« 疲労困憊。 2008/09/07 | トップページ | APO 100-300mm F4 EX DG HSM。 2008/09/09 »

ズームか単焦点か・・・。 2008/09/08

一般的に描写力を求めるのであれば単焦点、移動している被写体を撮るには
ズームと言われている。この原則は正しい。

最近のズームレンズは十分に良い描写をするので、描写力を求める場合に使っ
ても最終的に出来上がった写真に必要とされるクオリティーがあるのならOKだ。

単焦点レンズで写したものとズームレンズで写したものを並べて比較してしま
うとやはり単焦点レンズの描写力は優秀であることがわかるが、そこまでの描
写力に対するこだわりがないのなら、単焦点レンズは不要である。

もちろんどの様な被写体をどの様に撮影するのかによって必要なレンズは決まっ
て来るので、全ての場合において単焦点レンズは不要であるとは言えないが、
十分に良いズーム、例えば 50-150mm F2.8 II EX DC HSM のようなレンズがあ
れば、極端な話50mm から 150mm までの単焦点レンズは要らないと言っても
過言ではない。

ただし、50-150mm では極端な近接撮影はできないし、コントラストが高い被写
体が背景に有ってボケた場合、その明度差のある部分に色収差のようなハロが
出ることがあり、やはり MACRO レンズと同等の描写力とは言えない。

「十分に良い」で満足するか「さらに上の描写」を求めるかの差がそこには存在する。

ただ、初めに書いたように移動する被写体を追いかける場合には、単焦点レンズで
は思うようなフレーミングができない場合が多い。同じ移動体撮影でもいわゆる「置き
ピン」をして被写体を待って撮影する場合には、事前に十分な吟味ができるため、単
焦点レンズであっても、納得の行くフレーミングができることは多い。そのあたりは
撮影する被写体と条件によって変わってくるためどちらが良いと断言することは難し
い。

可能な限り描写力の高い写真を求める場合や動かない被写体を撮影する場合には
単焦点レンズを使うべきだろう。DP1 の 16.6mm に始まって、20mm 以上の焦点距
離ではほぼ必要と思われる単焦点レンズは揃っている。10mm から 18mm までの
単焦点が無いのが残念だけど、10-20mm DC が十分に良いため高い単焦点を出
しても売れないという判断が働いているのかも知れない。

実際問題としてミラーボックスがある限り、広角レンズはレトロフォーカスタイプでなけ
ればならないし、テレセントリックの問題もあるようなので、倍率色収差の低減が難し
いのかも知れない。

どのレンズが必要、あるいは最適なのかは各個人の撮影スタイルや主たる被写体の
種類によって大きく異なる。また、求める描写力が単焦点レンズでなければ満足でき
ない方もいれば、写っていればそれで十分という方もいるだろう。

でも、SIGMA SD のユーザーであると言うことは「写っていればそれで十分」と言うタ
イプの方はでないと考えるのが順当だろう。

価格や重さ、大きさを考慮した場合にはさらに難しい選択となる。理想的には両方を
持っていて、適宜使い分けることが必要なのだろう。お金の問題や移動手段、撮影
目的など多くの要素が絡み合ってくるため、実際には各個人の判断、選択となる。

|

« 疲労困憊。 2008/09/07 | トップページ | APO 100-300mm F4 EX DG HSM。 2008/09/09 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 疲労困憊。 2008/09/07 | トップページ | APO 100-300mm F4 EX DG HSM。 2008/09/09 »