« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

SD15 が待ち遠しい 2009/11/30

昨晩、やはり朝まで寝ていることはできなかった。が、夜中にこの雑記帳の続きを書くゆとりがなかった。

昨日から今日にかけて仕事の合間にシグマのカメラやレンズについてイロイロと考えた。久しぶりに書いてみよう。ただ、過去の記事と内容は大きく変わらない。よく言えば立ち位置にブレがないと言えるが、悪く言えば頭が固いと言うことだ。

まずはレンズ。シグマのレンズはとても良い。が、完璧ではない。一番の問題はやはり個体差である。しかし、もし私が SD14 のユーザーでなかったら気がつかなかったかも知れない程度の差であることが多い。残酷なことに FOVEON センサーはレンズに対して非常に高い描写力を要求する。レンズの解像力に関しても、一般的なベイヤー型センサーを採用したデジタル一眼レフやフィルムカメラでは優劣を付けがたい程度の差であっても、それを識別可能にしてしまう。

現時点で解決されなければいけない課題は2つ。片ボケと倍率色収差である。片ボケに関してはレンズの各エレメントの精度と組み立て精度、そして鏡胴の精度が十分に高くなければならない。正しく製造され、正しく組み上げられたレンズであれば片ボケはしない。が、特にズームレンズにおいては、高い確率で片ボケするレンズがあるような気がする。さらなる精度の向上、あるいは検査段階でのより厳しい規格を望む。

倍率色収差を発生させないことは非常に難しいことだと言うのは理解している。特に明るいレンズにおいては倍率色収差が目立つ。もちろんコントラストが高い被写体が画面の周辺部になければ、あまり目立たない事は確かだ。しかし、撮影時にそれを勘案してフレーミングを決めることができないケースは多い。

幸いにしてデジタル的に修正を掛けることでかなり目立たなくすることが可能になって来たため致命的と言えるほどの収差ではなくなった。が、レタッチをせずにきれいな写真が得られることが望ましいのは確かだ。一眼レフ用のズームレンズにおいても、DP1/DP2 のレンズ並みの倍率色収差の低減を図って欲しい。

DP1s に望むことはただ一つ。レスポンスの改善である。おそらく来年中には DP2 に 16.6mm F4 が着いた DP1(N?) が出てくると予想しているが、どうなるかはわからない。DP2 に関して、私の使い方では大きな不満はない。しかし、一般的なコンパクトデジタルカメラと比較した場合により速いレスポンスと高い ISO 感度での撮影において暗部に出現する色ノイズの低減が強く望まれる。

次は SD14。最大の欠点はその不安定さにある。AWB で連写した場合に連続して写した写真の色調が異なることがある。また、露出に関しても、わずかではあるがばらつく事がある。AF に関しては元々非常に高い精度と十分な速度を持っているわけではないので、シャッターを押す前にファインダーで合焦しているかどうかの確認をする必要がある。

この3点に関しては、より確実で安定したものにしていただく必要がある。TRUE II の搭載により DP2 と同等の安定感が得られるのであれば SD15 はそれだけでも存在する意味がある。

おそらく背面モニターを大型化するために記録用媒体を CF から SD に変更したのだと思うけど、可能であれば推奨する SD カードを明示して欲しい。それが高価なものであっても SD15 とベストマッチするものであることが確認されているのであれば、あれこれと迷わずに済む。

いよいよ 2009 年もあと1ヵ月。この期に及んでも、私は SD15 が年内には発売されると予想しておく。ただ、私の予想が当たる確率は皆さんご存じのように 50% 位である。

| | コメント (5)

小学校のバザー 2009/11/29

朝早くから「はな」に起こされて、夕べは実家に帰っていたヨメさんと船橋のマクドナルドで待ち合わせ。小学校のバザーには行かない予定だったため二人と別れて家に帰りながら「道ばたの寸景」を撮影。

ヨメさんからケータイに連絡があって、「はな」の忘れ物を届けに小学校へ行って、結局少しの時間ではあったけどバザーを覗いてきた。ついでに校庭で「道ばたの寸景」を一枚。

仕事をいてはいるけど、イマイチはかどらない。今日撮った写真をアップし終わって、何となくおなかが空いたので超早めの夕飯を一人で食べた。

午後6時にもなっていないのに何となく眠い。夜中まで一寝入りしてしまおうか?

夜中に起きたら、また続きを書きます。

| | コメント (0)

久々に道ばたの寸景を更新 2009/11/28

今朝、少しだけ時間が取れたので、少しだけ道ばたの寸景を撮った。傑作ではないけどまぁまぁ。

結局午前中は「はな」の授業参観に参加して、懇談会には出ないで帰ってきた。午後から夜に掛けてはしっかり仕事をした。

うまく動いてくれなかった2画面を使うマスタデータ登録がちゃんと動くようになった。一レコードの項目数が非常に多いために画面を2つ使ってデータの入力や訂正を行うのだけど、予想していたよりはるかに面倒なプログラムとなった。

今まで一度もやったことがなかったため、結構苦労したけど、とても面白かった。


プログラム完成後、夕食を作って「はな」と食べた。「はな」の好物である鶏の唐揚げだったためよく食べてくれた。

さて、そろそろ「はな」を寝かしつけなければいけない。一緒に寝てくれと言うことなので、添い寝をする。もしかしたら、そのまま朝まで寝てしまうかも知れない。

| | コメント (0)

まぁまぁ忙しかった日 2009/11/27

今週はこればっかり。明日は「はな」の土曜日授業参観なのだけど、やらなければいけない仕事があるため、私は家で仕事をする予定だ。午後はヨメさんが実家に猫の世話をしに行き、私と「はな」は翌日が小学校のバザーがあると言うことで家で留守番。明後日の朝方にヨメさんが戻ってきて、小学校のバザーで合流。そのまま「はな」を連れて実家へ行き、来月の2日に帰ってくるらしい。

私はその間、仕事に追われることになる。が、できたら日曜日には小学校のバザーに行って「はな」の写真を撮りたい。「道ばたの寸景」もこのところ撮れていない。

70-300mm F4-5.6 DG OS の SA マウントが本日発売になった。遅くても来月の中旬までにはテストできると思うけど、70mm と 150mm はマクロと比較し、300mm は 100-300mm F4 と比べて見ようと思っている。が、一番やってみたいのは APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO との比較だ。ただ、APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO は以前に 55-200mm F4-5.6 DC との比較で 55-200mm のが良い写りをしたため手放し、55-200mm も 50-150mm を購入した後で手放してしまった。

まぁ、どこかからか借りて来ることもできるだろう。いずれにしても新 OS 付き 70-300mm はデザインがすてきなので所有したいレンズであることを白状しておく。

| | コメント (0)

なぜこんなに忙しい? 2009/11/26

このブログは @Nifty のココログを使っているのだけど、昨日からココログの表示方法が変わった。今の方法が良いか、以前のような全文表示が良いかで少し迷ったけど、とりあえず先頭部分のみを表示しておく方法を採用した。全文表示にはいつでも戻せるのだけど、今のままでも良いような気もする。

記事の書き方を少し工夫して、前振りなしで書いた方がよいのだろう。しかし、それも何か味気ない。まぁ、しばらくはこのままで続けてみる。ご意見があればコメントしていただきたい。

朝の6時から夜8時まで働きっぱなし。昼食を摂る時間もなかった。我ながら(歳の割には)よく働く。

今週末はのんびりしていられない。土日も仕事をせざるを得ないような状況である。

写真のことを考える精神的、時間的なゆとりがない。でも、週末には頑張って写真を撮りたいと思っている。

| | コメント (2)

今日も良く働いた 2009/11/25

今日も朝7時15分から夜7時30分まで、昼食に15分ほど使ったのと移動に1時間30分。ただ移動中も往きは電車の中でプログラムを書きながら行った。

会社3つでそれぞれ別の新しい事を始めたため異常と言って良いほど忙しくなってしまった。さらに1社、某公共団体からの仕事もあって、体がいくつあっても足りない状態。暇よりは良いのだけど、あまりお金にならないのが悲しい。

愚痴っても仕方ない。やるべき事を粛々とこなすだけだ。

それにしても MS-ACCESS のバグには困った。検索対象となる文字列の中に半角の長音記号("ー" ←これです。)が入っていると見つけてくれない。仕方がないので、入力された文字の中の半角を全て全角に変換し、長音記号はハイフンに置きかえ、文字列中の空白を全て削除して登録。それを検索用のデータとした。余計な手間が掛かるので面白いを通り越して面倒である。

プログラミングは写真と違って白黒がはっきりしているのでありがたい。ちゃんと動けば、それなりに評価してもらえる。そして、それが非常に速く動けばもっと評価してもらえる。

写真は全く異なる。商業写真の場合でもその良し悪しに明確な基準があるわけではない。ましてやアマチュアが撮る写真に至っては見る人によってかなり評価が分かれる。もちろん、私の写真は常に低い評価しかされないので、評価以前のレベルと呼ばれる。

比較的ちゃんと写っていると言うのだけが取り柄である。それでも褒めてくれる方もおられるので嬉しい。「道ばたの寸景」も家の周囲 1.6Km 以内とか、期限は1年などと自分自身で勝手に決めた縛りを解いてしまおうかと考えることもある。

| | コメント (2)

多忙の始まり 2009/11/24

午前9時より1時までと午後5時から午後10時30分まで仕事。疲れた。明後日までに上げなければならないプログラムがいっぱいある。あんまり寝ていられない。

にもかかわらず午後2時から午後5時まではヨメさんと「はな」と3人でイクスピアリにいた。私は特に何かをしたわけではない。一緒に食事をして、「はな」が食後に手帳にイロイロ書いて遊んでいるのを撮影しただけ。

金曜日まで目一杯予定が詰まっている。さて、本日写した「はな」を現像してから寝るとしよう。

コメントを頂いた皆さんにお返事できなくて申し訳ない。チョット疲れ気味です。

| | コメント (0)

3連休3日目 2009/11/23

本日は午前10時から2時頃まで東京駅の近くの会社で仕事。夕方には昼寝をしてしまった。

「はな」はたまごっちを持ってたまご券をもらいに船橋のデパートまで行ってきた。

さて、明日からはまた忙しい日々が始まる。この3連休でもう少し写真を撮れるかと思ったけどあまり撮れなかった。昨日の「はな」だけで良しとしよう。

おやすみなさい。

| | コメント (2)

3連休2日目 2009/11/22

「はな」のリクエストで千葉市科学館に行った。仕事は明日に廻した。

昨日、道ばたの寸景を撮影したけど、掲載すべきものはなかったと書いたが、DP1s でも撮影していたのを忘れていて、その中の1枚が良かったので、本日掲載した。

Exif Renamer が作るウェブアルバムは結構良いのに、なぜあまり使われていないのかがわかった。一つのフォルダの中の写真をまとめてアルバム化するのは簡単なのだけど、それしかできないようだ。つまり、写真を追加して行くためには、追加するための写真を入れたものを一から新規に作成しなければならない。不幸なことにフリーウェアの作者が興味を失ったらしく、2年以上アップデートもサポートもされていない。こればかりは何とも仕方がない。

幸いエディタが Unicode を扱えるのとジャバスクリプトはわかるので新しい写真を追加をすることはできるのだけど、少し面倒だ。ある程度プログラミングができるユーザーでないと使い続けるのは難しい。

現時点でも 100 枚の写真をスライドショーで表示すると、その後画面に何も表示しなくなってしまう。バグを見つけようとしているのだけど、他人が作ったプログラムなので良くわからない。ジャバスクリプトのデバッガーが欲しい。

あら、気がついたらこんな時間。おやすみなさい。

| | コメント (0)

3連休初日 2009/11/21

のんびりと過ごした。のんびり仕事をして、昼寝などもした。道ばたの寸景も撮ったけど、掲載できるものは撮れなかった。

気がついたら DP2 での撮影枚数が2万枚を超えていた。ペースとしてはかなり早い。

明日の午前中は仕事で東京駅まで出掛ける。さて、夜も更けた。さっさと寝ることにしよう。おやすみなさい。

| | コメント (0)

「道ばたの寸景」ウェブアルバム化 2009/11/20

昨日、「道ばたの寸景」の掲載方法を考え直すと書いた。さらに写真を更新するに当たっては一番上に追加することをお約束した。

その後、全ての写真を撮影日付順に並べ替えて見た。にもかかわらず、見ていただく方に対する配慮が欠けているような気がして、「道ばたの寸景」の掲載方法を全面的に変更。

つまり、「道ばたの寸景」をウェブアルバム化してしまった。たまたま写真の並べ替えに使った Exif Renamer がウェブアルバム作成の機能まで持っていて、それで作ったアルバムが意外に良かったためである。

今までのものよりは便利にご覧頂けるだろう。スライドショーの機能も付いているし、画像をウィンドウサイズに合わせて表示と原寸で表示をブラウザの機能を使わずに切り換えられるので、JPEG 画像を自動的にウィンドウサイズに縮小して表示する機能を持たないブラウザ(今時無いかな?)でも見やすくなったと思う。

このアルバムは写真を追加する場所は常に右下と決められているため、私のように左上に追加してゆく場合は、更新するたびに写真に別の番号が付くことになる。

そして、上でも書いた通り表示は撮影年月日&撮影時分が新しいものほど左上に来るようにするため右下が最も古い撮影年月日となる。暇を見てサムネイルの右上に表示されている写真に対する番号を降順に表示させられるようプログラムを変えてしまおうかと考えたのだけど、古いものを掲示しなくなる事が予定されているため、そのための欠番も管理しなければならなくなる。それは面倒なので、表示される番号は気にしないことにした。

以降、例えばこの雑記帳で「道ばたの寸景」の写真を引き合いに出す際には撮影日時=ファイル名(short_view_撮影年月日_撮影時分.jpg)で特定することをお許し願いたい。

なお、そんな方はおられないと思うけど、「道ばたの寸景」のトップページに直接飛んでいってご覧頂いている方がおられたら、URL を http://maros-images.sakura.ne.jp/short_view/short_view.html に変更して欲しい。

以前の掲載方法のページは残しておくけど、更新は気が向いたときにしか行わなくなるので、ご注意願いたい。なお、今回の変更に伴って写真に直リンクをしておられる場合にはリンク切れとなる可能性があるので、再度リンクしていただきたい。申し訳ないが、新旧のファイル名リストなどはまだ作成していない。

| | コメント (2)

掲載方法を再考 2009/11/19

本日、「道ばたの寸景」の中の3枚を差し替えた。097,141,172 である。が、ハタと気がついた。224 枚もある中の不特定の3枚を差し替えて、それはこの3枚ですというのは写真を見てもらう立場にいる私が行うべき更新方法ではない。やはり、最後に追加した写真がどれであるのかがはっきり判るような方法を考えなければならない。

他のページと同じにしようかとも考えたけど、それも面白くない。

非常に近い将来(つまり2~3日中に)道ばたの寸景の写真の並びを全て撮影日順に並べ替えようと思う。そして、差し替えるというやり方ではなく、必ず新しいものは上に追加して行く事とする。私がお見せするに値しないと思ったものは随時掲載を止めて、そこは詰めてしまう。

番号は欠番になるけど、それは重要ではない。また、現時点で何枚掲載されているのかも大切な情報であるとも思えない。HTML の書き換えがチョット面倒だけど、つまらない写真を見ていただくのであるから追加したものがすぐにわかるようになっていないのは見ていただく方に対してとても失礼だと感じた。

最終的には何枚になるかわからない。300枚かも知れないし3枚かも知れない。が、これからは常に新しく撮影したものは最上部に追加して行くことをお約束する。

| | コメント (0)

一段落。 2009/11/18

何とか今日の納品には間に合った。明日は会社その3で打ち合わせがあって、その後某団体でシステムに新しい帳票を追加する打ち合わせ。夕方の6時くらいには終わりそう。ただ、明後日にとりあえず動かして見せなければいけないプログラムにまだ手を付けていないので、それを今夜やるべきか、明日の夜にやるべきか迷っている。

今日は朝6時から午後1時くらいまでプログラムを書いていて、その後5時まで打ち合わせ。昼食を食べ損なった。普通より少し多めにお仕事をしたので、チョット疲れている。まだ7時20分だというのに、眠たいモードである。やっぱり歳かなぁ。

とここまで書いたら会社その3から電話。新しい請求先に送るための請求データファイルを見せてくれとのこと。来月の20日過ぎに送るのだからあわてなくても良いのと思うのだけど・・・。明日の朝も少し早起きして一仕事である。完成までの予想時間約2時間。まぁ、頑張りましょう。


さて、ネタがないときの道ばたの寸景撮影話でも書こうかと思ったのだけど、気力がない。誠に申し訳ないけど、今日はこれにて失礼させていただく。チョット早いけど、お休みなさい。

| | コメント (3)

仕事三昧。 2009/11/17

会社を3つも掛け持ちしていると忙しいときには本当に体が3つ欲しくなる。最近はあまり夜更かしせずに、朝早く起きて家でやるべき仕事をやるようにしているのだけど、それでも追いつかないことがある。朝早く起きることは良いことなのだけど、それだけ夜に弱くなる。早いと夜10時にはもう寝ていることがある。歳のせいと言われてしまいそうだし、その通りなので反論はできない。

幸い忙しいだけで体調は良い。土日にも多少の仕事をしているため、たまにはしっかり休まなければいけないのだろう。まだ火曜日だというのに少し疲れ気味。今日も早く寝よう。(^^;

明日の早朝の天気は曇りの予報。獅子座流星群は見えないかな?

| | コメント (0)

桜が・・・。 2009/11/16

秋になると桜の葉が黄色くなったりオレンジ色になったりして、それなりに綺麗な紅葉を見せてくれる。だが、今年は茶色い状態で落葉し始めている。

下の写真は 2005年11月27日に撮影している。この状態を期待して昨日同じ場所に行ってみたのだけど、見るも無惨な状態で葉っぱはほとんど無くなっていた。毎年同じようになるわけではないと言うことを強く実感した。

はな 491

我が家の近所、今年の紅葉は期待できないかも知れない。まぁ、道ばたの寸景の撮影は1年間と言うのは私が勝手に決めたことだから、気が向いたら撮り続ければ良いだけの話だ。

良い写真というのはなかなか撮れない。道ばたの寸景にしても全体のレベルを上げたいと思ってはいるのだけど、腕が伴わない。これからはあまり枚数を増やさずに、気に入らないものを差し替えてゆく方向での更新を考えている。さすがに5ヶ月も家の周囲1.6kmに限定してうろつき回ると、どこにどんな被写体があるかはわかってくる。同じ被写体の撮り直しや望遠や超広角でないと撮れなかった風景を積極的に撮って行こうと思っている。せいぜい温かい目で見守って頂きたい。


道ばたの寸景 223 SD14 70mm F2.8 1/80Sec. f:5.6

昨日 MACRO 70mm で撮った1枚はとても気に入っている。以前からあの風景を見ていたのだけど、どうしても DP2 では周りに余分なものが入りすぎて水面に反射する光の美しさを主としたフレーミングができなかった。50mm も持って行ったのだけど、少し短かったため 70mm での撮影となった。できあがった写真が DP2 や DP1s 並の描写力でないと見劣りしてしまうので、使えるレンズは限られてくる。特にピントがしっかり来たときの倍率色収差や周辺部のわずかな甘さ、画面全体での見事なまでの解像感を求めると 50mm F1.4、MACRO 70mm F2.8、MACRO 150mm F2.8 以外のレンズでは心許ない。改めて DP2、DP1s に使われているレンズのすごさを感じている。

それにしても、SD15 が待ち遠しい。TRUE II の搭載によって、SD14 の大きな欠点の一つである自動撮影時におけるホワイトバランスや露出の不安定感が解消されるのではないかと期待している。

| | コメント (0)

過猶不及。 2009/11/15

昨日、「赤」をレタッチした話を書いた。その後で写真をじっくり見たときに、話題にした2枚は赤がはっきりし過ぎて不自然であると感じた。過猶不及(過ぎたるはなお及ばざるがごとし)である。やはりやり過ぎは良くない。再び赤の明るさを調整して差し替えてしまった。だから昨日ご覧頂いたものと、今日以降のご覧頂くものは異なる。申し訳ない。


今日は「はな」の自転車を買いに市川市のコルトンプラザにあるトイザらスまで出かけた。本当は変速機能が付いた自転車が欲しかったのだけど、どうしても補助輪が必要だと言うことで、変速機能無しのものになってしまった。補助輪なしで乗れるようになったらまた買い直すことにして、数年は変速機なしで乗ってもらうことにした。事前にトイザらスで補助輪の取り付けをやってもらえることを確認して、図々しくネットで購入した安い補助輪を持参して取り付けてもらった。本人はかなり喜んでいる。


「道ばたの寸景」も最新4枚の内の2枚を今朝撮影したものと差し替えた。今朝は SD14 に MACRO 70mm を付けて出掛けた。どうしても 70mm の画角で撮影したい被写体があったためである。目的とした写真に近いものが撮れて満足。普通「道ばたの寸景」の差し替えはお知らせしないのだけど、今日は見て欲しくてアップデートをお知らせさせていただいた。

| | コメント (0)

赤をごまかす 2009/11/14

FOVEON センサーは赤、それも非常に彩度の高い赤が苦手だと言われている。私もそう思う。が、マゼンタが乗るというのは嘘だ。色相はほとんど変わらない。少し彩度が高くなって、実際より明るくなるだけだ。

SD14 マクベスカラーチャート
上は「テクニカル」に掲載してある x-rite(旧マクベス)カラーチェッカーを SD14 で撮影して、実際の色と比較したものだ。DP1 や DP2 でこのテストをやった事はないけど、グレーポイントを合わせてから有彩色を比較しているので、ほとんど同じ結果になると思う。


実際の撮影に際して、私は赤を見ると露出補正をマイナスに振るクセが付いているので、最近は赤の再現で苦労したことはない。が、マイナス補正が足りないとあまり良い赤とは言えない色になる。特に直射日光下の赤はすぐに飛ぶ。どうしてもそれらしい赤を出したいときにはレタッチをする。それもかなりごまかしに近いレタッチだ。なぜこんな事を書いたかと言うと、今日、道ばたの寸景の中の気に入らなかった赤を一枚は再現像とレタッチで、もう一枚は再撮影とレタッチで修正したからだ。

道ばたの寸景 160 DP2 1/125Sec. f:6.3

上の写真は道ばたの寸景 160 である。直射日光が当たっている彼岸花がメインの被写体だったのと背景がかなり暗かったため、露出補正を最大の EV -3.0 で撮影している。これだけマイナスすれば、さすがに飛ばない。が、赤をもう少し落としたい。実際にはかなり明るい赤なので、本当はもっと明るくなるのだけど、ピンクの彼岸花はいただけない。なので、今日この写真を露出を -1.3 にして現像したものから花の部分だけを切り抜いて貼り付けた。下が元の写真である。

道ばたの寸景 160 DP2 1/125Sec. f:6.3 ノーレタッチ


道ばたの寸景 017 DP2 1/15Sec. f:7.1 EV-0.7

彼岸花の写真に手を入れる気になったのは、本日再撮影して差し替えたこの写真、道ばたの寸景 017 のせいである。私のマンションから歩いて 10 秒ほどの所にある陸橋を支えている鉄柱の根本に大きなループ錠が掛かっている。何年前からあるのかわからないけど、かなりの年代物だと思う。で、その側に使い捨てライターが落ちていた。このライターのおかげでループ錠の大きさがわかるので、再撮影となった。この使い捨てライターの赤も普通に撮影して、普通に現像するとかなり明るくなる。なので、雨交じりの曇天であるにもかかわらず、露出補正を EV-0.7 で撮影している。それでもこの赤は明るくなる。実際には見た通りなので、そのままにしておいても良いのだけど、なぜか人間の目は彩度の高いものが明るくなった状態を不自然と感じるようだ。

そのため、上の彼岸花と同じ方法、つまり同じ X3F ファイルを相対的に露出を -1.3 して現像、ライターの部分だけを切り抜いて下の写真に貼り付けたものである。

道ばたの寸景 道ばたの寸景 017 DP2 1/15Sec. f:7.1 EV-0.7 ノーレタッチ

| | コメント (0)

道ばたの寸景撮影話 004 と 005 2009/11/13

今日は朝6時から夜の6時30分まで食事をしている間もパソコンとにらめっこしながら、一日中プログラミングをしていて、とても楽しかった。が、かなり疲れた。

さて、ネタがないので道ばたの寸景撮影話である。

でも、本当は写真を撮影したときの状況や撮影した方法をクドクドと述べることを恥ずかしいと感じている。恥ずかしいと感じる一番の理由はつまらない写真を解説することで、それなりに面白い写真かも知れないと感じてもらおうとしているのではないかと思われてしまうのが恥ずかしい。その様な下心はない。

さらに、そんな風に解説してみても、やっぱりつまらない写真だと思われてしまうのも恥ずかしい。だけど、写真を撮影することにあまり慣れていない方にしてみれば、一枚の写真を見て作者がどんな風に感じて、どんな方法でその写真を撮ったのかと言うことに多少の興味はあるだろう。

いつも言い訳ばかり書いていることも恥ずかしいと感じる理由の一つであるが、ごく少数の「道ばたの寸景」を温かい目で見ていただいている方々と写真を撮り始めたばかりの方々のために書いていると言うことで、ご勘弁願いたい。



道ばたの寸景 004 DP2 1/125Sec. f:6.3

自宅から 200m 位のところにある駐車場。以前、後ろに3台の自転車をくくりつけたキャンピングカーが駐まっていた。いつの間にかいなくなってしまったのだけど、自転車を無理矢理くくりつけている感じが面白くて撮った。この写真も全部で20カットくらいを2回に分けて撮ったものの一枚だ。とても面白いと言えるレベルではないので、最終的には残らないかも知れない。キャンピングカー自体が少し傾いていて、水平が出ていないように見えるのだけど、実際には、ほぼ水平で撮っている。「道ばたの寸景」に掲載してある写真の内、アクセサリーシューに取り付けてある水準器を見ないで撮影しているものはほんの数枚。95% 以上が水準器を参照しながら撮影している。



道ばたの寸景 005 DP2 1/60Sec. f:4.0

上の駐車場より50mほど我が家に近いところに引越センターがあった。2ヶ月ほど前に引っ越してしまい、今は倉庫だけが残っていて看板もない。この風景はブロック塀の向こうに引越センターの大型トラックが駐まっていて、菱形の見通し穴の向こうにぴったり赤いストライプが重なっていたのが面白くて撮った。トラックに書いてあるガチョウのキャラクターが塀の上を歩いている様な高さと、赤いストライプがぴったり菱形の見通し穴と重なる位置を探すのが楽しかった。チョット見た時に面白いだけの写真だ。でも、目にしたときの「ん?」と言った印象は悪くないので、それなりに好きな写真である。最後まで残るだろう。

| | コメント (0)

70-300mm F4-5.6 DG OS 2009/11/12

キヤノン用の発売から2ヶ月以上遅れてシグマ用が11月27日に発売になる。もっと早く出るだろうと思っていたのだけど、以外に時間が掛かった。

APO 70-300mm F4-5.6 DG (OS なし) は非常にコストパフォーマンスの高いレンズであったが、新しい OS 付きは驚くほど安い価格ではなさそう。OS なしの 70-300mm も希望小売価格は 62,000円と決して安くはなかったが、ニコンが同じスペックのレンズを非常に安い実売価格で販売していたためシグマもかなり安い価格で販売せざるを得なかったのではないかと思っている。ただ、シグマの APO 70-300mm は非常に良いレンズであることがわかってきた後で発売された DG に関しては、ニコン純正より高い値段で売られてはいた。

今回の OS 付きにしても、ニコン純正が 60,000円くらいで売られているため、シグマとしてはそれより安ければ良いだろうと言うことで高めの価格設定となったようだ。が、実売で5万円を切るようなので、決して高いとは言えない。キャノンはニコンより少し高めである。

お手軽望遠レンズとしてはかなりお勧め度は高く、9月に来たシグマからのメールに掲載されていた情報によれば、旧タイプも同じ設計者さんによって設計されたとのことで、今回の 70-300mm は「出来なかったことを次機種に反映しようと、長年構想を練っていました。」との事だ。

最初の 70-300mm F4-5.6 が発売されたのは私のデータベースによれば・・・ぎゃ、古すぎてわからない。一番古い資料である 1996年6月のカタログには 70-300mm APO MACRO F4-5.6 ZEN が既に掲載されている。この設計者さんは13年もの長きに渡って構想を練ってきたことになる。(^^;

あ、シグマからのメールを良く読んでみたら「従来のAPO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO も設計を担当していた」と書いてあるから、APO 70-300mm F4-5.6 DG が発売された 2005年5月からだとすれば、4年間構想を練っていたことになる。

いずれにしても OS 付きの軽量望遠ズームであることは確かで、50-200mm F4-5.6 DC OS HSM よりは良い描写をしてくれるのではないかと期待している。

ただ、諸般の事情により、発売後、すぐにテストできるかどうかはわからない。(^^;

| | コメント (2)

ミラーサイトを更新 2009/11/11

ご存じの方も多いと思うけど、maro のウェブサイトには www.maros-photo.com と言うミラーサイトがあった。私のウェブサイトのタイトルをクリックしていただくと、そこへ飛ぶようになっていた。何らかの障害が起きたときのための用心に 1strentalserver を借りて、そこにそっくり同じものを置いてあった。というのは建前で、「一応置いてある」と言うべきである。なぜならば気が向かないと更新しないからだ。

あまり長いこと放っておくのも問題なので、昨日と今日の空き時間を利用してミラーサーバーの内容を現時点でのものと全く同じにした。10G バイトまで保存できて、月 1,000円程度のレンタル料なので、あまり速くはない。が、遅いと文句を言うほど遅くもない。

日本国内からアクセスしている方は本来の @Nifty にある正規のサイトにアクセスしていただいた方が良いので、ミラーサイトのことは気になさらなくて良い。万一、鯖管理人さんよりお借りしている作例画像用のサーバーが止まっているときには作例画像のページが表示されなくなるので、リンク先を一時的に変更して、このミラーサーバーに飛んでいただくことがあるくらいだ。

私の記憶が正しければ、ちょうど DP2 が発売になった日に作例画像用のサーバーが止まった様な記憶がある。私の作例画像用のページがサーバーが停止していて表示されないときには「フォビオン掲示板」も表示されなくなるはずなので、すぐにわかると思う。

また、作例画像以外の画像に関しても、@Nifty のウェブサイト用サーバーではなく、Lacoocan を使っている。実は http://maros.image.coocan.jp にもミラーサイトが作ってある。これは @Nifty のウェブサーバーがコケた時のバックアップである。

コンピュータは万全ではない。インターネットも完全ではない。システムエンジニアはバックアップがちゃんとしていないと落ち着かない。損な性分である。

| | コメント (2)

機材のデザイン 2009/11/10

一昨日、私がアクセス規制の犠牲になっている間に2ちゃんねるのデジタルカメラ掲示板、DP1/DP2 スレッドにどなたかが「道ばたの寸景」の一枚へのリンクをアップした。その写真についてイロイロ書かれたが、そのきっかけになったのは、ムートグリップのデザインがイマイチという意見に対して、そのどなたかが書いていた「デザインを気にするのはガキ」みたいな書き込みであった。

私もカメラやレンズ、アクセサリーのデザインそのものはあまり気にしない。が、全く気にしないわけではない。100-300mm F4 を買うときにも現在のシグマ製レンズのデザインになるまで待っていたし、マンフロット 055CXPRO3 が気に入っているのも、そのデザインの良さに因るところは大きい。

基本的には操作性や機能が優れていれば、デザインには目をつぶっても良いとは思う。もちろん、操作性や機能が良くてデザインも良ければそれに越したことはない。しかし、デザインが悪いから買わないという選択をすることは考えられない。だからデザインが悪いからと言う理由だけで必要と思われる機材を買わない人の気持ちを私は良く理解することができない。

私のデザインに対するセンスは劣悪なので、私が「このデザインは好き。」なんて書いても、賛同してくれる人は少ない。敢えてそれを承知で書くけれど DP1/DP2 のデザインはすごく良いと思う。SD14 も悪くはないが今ひとつ、もっと丸いか、もっと角張っている方が良いような気がする。

それにしても SD15 はどうなっているのだろう・・・。

| | コメント (5)

あっと言う間の6ヶ月 2009/11/09

DP2 を使い始めて早6ヶ月半。フリーズ知らずのマシンになってくれたことが何よりも嬉しい。そして、ムートグリップによって手になじむようにもなった。41mm 相当の画角はとても素直。フィルム(センサー)サイズの対角線長が本来の標準レンズというのは有名な話だが、FOVEON X3 イメージセンサー(Fx17-78-F13D)の有効対角線長は 24.9mm だから 24.2mm はほぼ標準レンズである。

何を撮るかにもよるけど普通の撮影においてはこの焦点距離でたいがいのものは撮れる。もちろん広角や望遠が欲しいときもあるから万能レンズとは言わないけど、一般的なスナップ写真においてはとても使いやすい。贅沢を言えばもう少し近づけるとなお良い。いつもクローズアップレンズを持ち歩いているので、かなりの近接撮影が可能だけど可憐な花一輪を撮るには少し足りない。

DP2 のレンズキャップは使っているうちにゆるんでくるとの事だが、私は入手したその日にレンズキャップを外して以来、箱の中に入れっぱなしで、付けたことがない。逆にレンズフードはクローズアップレンズを使うときと内蔵フラッシュを使うときに外すだけである。だから電源を入れたり切ったりするたびにレンズが出たり引っ込んだりするのが電池の無駄遣いをしているような気になる。沈胴式であることで携帯性が良くなることは確かなので、ダメとは言わないけど、私は固定式のが好きだ。

しかし、「ファインダーがないカメラはカメラじゃない」とか「レンズの交換できないカメラはカメラじゃない」と言っていった張本人がこのありさまだ。SIGMA DP2 は本当に良いカメラである。

あ、ムートグリップの大きな欠点を発見してしまった。SIGMA DP を3台も持っていると3セット欲しくなく事である。ハルムートさんがうらやましい。きっと売るほどあるんだろうな。(^^;

| | コメント (0)

のんびりお仕事 2009/11/08

今日は「はな」が千葉 YMCA の野外学習に行ってしまった。親は一緒に行けないので私は家で仕事をしていた。


今朝も50分ほどご近所を廻ったが1枚も撮れず。早起きと健康維持には良いが、何にも撮れなかったのは少し寂しい。

たった一枚の写真を撮るために時間や天候が気に入らず、10回近く足を運び、ようやく思った通りの光で思ったものに近い写真が撮れることがある。しかも、その写真は偶然に撮れたかのように見える。道ばたの寸景の中にはそんな風にして撮影されたものがある。思い入れがある分、お気に入りの写真となってしまう。

しかし、撮影時の苦労が写真のパワーになるのなら良いが、逆にいかにも「苦労したぞ!」みたいになるのはあまり好ましくはない。まぁ、結果が良ければ、それはそれで良いだろうが見る人にとっては撮影者のそう言った苦労を押し売りされるのは嫌なものではないかと思う。

もちろん動物写真家の故星野道夫氏が撮影したような見る人に非常に強い感動を与えてくれて、その撮影に際しての努力のすさまじさが伝わって来る写真は本当に素晴らしいと思う。しかし、私が撮る写真がそういった素晴らしい写真とはまるで比べものにならないものであることは言うまでもない。

だからチョロッと撮ったように見える写真の方が私らしくて好きだ。そして、最近はそれで良いのだと思うようになってきた。

2ちゃんねるの DP1/DP2 スレッドにどなたかが道ばたの寸景の最新の1枚を私が貼ったかのような書き方でリンクしている。犯罪とは言わないが、困ったものである。ただ、その写真についてイロイロと書かれているのが面白い。匿名掲示板であることも理由の一つだろうけど、メタクソである。ただ、私が勉強になるようにもう少し具体的に欠点を指摘してくれた方がありがたい、実はあの写真は上に書いた何度も同じ場所に足を運んで 120 カット撮った中の一枚だ。

なぜ、この場所にこだわったかは内緒にしておく。良~~~く見ていただくと、少し面白い場所であることがおわかり頂けるだろう。


道ばたの寸景 224 DP2 1/400Sec. f:7.1

| | コメント (0)

8色のエネループ 2009/11/07

先月の13日に eneloop の色を変えたものが欲しいと書いた。それを読んだからではないだろうけど、サンヨーからパステルカラーの eneloop が発表された。色違いの8本がセットになっている。

私が欲しいのは同じ色の電池4本がセットになって、色違いがあるものだ。10万セットの限定販売と言うことだからどの色も同じタイミングで購入することになるけど、色違いだったら、使うたびに同じ組み合わせにしないといけなくなる。8本セットを4組買えば良いのだけど、一応寿命があることを考えると32本同時に買うのは無駄である。誰かと共同購入しようかと考えている。賛同者がいたらコメントしていただきたい。

おっと、私は10月の13日に eneloop の新型が「明日」発売になると書いているが、一ヶ月勘違いをしていた。eneloop の新型は11月14日発売である。で、パステルカラーの eneloop は12月1日発売予定だ。


今朝も道ばたの寸景を少し撮ったがイマイチ。「はな」が卒園した幼稚園のバザーに行って帰ってきた。比較的のんびり過ごした一日であった。

| | コメント (3)

あまり忙しくなくなってしまった日 2009/11/06

今日は自宅で会社その4の販売管理システムの手直し。途中までやったら、「一部変更になる可能性があるので、全部をきれいに完成させなくても良い、月曜日に来て話を聞いてからやってくれ。」と連絡が入った。

今日と明日で終わらせる予定が、今日やった分で一時停止状態となった。会社その1の大きな改訂も、まだユーザーからのコンセンサスが取り切れていないのでとりあえずテスト版までで良いと言うことで、それはもう終わっている。会社その3も水曜日まではすることがない。

仕事に関しては、少し暇になった。

少し道ばたの寸景を整理しよう。

と言うことで、これから撮り貯めてあった分を追加する。イマイチ気に入っていないものと差し替えようかと思ったけど、イマイチ気に入らないものがあまりない。外したい写真が1枚あるのだけど、あわてることはないだろう。つまらない写真ばかり並べておいて、何を悩んでいるのかと思われてしまうのはわかっているのだけど、私自身がどの写真も恥ずかしくて見せられない程のレベルではないと感じているためお許し頂く。

もちろん(悔しいけど)、大いばりで「良い写真でしょう!」と言える写真もほとんどない。私自身が好きな写真は20枚ほどあるけど、良い写真と言える自信は全くない。が、「良い」の意味を「チョット面白い」とか「そこそこ見られる」とか「まぁ悪くはないんじゃない」と言ったレベルとするなら、良い写真だとは思っている。

| | コメント (0)

普通に忙しかった日 2009/11/05

午前10時から19時30分まで、昼食20分で一日中働いていました。

昨日の疲れが残っていて、今日もヘロヘロです。

愛想なしで、スミマセン。お休みなさい。

| | コメント (0)

異常に忙しかった日 2009/11/04

会社を3つも廻ると、ヘトヘトです。朝の5時から起きて仕事して、夜の10時30分に帰って来て、食事をしたらこの時間です。

いろんな意味でとても疲れた日でした。おやすみなさい。

| | コメント (1)

晴れの特異日 2009/11/03

今日、文化の日は晴れの特異日と言うことだ。特異日というのは本来なら晴れる日が少ない季節にもかかわらず、良く晴れる日とか本来なら晴れる日が多いのになぜか雨になることが多い日を言うそうだ。

私は10月10日を晴れの特異日だと聞いたような覚えがあったのだけど、インターネットで調べたら、十月の初旬は晴れることが多いので、10月10日は晴れの特異日ではないとのことだった。

いずれにしても、今日の天気は快晴。昨日の強い風はそのままで、朝、少しばかりご近所を廻ったのだけど、とても寒くて震えてしまった。とにかく、とても空気が澄んでいた。本当に空気が澄んでいるかどうかは我が家から富士山が見えるかどうかですぐ判る。今日は朝から夕方まで、一日中、私が住んでいるマンションから富士山が見えた。少し残念なのは、私が住んでいるのが北東の角部屋であるため、自宅から富士山を見ることはできない。いつもマンションの反対側へ抜けて、非常階段の上から見ている。

夕方の富士山
SIGMA SD14 w/100-300mm F4 EX DG HSM @300mm f:4.5 1/40Sec. ISO100

今日は「はな」を図書館へ連れて行った。私が住んでいる船橋市の隣、市川市の中央図書館で、特に子供向けの本が充実している。幸い船橋市民であっても、市川市民とほとんど同じ条件で本の貸し出しを行ってくれるとてもありがたい図書館である。

その図書館に隣接して、千葉県立の現代産業科学館と言うのがある。千葉市の科学館ほどの規模ではないが、イロイロと楽しい展示が有り、子供も十分に楽しめるようにできている。と言うよりは名前から受ける印象とは異なり、むしろ子供向けの施設であった。

偶然に「カメラの世界」と銘打った特別展をやっていて、特に今日は入場無料であった。今日の「はな」のスナップをご覧頂ければ、窓に大きく張り紙がしてあるのをおわかりいただけるだろう。懐かしいカメラがいっぱい並んでいて、とても楽しかったが、なぜか撮影禁止であった。私が見たこともないカメラも並んでいて、コマフレックスS(127フィルムを使う4x4判一眼レフ)の現物を初めて見ることができた。

可愛いポーズ
SIGMA DP2 @f:6.3 1/40Sec. ISO100

いずれにしても、「はな」にとって楽しい一日であったようで、私も楽しむことができた。写真もいっぱい撮れた。デジタルは本当にありがたい。明日からはまた仕事三昧である。

| | コメント (0)

何とかなるか・・・? 2009/11/02

写真の良し悪しに明確な判断基準はない。好き嫌いと言うことに関しても、なぜこの写真が好きなのかと言った感情の原因を自分自身の心の中に見つけることさえ難しいことがある。

スナップ的な写真の場合、できあがった写真とその写真を撮るために要した時間や工夫にはあまり大きな相関関係はない。どんなに苦労して撮った写真であってもつまらないものはつまらないし、ふとした偶然でほとんど反射的にシャッターを押してしまったような写真が面白いことのが多い。

いかにも苦労して撮りました的な写真は、よほど良い写真でない限り、そこに撮影者のいやらしさが見え隠れする。でも、そんな写真をダメと捨ててしまったら、私自身の写真との取り組み方自体を考え直さなければいけなくなる。


先月末に予定があった入金が一つ飛んだ。私の予定が甘かったのが原因なので、誰が悪いわけではない。

イロイロな要因が重なって今年の4月以降私の収入が激減し、四苦八苦しながら何とか生き延びてきたのだけど、ここへ来て非常にしんどい状態となってしまった。

こういった事を雑記帳に書くことは極力避けてきたのだけど、本当に困った状態になってしまい、精神的にかなり参っている。

ここで私の困窮状態をクドクド書いても、何も始まらない。が、どなたか助けてくれる方がおられるのなら、助けてもらおうと言う下心もある。

明日は明日の風が吹くとは言うけど、明日の風に吹かれたくないという心境もあると言うことを知った。

余計なことを書いて、申し訳ない。

| | コメント (3)

仕事しつつもチョットのんびり 2009/11/01

11月になってしまった。やはり SD15 の発売日は発表されなかった。こうなると年内に出てくるのかどうかが心配になる。

私としては SD15 を止めて、レンズ交換式 DP にシフトしてくれても良い。(^^;


今日は朝早くから2時間ほど道ばたの寸景を求めて自転車で自宅の周囲 1.6km 圏内をグルグル回った。撮り始めた頃は自宅から直線距離にして 1km 以内を撮影範囲と決めていたのだけど、撮ってゆく内にだんだん広がってきた。最終的には自宅から 2km 圏が撮影対象となってしまうかも知れない。

ゴミとか廃棄された自転車とか美しくない物は結構いっぱいあるのだけど、そう言った被写体には面白さとか楽しさが無いのでなるべく撮らないようにしている。ポスターや看板などをそのまま撮ることもしたくない。さりとて極端なクローズアップもしたくない。まぁ、自分自身が面白いと感じる物であれば、四の五の言わずに撮れば良いのだけど、つい格好を付けたくなる。

まだ撮り始めてから4ヶ月と半月ほどしか経っていない。最低でも1年間は撮るつもりなので、まだ先は長い。実は今日新たに加えたのは4枚だけど、既存の2枚を差し替えて、4枚ほど現像し直している。このところ少し迷いもあって、ある日ある時、掲載されている写真が半分くらいになってしまうかも知れない。

つまらない写真が減るのは良いことだと言われてしまうけど、自分自身の中でそれぞれの写真に対する評価が定まっていないので、しばらくは増えるに任せるかも知れない。ご覧頂いている方々にとってたいした写真でないことは十分承知しているのだけど、私自身にとってはそれなりに好きな写真なので悩ましいところだ。


2ちゃんねるで私のサイトは役に立つけど写真やデザインはダサイと書かれてしまった。写真やデザインがダサイのはその通りで、私のセンスのなさがそのまま出ている。誠に申し訳ない。しかし、こういった情報主体のウェブサイトにとって一番重要なのは役に立つことなので、その点を評価してもらえたのがとても嬉しい。写真やデザインがダサイのは当分このままだと思う。見苦しさをお許し頂きたい。

| | コメント (4)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »