなどをしている。土日くらいは趣味に時間を使っても許されるだろう。

あと2週間もしないうちに 50-150mm F2.8 II EX DC HSM が発売になる。幸か
不幸か売ろうと思ったとたんに新型が発表になったため、売値を少し下げざるを得
なかった。クヤシイ。(^^;

望遠端の描写にわずかな甘さがあるために売ってしまったのだけど、代わりとなる
レンズがマクロ 50mm、マクロ 70mm、マクロ 105mm、80-400mm と言うのは釈然
としない。

やはり 50-150mm は SD 用の望遠ズームレンズとして非常に有効である。常用し
て不満が出る画質ではないし、気軽に望遠を使いたいときにはとてもありがたいレ
ンズだ。

う~~~~n。やはり 50-150mm は売るべきではなかったか。

50-150mm を再度買い直すとした場合、普通なら旧タイプの中古品を探す。が、
今回は、改良型とアナウンスされている新型が出る。多少無理してもここは新型
を購入すべきだろう。DP1 のためのへそくりを取り崩そう。


30mm F1.4 をシグマさんに送ったら、カスタマーサービス部のM氏より、ボディも
送ってくれるとありがたい旨のメールが入った。

SD9 を使い始めた頃は AF がうまく動作しないのは 100% ボディに原因があると信
じていた。なぜなら、合焦しているかどうかを判断するのはボディに内蔵されている
AF システムだからだ。AF システムが合焦していると判断しなければ、レンズに
信号を送ってモーターを動かして合焦させるはずで、合焦していないのに合焦して
いると判断してしまうのはボディの AF システムが正しく働いていないからである。

この理屈は、理屈としては正しいと思うのだが、現実はそうではない。以前
70-200mm F2.8 EX DG MACRO を入手した際に、あまりに AF が合わないので、
シグマさんに問い合わせたら、おそらくレンズのせいなので送ってくださいと言わ
れて、そのときはレンズだけ送って調整してもらった。驚くほど良くなって帰って来
たので、そのとき私はレンズが原因で AF が合わないと言うことがあり得るのを身
をもって体験した。

詳しくは知らないが、モーターに「止まれ!」と信号を送っても、直ちにその位置で
止まるわけではなく、幾分かの慣性による移動を伴うらしい。その移動分をあらかじ
め予測して、少し手前で「止まれ」の信号を送るようだ。その加減がレンズによって
異なるらしい。

HSM は特にブレーキ性能が良すぎて、素早く止まりすぎるのかも知れない。その
アタリの調整がビミョーで、特に 30mm F1.4 の様に極端に浅い被写界深度のレン
ズの場合は、ボディにもそのレンズ固有のパラメータを覚えさせる必要があるのか
も知れない。

この辺の本当のことは解らない。企業秘密の部分でもありそうなので、詳しいこと
は教えてくれないのだろう。

SD10 があるので撮影には困らないが、SD14 を里帰りさせるのは少しさみしい。

|

« SPP 2.3 2007/12/09 | トップページ | 50-150mm F2.8 II を予約 2007/12/18 »

コメント

SD14+30F1.4僕も今調整に出しています。レンズキットでもセットした状態での調整は行っていないそうです。
おそらく多くの方が調整に出されているのではないかと想像できますが組み合わせが確定しているキットでは調整しといて欲しかったと思います。

レンズキットの箱なんですが、30F1.4と表示されているの がシールであることに気が付き、そっとはがしてみると下 には17-70がプリントされていました。
同梱品の説明もシールだったのでそれも確認すると、英語で書かれていました。
海外では17-70のキットで販売されているのかもしれません。
それか、キットレンズを箱印刷後に急遽変更したか、、(^^;

望遠レンズですが50-150良さそうですね。
以外に早くマイナーチェンジした感じがします。
現在標準ズームを持っていないので17-70と18-50f2.8で迷っている段階です(お勧めレンズを参考にさせて頂いております)

17-70の幅はやはり便利だと思います。
18-50の開放2.8通しの魅力も捨てがたいですし。
悩みます。

他の方も書かれてましたがどうせなら50-150と70-200にOSが付いて欲しかったです。
これは次回フルモデルチエンジのお預けになってしまいました。

SD14+10-20で適当に撮影してみましたが、服の綿表面の質感が撮影できていたのに少し驚きました。
他のデジイチを知りませんので比較はできませんが、生地の質感が伝わってくる感じです。
これがフェビオンなんでしょうか?

余計なモード設定が無い分、勉強することも多いですが少しでも使いこなせるようになりたいです。

投稿: あつし | 2007.12.11 12:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SPP 2.3 2007/12/09 | トップページ | 50-150mm F2.8 II を予約 2007/12/18 »