« SD15 に望む事。 その2 2009/02/17 | トップページ | SD15 に望む事。 その4 2009/02/19 »

SD15 に望む事。 その3 2009/02/18

FOVEON 専用の画像プロセッサ TRUE の改良型 TRUE II が搭載される SD15 が SD14 より遅くなるはずはないし、SD14 より少し良いと感じている DP1 の画像をさらに上回るものを出力してくれるのは間違いないだろう。

3年ほど前に専用のプロセッサーを作るはずはないとしていた私の予想【2005年3月:莫大な資金を用意すれば、専用プロセッサーの開発も可能だろうけど、(多分)商業的に成功しているとは言えないセンサーにそこまでの資金を投入するだろうか?】を見事に裏切ってくれたシグマに脱帽。そして、その改良型 TRUE II の目的は速度を上げ、より良い画像を出力することだろう。その目的はどの程度達成されるのだろうか?

さて、連続撮影可能枚数を増やして欲しいことと同じくらいに実現して欲しいことがまだまだある。

2つめはノイズの低減である。SD14 で ISO 50 を選択して撮影すればノイズは全くと言って良いほど目立たない。そのレベルを ISO 1600 で実現して欲しい。

もちろん、これも無茶な要求である。

昔は 35mm フィルムを使う場合には粒状性が悪く、質感の描写がイマイチな写真になってしまうことを承知で使ったし、ISO 1600 で撮影したら粒子が見えてしまうのが当たり前であったから、高感度でザラザラの写真になるのは当然と思われていたため、大声で文句を言う人は少なかった。

一見、粗粒子写真のようになる「輝度ノイズ」は私もあまり気にならないのだけど、本来はないはずの色がランダムに乗ってくる「色ノイズ」は写真そのものを見苦しくする。

シグマでは画像の露出が不足しているときに暗部に乗ってくる色ノイズが発生する原因はわかっていると思う。ただ、この手のノイズは FOVEON センサーの専売特許ではない。他のデジタルカメラの画像を見ても、露出が不足している部分には同じような色ノイズがある。

これを何とか低減して欲しい。もちろん、たっぷり露出を掛けてあげることが実際的で唯一の対処方法なのだけど、それを行わずに何とかならないものだろうか?

これに関しては、実現可能な方法(つまり建設的な提案)を思いつかない。唯一妥協案として FOVEON イメージセンサーが特徴としている、複数のピクセルデータを結合する機能を生かして、LOW サイズ専用高感度モードを持つことくらいである。

写真としてみっともないまでのレベルになるようなら、カメラ内 JPEG にやたら高感度なモードや半端なアルゴリズムで2倍サイズを出力するようなモードは付けないで欲しい。これはシグマフアンとしての切なる願いである。

DP1 は SD14 よりノイズが少ない。DP1 では ISO 50 を選択して撮影することはほとんどない。ISO 100 で十分に低ノイズであるからだ。SD15 でそれと同等、あるいはそれ以上の低ノイズが実現されることを願う。が、ISO 1600 が実用になることは考えられない。

悲しい。

|

« SD15 に望む事。 その2 2009/02/17 | トップページ | SD15 に望む事。 その4 2009/02/19 »

コメント

こんばんは〜

色ノイズの赤や緑のアバタは、やっぱり悲しいですよね。
でもDP1では色ノイズもホントに少ないし、ISO100で大満足。

ふ〜む、それにしても、ISO1600が実用になることは無理なんでしょうか・・・

やっぱり期待してしまいますよー(>_<)

投稿: R-M食いしん坊 | 2009.02.19 03:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SD15 に望む事。 その2 2009/02/17 | トップページ | SD15 に望む事。 その4 2009/02/19 »