« SD14 は力不足? 2009/06/07 | トップページ | ビッグサプライズを作りませんか? 2009/06/08 »

星野道夫展 2009/06/07

今日はドピーカンの日曜日。新装なった市川にあるニッケコルトンプラザへ「はな」と一緒に出かけた。「はな」は久々のトイザらスで張り切っていて、プリキュアのカードと折り紙をねだられた。

以前はケーブルテレビのショールームだったスペースがホールになっていて、星野道夫氏の写真展が開催されていた。非常に大きなプリントが所狭しとぎっしり並べられ、どの写真を取っても傑作と呼べるレベルのものばかり。圧倒されてしまった。

遠方から足を運ぶだけの価値はある。近くの方は是非、是非ご覧になって欲しい。写真集やウェブサイトからは伝わって来ない良質の写真が持つパワーを肌で感じて欲しい。でも、この人が生きていたらもっとすごい写真を撮り続けていただろうと思ったら、とても悲しくなった。


天気が良いのは良いけれど、こんな日にポートレートの撮影は大変だろうなぁ。金欠病と疲れ気味で、本日の Outliner 撮影会もパスしてしまった。チョット寂しい。

トイザらスで「はな」を撮っている最中に DP2 の電池が切れた。家へ帰ってきて調べたら 328 枚撮影できている。内蔵フラッシュこそ使わないが、撮影後の画像チェックは結構頻繁に行うし、帰りの電車の中などで撮影したものを一通りモニターする事は普通にやっている。だから、特別長持ちさせるように気を使った訳でもないのに 328 枚撮れたと言う事は十分に公称値に近い。でも、内蔵フラッシュを 50% 使ったら、絶対に 250 枚は撮れないと思うので、公称値も少し怪しい。

ファームウェアをアップデートする前はもっと頻繁に電池を替えたような気がするので、もしかしたら、本当に電池の持ちが良くなったのかも知れない。しかし、シグマからのアップデートに関するアナウンスでは、電池の持ちに関しては何も触れていない。

相変わらず少し露出がアンダーになっただけで、肌にシミが出てくるし、髪にノイズが乗ってくる。ISO 50 が使えればもう少しマシになるのだけど、不自然な白飛びが発生するために使えない。困ったものである。

デジタルの良さを生かして、ひたすら多くの枚数を撮る事で何とか人様にお見せできるレベルのものは撮れるけど、傑作と呼べるものは撮れない。いつまで経っても、納得が行く写真を撮れない自分に情けなくなることもある。

|

« SD14 は力不足? 2009/06/07 | トップページ | ビッグサプライズを作りませんか? 2009/06/08 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SD14 は力不足? 2009/06/07 | トップページ | ビッグサプライズを作りませんか? 2009/06/08 »