« 短い一週間 2009/02/06 | トップページ | マグロレンズを覗いた感想 2009/02/08 »

マグロレンズを見に行った 2009/02/07

有楽町のビックカメラに 200-500mm F2.8/400-1000mm F5.6 EX DG HSM を見に行った。でかいという印象があったけど、現物をじっくり見てみると意外と小さい。

何に乗っていたかと言うと、マンフロット 536 ビデオ用カーボンファイバー4段に同じくマンフロットの 526プロフリュードビデオ雲台。脚の最大荷重は 25kg、雲台は 16kg。う~~~n。ビデオ用三脚に乗せてくるとは予想外だった。予想は大外れ。

サブタイトル:maro も歩けば その2
その後東京駅の近くの会社その2で少しお仕事。で、その帰りに会社その1の頼まれ買い物で秋葉原に HDD を買いに行った。その途中でかなり怪しげな中古カメラ店を見つけた。インド人の方が店主のようで、並んでいる品物も一歩間違えればジャンクに近い。変なものが高くて、まともなものが安かったりする。何気なくレンズを見ていたら他のレンズ達とは離れてポツンと置かれていた嘘みたいにきれいな SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX を見つけた。リアキャップを外してマウントを見たら・・・なんと SA。

早速、店主に価格交渉。

私 「このレンズ、何用だか知ってる?」店主「シグマ」【げ、知っていた。】

私 「売れないでしょう?」店主「そう。シグマのカメラにしか使えない。」

私は首から SD14 を下げていた。

店主「そのカメラ、シグマでしょ?」私 「そ、そうです。」

店主「買わない?」私 「安くしてくれたら・・・。」店主「これ以上安くならない。」私 「う~~~n。いただきます。」

決して安くはなかったが、高くもない価格だったので、結局ゲット。

早速家へ帰ってきてテスト撮影。あとでレンズテストにもアップしておくけど DG と比べてほとんど差はない。

シリアルナンバーからすると本当に初期のレンズで、現在のものと塗装も異なる。

今でこそほとんどのレンズが EX シリーズになっているが、実はこの MACRO 105mm F2.8 EX が一番初めの EX なのだ。

それにしても新品のレンズには当時 EX のエンブレムが傷つかないように保護シールが貼ってあったのだけど、そのシールがまだ付いたまま。外観もレンズもあきれるほど綺麗。一言で言えば新品同様である。





上の比較撮影をしいて私の MACRO 105mm F2.8 EX DG は AF が動作しない事に気がついた。モーターが回っているのに、レンズが前後しない。会津に里帰りだ。修理から帰って来るまでしばらくこの旧タイプを使おう。

|

« 短い一週間 2009/02/06 | トップページ | マグロレンズを覗いた感想 2009/02/08 »

コメント

近くにあった24-70は新しい奴ですよね。
値札は旧のようでしたけどw

投稿: は | 2009.02.08 18:22

ビデオ用雲台には、おもわず、ほくそえんでしまいました。盲点です・・・
で、覗いた感じ等を期待して読み進んだら、インド人のマジックではぐらかされてしまいました・・・
覗くだけでも楽しかったのでは?
続きを期待しています。

投稿: ken | 2009.02.08 00:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短い一週間 2009/02/06 | トップページ | マグロレンズを覗いた感想 2009/02/08 »