« DP2 ファームウェアアップデート 2009/06/23 | トップページ | センサーサイズに関する私見 2009/06/25 »

DP2 が居る。 2009/06/24

2002年9月、娘が生まれた。その前の年に姪の結婚式の撮影を頼まれたのを機に入手した Minolta DiMage 7 から買い換えたばかりの Minolta DiMage 7Hi で娘を撮った。その画像に姪っ子の結婚式の写真では感じなかった違和感を感じた。肌が違う。産婦人科病院から退院する時に病院の前で記念写真。背景に人物が貼り付いた。色は派手派手で拡大すると銀塩写真の粒子を思い出させるノイズが多量に埋め込まれていた。

このカメラで娘を撮り続けるのか?

私は当時デジタル一眼レフカメラから出力される画像に失望していた。高価なカメラから出力される画像の肌に大いに失望していた。女性が写っている 6x7 版のポジフィルムをスキャンしてウェブサイトに掲載するための画像を作る事が仕事の一部になっていたのだけど、時折最新のデータとして渡されるデジタルカメラからの画像は全て「没」にした。写真ではなかったからだ。

生身の人の肌をそのまま写す事ができないカメラはカメラではない。デジタルカメラに使われているセンサーの事を調べて納得がいった。全てのピクセルが作り物なのだ。なるほどダメなわけだ。これではプロは使わないなぁ。

ところが報道の分野からプロが使い始めてしまった。報道の分野は元々画質に関してさほど重要視されない。まぁ、許そう。どうせ私は買えないし、使う気も起きない。

でも、とりあえず買えるかも知れないデジタルカメラの画質を見ておこう。と言う事で 2002年11月に刊行されたデジタルフォト専科を買って、付録の CD-ROM に収録されていた CANON 1Ds の画像をじっくり見てみた。やっぱりだめじゃん。同じ CD-ROM には SIGMA SD9 の画像も収録されていた。そのサンプル画像を見て、目が点になった。そこには人肌の質感がしっかりと再現されていた。

私はこのカメラをどうしても手に入れたいと思った。が、新品は売り切れ状態。そして、12月の初旬に新品同様の SD9 をオークションにて入手した。写真好きであれば、FOVEON センサーから出力されるデジタル画像の描写に驚く事は間違いない。すぐに、SIGMA SD9 が世の写真好きのスタンダードになるとも思っていた。


それから6年半の歳月が流れた。私が思い知らされた事はいっぱいある。より良い画質のカメラより、より使いやすいカメラのが好まれるのだという事。宣伝をしないカメラよりいっぱい宣伝をするカメラのが売れるという事。世のアマチュアカメラマンの多くは写真が好きなのではなく、お気に入りのカメラを使って写真を撮る事が好きなのだと言う事。できあがった写真の質は二の次で、写したいものがそれなりに写っていれば、それで良いのだという事。

でも、私は自分で納得の行かないデジタル画像を写真とは呼びたくない。DP2 がそれまでの FOVEON センサーを搭載したカメラより使いやすいカメラになった事で、世のカメラマン達に受け入れてもらえる可能性が高くなった。このカメラで撮影された写真を良しとするハイアマチュアの方々が SD14 あるいは SD15 に興味を持つのは当然の結果だろう。

描写力がありすぎるが故にカメラマンの技量がそのまま写真に反映されてしまう。そんなすてきなカメラがこの世に存在する事をとても幸せな事だと思う。入手以来、SIGMA DP2 は常に私の手が届くところに置いてある。

|

« DP2 ファームウェアアップデート 2009/06/23 | トップページ | センサーサイズに関する私見 2009/06/25 »

コメント

私は、SDにしろそれ以外にしろ、撮像素子の本当の意味での画質の改善を待ち望んでいる者です。一面的な画素数や、制御技術ではなく。

maro氏の意見も分かるのですが、少し気になった点もいくつか。


「世のアマチュアカメラマンの多くは写真が好きなのではなく、お気に入りのカメラを使って写真を撮る事が好きなのだと言う事。できあがった写真の質は二の次で、写したいものがそれなりに写っていれば、それで良いのだという事。」

大衆の大多数は手軽さを望みます。SDにはその手軽さはありません。

写真の質というのは画質がすべてではありません。
フィルムの世界で、もっとも画質の悪い35mmがスタンダードとなったのはなぜでしょう?

以上、反論ではありませんので。

投稿: 読者 | 2009.06.30 12:21

長いことフィルムカメラを使ってきましたが、FOVEONを搭載したDP2に出会って、ようやくデジタルカメラを本格的に使う気になりました。
最近では鞄の中にいつもDP2が入っています。写真を撮りたいという気持ちにさせてくれるカメラです。

投稿: TR | 2009.06.25 17:47

私も最初にフォビオンセンサーとSD9が発表されてからずーっと注目しています。

SD9が発売されたとき、電池持ちが良くないと嫌だったのと
(過去に買ったFujiのデジカメで30枚も撮らないうちに電池が切れてしまうのがトラウマになっています)
カメラに20万程も出す勇気がなかったので、その時は買いませんでした。

が、気づいてみたら、SD9以外のフォビオン機は全て買っていて(SD10は人に譲りましたが)
レンズも必要以上に買っていましたーー;

フォビオンセンサーを搭載するカメラは唯一デジカメの中で真を写せるカメラだと思います。
私もDP2を常に携帯しています。

次はフルハイビジョンムービーの分野に進んで欲しいですね。

投稿: なかじー | 2009.06.25 02:21

maro様

御礼が遅くなりましたが、こちらを参考にさせて頂き、DP2を購入いたしました。ありがとうございました。

仰るとおりデジタルで「写真らしい写真」を撮るためには、シグマ=FOVEONでなければならないと共感いたしました。こちらのサイトを見ないままでしたら、他社の高級コンパクトとか一眼レフカメラで、デジタル写真はこの程度と納得していたと思います。FOVEONの素晴らしさをご教示いただき感謝申し上げます。

投稿: maruhira | 2009.06.24 11:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DP2 ファームウェアアップデート 2009/06/23 | トップページ | センサーサイズに関する私見 2009/06/25 »