« 個体差 その3 2009/02/02 | トップページ | 多忙で睡眠不足 2009/02/04 »

個体差 その4 2009/02/03

昨晩、新たに入手した SD14 にレンズを付けて部屋の中を撮ってみた。気がついたことはたった一つ、シャッター音が古いものより少し小さい。多分単純な経年変化で古いボディはブレーキの効きが悪くなっているのだろう。

それ以外は特になし。昨日書いている各自動制御システムの安定性に関しては多量に撮ってみないと判らない。

SD14 の大きな欠点の一つを書き忘れていた。内蔵フラッシュの露出制御だ。SAマウントは撮影時の距離情報をボディに伝えない(多分)。だからフラッシュの調光は事前に一度光らせておいて、返ってきた光の量で行われる。

なのでそのときの被写体と背景との距離差や明度差によっては不適切な調光が成されてしまうことがある。そこまでは許すとして、その後フラッシュの調光補正を行っても、それがうまく働かないことが多い。

滅多に使わないのであまり気にはしていないのだけど、暗い場所でのスナップでは、内蔵フラッシュを使うことが多いと思うので、そういった写真を撮る機会が多いユーザーにとっては大きな欠点となる。

ただ、これに関してはしっかりテストを行った事がないので、近いうちにちゃんとテストしてみよう。

今、時間は午後 10 時。会社その3でお仕事中。これを書いているパソコンで非常に時間が掛かる集計作業をやらせながら、同時にこの文章を入力している。前のマシンだと、これをやるととてつもなくレスポンスが悪くなって、実用にはならなかった。Core2 Duo の恩恵に浴している。

ついでにアップもしておこう。

|

« 個体差 その3 2009/02/02 | トップページ | 多忙で睡眠不足 2009/02/04 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 個体差 その3 2009/02/02 | トップページ | 多忙で睡眠不足 2009/02/04 »