« イロイロ 2009/02/09 | トップページ | 柔はよく剛を制さなかった。 2009/02/11 »

柔よく剛を制す・・・かな? 2009/02/11

omo さんから三脚の剛性についてコメントを頂いた。かなりしつっこく三脚のテストをした結果、大きくて頑丈な三脚でも使い方が悪ければブレるし、実用上は普通の三脚であればほとんど問題ないことも解った。

ただ、ここで「普通の」と言っている三脚は写真に興味のない人にとってはとてつもなく大きい三脚と感じられるかも知れない。敢えて製品を並べると、マンフロット 055 シリーズ、ジッツオ3型、スリック 813、913、700DX、ベルボンネオカルマーニュ 635、730 クラスのことだ。

よく考えて見れば判ることなのだけど、振動しない三脚はない。どんな三脚でも一眼レフのミラーが上がったときに起きるショックで振動する。が、幸いなことにある程度の三脚であればフォーカルプレーンシャッターが動作するときのショックではほとんど振動しない。だから三脚を使って撮影するときにはミラーアップをして、振動が収まってからシャッターを切る。このセオリーさえ守ってやれば大丈夫だ。

三脚の剛性が高いことは重要だと思うけど、ガチガチであっても振動することはあるし、ある程度の振動吸収性を持っている方が、早く振動が収まると思われるので結果的には良いのかも知れない。

時間が出来たら2種類持っているジッツオのフラットプレートを取り替えながら撮影してみよう。アルミだけのプレートと「テクノポリマー製のセーフロック」付きのプレートで差が出るのかどうか・・・。


|

« イロイロ 2009/02/09 | トップページ | 柔はよく剛を制さなかった。 2009/02/11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イロイロ 2009/02/09 | トップページ | 柔はよく剛を制さなかった。 2009/02/11 »