« SIGMA DP2 セカンドインプレッション その4 2009/05/09 | トップページ | SIGMA DP2 の歪曲収差 2009/05/10 »

SIGMA DP2 カメラ内 JPEG 2009/05/09

さて、カメラ内 JPEG を使ってみようと決意したまでは良いけど、RAW で撮影したものと大きく結果が異なっては悲しい。そこでしっかりテストをしてから、本番に挑むことにした。

いつものように、絞り優先AE、WB[晴れ]、ISO 100、カラーモードを[スタンダード]、ピクチャーセッティングを全て 0 に設定。画像のサイズは HI。

1.RAW で撮影。
2.RAW を FINE (JPEG) に変更して撮影。
3.ピクチャーセッティングの [コントラスト] をプラス方向に 0.2 ずつ加えながら +1.0   まで撮影。
4.[コントラスト] を 0 に戻して、[シャープネス] をプラス方向に 0.2 ずつ加えながら   +1.0 まで撮影。
5.[シャープネス] を 0 に戻して、[彩度] をプラス方向に 0.2 ずつ加えながら +1.0   まで撮影。

始めの RAW で撮影したものを [オールリセット] で現像。JPEG 11 で保存。一度 JPEG 12 で出力したのだけど、ファイルサイズが 5M バイト以上になってしまい、JPEG 11 で出力し直した。JPEG 11 だと DP2 のカメラ内 JPEG とほぼ同じファイルサイズで出力される事を確認。ちなみに、私の作例画像は常に JPEG 11 で出力している。

1.と2.を瞬時に画像を切り替える方法で比較。色調は RAW で撮影したものは G が少し多い。JPEG はクセがない色合いであるが、明るい部分が飛び気味である。コントラストと明度は JPEG が少し高い。色ノイズは RAW のが少ない。一番違うのはシャープネスで、RAW の方が解像感があり、シャープネスを +1.0 した JPEG 画像より RAW からオールリセットで現像したものの方が素直に解像している。彩度は RAW の方がわずかに高い。

以上のことから JPEG で RAW からオールリセットで現像したものと同じような結果を得るためには コントラスト -0.2 シャープネス +1.0 彩度 +0.2 であると判定し再び撮影。

下の2枚、上が RAW で撮影してオールリセットで現像したもの。下がピクチャーセッティングを上に書いてある設定にしてカメラ内 JPEG で撮影したものである。カメラ内JPEG の解像感がわずかに甘いが、あくまでも RAW と比べた場合で、その辺のデジタルカメラとは比較にならないほど良い。私のように異常に画質にこだわる人でない限り、カメラ内 JPEG の仕上がりに文句を付ける人はいないだろう。


RAW で撮影


カメラ内 JPEG

私自身はどちらも不満。結局、どちらも、カメラが出してきたものにわずかな補正を加える事になる。どうせ触らなければいけないのなら、RAW からの出力のがレタッチに対する耐性が高いので、やっぱり RAW での撮影を選ぶ。

信じられない事だが、間違いなくカメラ内 JPEG の出力は良くなったし、実用上も全く問題がない。現像を面倒と思われる方にはお勧めできる。

しかし、DP2 の真の実力を引き出すためにはやはり RAW で撮影し、丁寧に現像してあげる方が良いと感じた。納得の行く結果を得ようとすれば、手間が掛かる事は仕方のない事である。もちろん、私が画質に対してこだわりすぎているひねくれ者である事は確かで、シグマがどんなに頑張っても RAW で撮影し、自分で現像する事を止めない偏屈なユーザーであり続けると思う。しかし、だからこそ、シグマのデジタルカメラのユーザーであり続けるとも思う。

なお、本日この撮影の後、室内で「はな」をカメラ内 JPEG で撮影した。


シャープネス +1.0 はかけ過ぎである。が、それでも RAW で撮影したものの方が解像感が高い。今日と明日はカメラ内 JPEG で撮影と息巻いていたが、明日からは RAW に戻る。(^^;

ただ、ご覧頂いたように、カメラ内 JPEG の出来が非常に良い事は確かだ。なので、普通に写っていれば良いレベルの写真であれば、カメラ内 JPEG を使う事を躊躇する理由はなくなったと言って良いだろう。

|

« SIGMA DP2 セカンドインプレッション その4 2009/05/09 | トップページ | SIGMA DP2 の歪曲収差 2009/05/10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SIGMA DP2 セカンドインプレッション その4 2009/05/09 | トップページ | SIGMA DP2 の歪曲収差 2009/05/10 »