« 多忙で睡眠不足 2009/02/04 | トップページ | 短い一週間 2009/02/06 »

三脚の耐荷重って??? 2009/02/05

有楽町でマグロレンズが展示される件で三脚の耐荷重を調べているときに変なことに気がついた。

私がつい最近購入した、GITZO の GT5531S であるが、ボーゲンのサイトにあるデータを見ると、まだこの三脚は掲載されていなくて、旧タイプのまま

GT5530S - 5シリーズ 3段 システマティック 6Xカーボン 最大耐荷重: 25kg

となっている。そして同じシリーズの同じカーボンが

GT5540LS - 5シリーズ 4段 システマティック ロング 6XカーボンGT5560SGT - 5シリーズ 6段 システマティック ジャイアント6Xカーボン

とあって、この3種類とも全てが最大耐荷重:25kg となっている。

これは、どう考えてもおかしい。共通しているのは一番太い脚の直径が 41mm であることだけで、あとは、3段、4段、6段の三脚である。なぜ6段の三脚の耐荷重と3段の耐荷重が同じなのだろう?

3段の一番細い脚の直径は 32mm、6段のそれは 20mm である。私は三脚の最大耐荷重は一番細い足の太さとその材質、締め付け強度で決まると思っていたけどジッツオの基準は全く異なっているらしい。

つまり一番太い足の太さと材質に基づいて最大耐荷重を表示していると言うことだ。逆に言えば、ジッツオの最大耐荷重は脚を全く伸ばしていない状態を基準にしていると言うことなのだろう。カタログには「ジッツオの三脚シリーズナンバーは、脚の最上段の直径で決められます。ナンバーが大きくなるほど、捻れ剛性や耐荷重が大きくなり、伸高も高くなります。」と書いてある。つまり、段数と耐荷重には関しての記述は無い。常識的には、脚を伸ばした場合に耐荷重は変わると思うのだけど・・・。

いや、ジッツオの場合には脚の直径で耐荷重が変わると言うことだから、同じ5シリーズでも3段をいっぱいに伸ばしたときの耐荷重は3シリーズと同じ 18kg で、6段をいっぱいに伸ばした場合は 5kg ということか???

いい加減というか、ごまかしというか、カタログやウェブサイトに最大耐荷重の決め方や測定方法を記述して欲しいものである。

ただ、これはジッツオだけではなく、他の全てのメーカーも同様で明確に測定方法や条件を明示しているところは無い。困ったものだ。

|

« 多忙で睡眠不足 2009/02/04 | トップページ | 短い一週間 2009/02/06 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 多忙で睡眠不足 2009/02/04 | トップページ | 短い一週間 2009/02/06 »