« 星野道夫展 2009/06/07 | トップページ | 夢のあるカメラ 2009/06/09 »

ビッグサプライズを作りませんか? 2009/06/08

もし、私のサイトにある「ビギナーのための SIGMA SD 講座」の一番上の部分で紹介している[1.完全主義者のための写真編集術]~[4.デジタルカメラ購入の手引き]をお読みになったことがない方がおられたら、是非ご一読願いたい。わざわざ探していただくもの申し訳ないので、ここにリンクを張っておく。以前プロの商業カメラマンであった Charles Maurer 氏が書いた記事を和訳したものである。おっと、実はこの記事は3.4.1.2の順番でお読みいただくのが一番良い。だから、その順番に並べておく。

3.デジタル写真の道理とセンサー
4.デジタルカメラ購入の手引き
1.完全主義者のための写真編集術
2.色とコンピュータ

この記事には「400 万画素あれば 8 インチ x 12 インチの写真に含めて意味のある情報はすべてまかなえる。」という記述がある。詳しく説明するよりも、実際にこの記事をお読みいただく方が手っ取り早い。で、A4 にプリントして十分に鑑賞に堪えるのであれば、あとはどれほど大きくしても大丈夫、なぜなら人は離れた距離からその写真を見るから。と言う理屈になる。

私はその通りだと思っている。

なぜこんな事を突然書いたかというと、私は現在の FOVEON センサーが持つ記録画素数 464 万画素が必要にして十分な画素数であると本気で思っているからだ。もちろん FOVEON センサー特有の生きている1ピクセルが前提ではあるが・・・。

でも、センサーが小さすぎるとも思っている。もし SD10 をお持ちの方がいたら、撮り比べてみると良い。SD10 のがノイズは少ない。ピクセルのサイズが大きいのだから当然だ。SD14 での唯一の失敗はセンサーサイズを変えずに画素数を増やした事だ。FOVEON 社はファームウェア、あるいはソフトウェアで小さくなったピクセルで生じるノイズを目立たなくできると予想したようだが、TRUE II を使っても、微細なパターンを持った暗部に出現する色ノイズを消し去る事はできていない。

20センチウェハーでイメージセンサーを作る場合、最も合理的に配置できるのが x1.3 の大きさ、つまりキヤノンの 1D が採用しているセンサーサイズ 28.1×18.7mm だと言う話を聞いた事がある。が、SIGMA DC レンズが保証しているイメージサークルは x1.5 まで。だから、x1.5 で 464 万画素のセンサーを作って欲しいと思っている。それならセンサーのピッチは 10 ミクロンより大きくなるから、SD10 よりもノイズの出方は少なくなるだろう。

素人考えなので的外れかも知れないけど、現在の設計のまま画素数を変えずにほんの少しセンサーのサイズを大きくする事は難しくはないと思う。多分数ヶ月の内に製造可能になるのではないだろうか?

SD15 がそのセンサーを搭載してくれたら、狂喜乱舞する。多少ゲインは変わるだろうけど、1400 万という画素数が変わるわけではないので、TRUE II もそのまま使えるし、現在製造済みの x1.7 センサーは DP1、DP2 に使える。DP1 で画像処理のパイプラインを変更して、TRUE チップを作り直した事に比べれば、そこから生じる損害はわずかだ。

唯一の不安点は画素数が増えない事を不満に思うユーザーがいるかも知れないという点だけど、現時点で SD14 と同じセンサーを使うとアナウンスしている事を考えれば、サイズを大きくしましたというのはサプライズになると思うのだけどなぁ。

いかがでしょうか?>山木社長

|

« 星野道夫展 2009/06/07 | トップページ | 夢のあるカメラ 2009/06/09 »

コメント

超広角と大口径レンズふぇちの私的には、せめて1.5xにしてほしい。画素数は十分です・・・

投稿: ken | 2009.06.08 22:43

SPPの更なる進化に期待する私としては、
極力SD15は買わないつもりではありましたが、
もしセンサーサイズが大きくなるのでしたら
買うしかありませんよねぇ。。。
そんな噂が実際にあるのでしょうか。

投稿: しおん | 2009.06.08 22:17

> マイヨジョンヌ 様
ぎゃ!

インチとセンチを間違えました。正しくは8インチです。訂正しておきます。

ありがとうございました。

投稿: maro | 2009.06.08 21:59

12インチウェーハの間違いですよね。

投稿: マイヨジョンヌ | 2009.06.08 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 星野道夫展 2009/06/07 | トップページ | 夢のあるカメラ 2009/06/09 »