« プリントもまた楽し 2009/09/08 | トップページ | 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM が帰ってきた。 2009/09/10 »

今日は何の日? 2009/09/09

毎年、9月9日になると「重陽の節句」のことを書く。だから、今年は書かない。そして、今日はシグマの創業記念日でもある。去年の雑記帳に1964年9月9日と書いてしまったが、これは間違い。シグマのウェブサイトをよく見たら昭和36年9月9日と書いてある。つまり 1961年である。となると、シグマは今年で48周年。あと2年で会社創立50周年となる。

そして今日、ライカが M9 を発表した。M8 もそうだけどフィルム巻き上げレバーとフィルム巻き戻しクランクが付いていないライカはなんか格好悪い。まぁ、高すぎて絶対に買えないカメラだから、世界初のフルサイズレンジファインダー式デジタルカメラであっても食指は動かしようがない。


写真の良し悪しを判断するのはとても難しい。そこには必ず主観が入る。でも、自分自身が撮った写真であれば、どう感じようが自分の自由だ。実はこの1週間で「道ばたの寸景」の写真を10枚以上入れ替えた。おそらく他の方に気に入っていただけた(と思われる)写真は残っていると思うが、誰が見ても面白くはないだろうと思われる写真=自分でも気に入らない写真は入れ替えてしまった。

まだ始めてから3ヶ月も経っていないのだけど、つまらない写真はさっさと下げるべきと判断した。しばらくは枚数は増えずに、写真の入れ替えだけが続くかも知れない。季節的な要素も盛り込みたいので、やはり1年以上を掛けて制作してみたい。最終的な枚数は目標としない事に決めた。だから、現在 168 枚掲載してあるけど、もしかすると枚数だけの事を言えば、これ以上増えないかも知れない。

撮り続けて見てわかった事がある。撮ろうと思ったときに撮らないと撮れない写真が意外と多いと言う事だ。現在掲載してある 168 枚の内、もう絶対に撮れない写真が既に10枚ほどある。そこに写っていたものが無くなってしまったためだ。また、植物が写っているものはあと1年待たないと同じような写真は撮れそうもない。特に草に関してはこれほど成長や刈り取られるのが早いとは思っていなかった。

飽きてはいないけど、ネタを探すのに少し苦労するようになってきた。このあたりで考え方、あるいは視点を変えてみる必要があるかも知れない。ただ、文字は避ける、同じ種類の被写体は極力避ける、ポスター、建築物など被写体自体の芸術性が高いものをそのまま写しただけのものは避ける、クローズアップは極力避けると言った被写体の選択と写し方に関する自分自身で決めたルールは守ろうと思っている。

|

« プリントもまた楽し 2009/09/08 | トップページ | 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM が帰ってきた。 2009/09/10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プリントもまた楽し 2009/09/08 | トップページ | 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM が帰ってきた。 2009/09/10 »