« SD15 に望む事。 その7 2009/02/23 | トップページ | SD14 撮影不能。 2009/02/25 »

古いレンズと新しい雲台。 2009/02/24

オークションで偶然古いレンズを見つけた。18mm F3.5 の SA マウントである。シグマさんに聞いたら 1993 年~ 1996 年の間に作られたレンズだそうだ。私はこんなレンズがあることすら知らなかった。

私たち SD ユーザーにとって普通に使用可能なレンズは SA マウントのみである。SD9 が出る前は SA-5、SA-7、SA-9 などのフィルム用一眼レフがあって、SA マウントはそれらのためのみに存在していたレンズである。

ただ、それらの一眼レフはいわゆる高級品ではなく、ビギナー向けの地味な製品であったため、キットレンズ以外の高級レンズはあまり売れなかったと推測できる。

だから古い SA マウントのレンズはある意味で貴重品だ。オークションに出品されることもほとんどない。今回のレンズも中古のフィルムカメラやレンズを多数出品しているプロであるにもかかわらず「マウントは不明」として出品されていた。

幸いマウント側から写した画像も掲載されていたのですぐに SA マウントであることが判った。

出品者の方が「前玉の1つ中辺りの玉にクモリ?コーティングの痛み?がビッシリあります。」と書かれていたとおり、3枚目くらいのレンズがバルサム切れしていて、モケモケである。既に修理不能品リストに入っていて、シグマでも修理を受け付けてくれない。

あ、バルサム切れとはレンズの貼り合わせ面が何らかの原因で剥がれることで、まるで曇りガラスが入っているかのように見えることもある。今回のバルサム切れは、まさにその状態だ。横位置で撮ると上と下でピントの位置が違う。完全な片ボケでしかも全体にもやが掛かっているかのようなソフトフォーカスだ。(^^;

2,000 円だったのでマウント代と思えば高くはない。何かの役に立つかも知れないので取っておくことにした。

で、今日は我が家にもう一つ荷物が届いた。上に写っているマンフロットのジュニアギア雲台 410 である。055CXPRO3 にも 405 を乗せているのだけど、何ともバランスが悪い。やはり 055 には 410 が似合うだろうと言うことで、最近のものはギア送りのノブが少し軽く回るようになった事を確認して、購入した。

やはりデザイン的にもバランス的にもぴったりで非常にカッコイイ。大満足。


|

« SD15 に望む事。 その7 2009/02/23 | トップページ | SD14 撮影不能。 2009/02/25 »

コメント

面白いレンズですね。。
18-35かと思いましたが18mm単とは。
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f77265921
これもレンズがダメみたいですけど、フードは花形。。
良品なEOSマウントのが見つかれば2個1にしてみるとかいかがでしょうか(^^

投稿: しおん | 2009.02.25 16:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SD15 に望む事。 その7 2009/02/23 | トップページ | SD14 撮影不能。 2009/02/25 »