« 梅雨入り 2008/06/03 | トップページ | おしゃれな三脚 for DP1 2008/06/06 »

APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM 2008/06/05

来週あたり 120-400mm OS が借りられそうだ。前に書いた通り 80-400mm と
比較して、良い方を残す。同じくらいなら 80-400mm を残す。わずかでもレンジ
が広いことと、私の 80-400mm はチョット人様にお譲りしにくい事情があるから
だ。(^^;

シグマのレンズカタログから構成図を拾って並べてみた。

見てお解りの通り、以前の APO 135-400mm F4.5-5.6 DG は他の2本とは全く
異なるレンズ構成を持つ。

80-400mm と 120-400mm は違うように見えるけど、よく見ると非常に似ている。
違いはほぼ中央にある SLD ガラスの凸レンズの直後にレンズが一枚増えてい
ることと絞りの位置が異なることだけだ。

もちろん各レンズの厚みやカーブは異なると思うが、全体的な構成はほぼ等しい。
この構成図を見る限り 120-400mm のが良い描写をすると思うけど、その差を実
際に判別できるかどうかはわからない。

私の 80-400mm はレンズテストをご覧いただければわかる通りかなり良いレン
ズで、他のF値固定の EX シリーズズームレンズよりほんのわずか甘いかな? 
と言ったレベルの描写をする。当然、手持ちで撮影するとなれば、OS がその威力
を発揮するので、私は他の DG 望遠ズームを持っていない。

80-400mm の欠点はオートフォーカス動作が遅いことだ。シグマ製レンズの中で
唯一 HSM でないフルタイムマニュアル可能なレンズではあるが、その特殊性の
せいか、ピントを調節する際にはフォーカシングリングをかなり回さないといけない。

多分 120-400mm にはこの欠点はないだろう、この点を考えると、描写力が同じ
なら 80-400mm を残すと言うアイデアは賢明とは言えない。


実用性と描写力を秤に掛けた場合、どうしても望遠ズームは OS 付きを選んでし
まう。手持ちで追いかけながら撮影し、可能な限り手ブレを軽減する必要がある
場合には、より描写力が高いズームより、OS 付きを選択する方が良いと思って
いる。

望遠レンズを必ず三脚に載せて使う方には OS は必要ない。もちろん、レンズの
描写力を完全に引き出すためには手持ちで撮影すること自体、やってはいけない
ことだ。しかし、現場では三脚を立てている時間がなかったり、三脚を用意してい
なかったり、まぁ、色んな事が起きるわけで、苦しいときの OS 頼みとなるケース
は多いだろう。

懐にゆとりがあれば、80-400mm と 120-400mm の両方を所有し続けるのだけ
ど、どう考えても無駄であるのは間違いない。

しかし、せっかくシグマさんが特別に作ってくれたシリアルナンバー 1000001 を
持つレンズを売ってしまうのは裏切り行為ではないかと思い悩んでいる私である。

|

« 梅雨入り 2008/06/03 | トップページ | おしゃれな三脚 for DP1 2008/06/06 »

コメント

はじめまして、いつも拝見させていただいております。
私は先月末に妻に内緒で、一部機材を売り、70ミリと
120-400を購入しました。120-400は遠くに僅かに見
える雪山を撮るためです。これだけの望遠レンズは初めて
使用するため、私の実力では本当の描写力を発揮させる
ことは無理と認識しています。ということで、レンズテスト
楽しみにしております。

投稿: T.One | 2008.06.06 01:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨入り 2008/06/03 | トップページ | おしゃれな三脚 for DP1 2008/06/06 »