« で、DP2 は良いカメラ? 2009/06/04 | トップページ | SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM 2009/06/06 »

DP2 はダメカメラ? 2009/06/05

昨日の記事で、DP2 を良いカメラを呼ぶことは難しいと書いた。これはある意味で正しいと思う。おおよそ、世の中に完璧な道具、つまり全てのユーザーに満足を与えてくれるものは無いと言って良いだろう。これはユーザー毎にその使用目的や使用方法が異なるので、致し方のないところだ。特に複雑な機械の場合、その傾向は強くなる。

写真を撮るときにどんな状況においても撮影者の意図した通りの写真が撮れるカメラは良いカメラだと思うが、おそらく「どんな状況においても」と言う条件をクリアするカメラは存在しないだろう。なので、かなり無茶だけど、良いカメラなど存在しないと言い切ってしまうことも可能だ。

だから、あるカメラのユーザーに成ろうとする場合には、本当にそのカメラで自分が撮りたい写真を撮れるかどうかを十分に吟味しなければならない。

他の方々のことは良くわからない。が、私が DP2 を購入した理由は単純である。FOVEON センサーを搭載していて、やや標準的な画角を持つ良質な F2.8 のレンズが着いたコンパクトデジタルカメラだからだ。

その他にもう一つ理由がある。私のウェブサイトやこの雑記帳の「ネタ」にするためである。この2つの理由は、私が DP2 を入手するのに十分な理由である。

私が「良いカメラ」と感じるための条件の一つに「写真」と呼べる画質があることと言うのがある。で、この条件を満たしてくれるカメラは FOVEON センサーを搭載していなければならない。

カメラの機能、性能を理解してそれなりの使い方をすれば、DP2 でも自分が撮りたい写真は撮れる。もちろん、単焦点レンズであるために画角は固定されてしまう。が、それ以外の点では、撮影者が十分な準備をして、仕上げにレタッチすることを厭わなければ、他のコンパクトデジタルカメラで撮れる程度の写真は間違いなく撮れる。当然、非常に困難な状況もあるだろう。しかし、白バックのガラス器だろうが黒バックのカラスだろうが撮る気になれば撮れる。

写真は撮って終わりではない。最終的にはプリントしたり、ディスプレイ上で眺めたりする。その時に写真とは呼びたくないデジタル画像しか得られないのであれば、そのカメラは私にとっては決して良いカメラではない。

撮影時の難しさやレタッチの面倒を考慮しても、その結果見るに堪える写真が得られるのであれば、そのカメラは良いカメラである。

もちろん DP2 が良いカメラであるというのは私の個人的な意見であって、普遍的なものでないことはお断りしておく。写真撮影に対するある程度の経験が必要で、カメラ自体の機能も必要にして最低限。決して褒められたカメラではない。が、このサイズでこれだけの質感描写や中判ポジをスキャンしたかのような写真としての自然な表現を得ることができるカメラは DP2 と DP1 の他にはない。

|

« で、DP2 は良いカメラ? 2009/06/04 | トップページ | SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM 2009/06/06 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« で、DP2 は良いカメラ? 2009/06/04 | トップページ | SIGMA 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM 2009/06/06 »