« 「A4 では小さすぎる」とは言えない。 2009/09/06 | トップページ | プリントもまた楽し 2009/09/08 »

銀塩は暖かい 2009/09/07

私の高校の写真部の先輩が亀戸で喫茶店をやっている。その喫茶店がオープンして今年はちょうど10年だという。7年目から私は同期の男に誘われて、年に一回、その先輩がご自身で撮影した写真を展示する機会を利用して開く写真部のミニOB回に参加している。

昨日は私を入れて7人が集まった。私と同期が3人。後は皆年上である。仕事が忙しかったので、今回は2次会をパスしてしまったが、先輩が撮影した写真と、私を誘った同期の男が持ってきた写真をじっくりと見させてもらった。どちらも銀塩である。

それらの写真と見比べて、FOVEON で撮影された写真は冷たいと感じた。確かにくっきり、スッキリで質感の描写力は銀塩のはるかに上を行っている。が、写り過ぎなのだ。粒状感もなく、6x7 版のネガで撮影された写真を丁寧にプリントしたような印象で、個人的には好きなのだが、35mm フィルムで撮影された異国の風景や人々にはフィルムならではの暖かさがあった。

ピントピッタリでリアルな写真がとても好きな私であるが、フィルムで撮影された写真をシミュレートしてプリントする人の気持ちが少しわかったような気がする。

|

« 「A4 では小さすぎる」とは言えない。 2009/09/06 | トップページ | プリントもまた楽し 2009/09/08 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「A4 では小さすぎる」とは言えない。 2009/09/06 | トップページ | プリントもまた楽し 2009/09/08 »