« プリンタを変更 2010/02/11 | トップページ | 見積書作成システム完了。 2010/02/13 »

17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM その後 2010/02/12

シグマから「ひどい片ボケではない。」と言ってきた。その通りである。私はシグマに「わずかではありますが明らかな片ボケがあります。」と書いて送り返している。

また、「若干前ピン傾向がある」と言われた。テスト撮影を行った日はとても寒かったため、横着をして、AF で撮影したのが良くなかったようだ。

シグマには以下のように返事をしておいた。

このテスト撮影は1枚撮影する度に、カメラの前に手を出して、その手にピントを
合わせ直し、手を外して再度 AF で無限遠にピントを合わせる(ケーブルレリーズ
のボタンを軽くチョンチョン押して、合焦音を数度確認)方法で撮影しています。

各焦点距離、各絞り値で6~8枚撮影し、その中の最良画像を選択してあります。
もちろん三脚に乗せてミラーアップで撮影しています。

AF で前ピン気味と言うことですので、それが影響した可能性があります。
プリウスとは逆で、ブレーキの効きが良すぎる個体だったのかも知れません。

↑↑↑↑↑ 引用終わり ↑↑↑↑↑↑

AF で撮影する方ならお解りだと思うけどカメラにピントを合わせ直すためには
一度別の距離のものにピントを合わせておいて、再度被写体に向けて合焦
動作を行わせるのが一般的だ。

が、今回は被写体が無限遠にあるために、4~50cmあたりに一度ピントを
合わせておいて、再び無限遠に合焦させる方法で撮影した。もし、レンズの
AF コントロールが近距離から遠距離に合わせ直した時にうまく合焦しない
タイプだと、この方法では全滅する。

HSM は非常にブレーキの効きが良い。カメラはレンズが合焦動作を行う際に
モーターやらピントリングの慣性を考慮して、ほんの少しだけ早めにブレーキ
を掛ける。

ブレーキの効きが良すぎるレンズだと、すぐに止まってしまうため、正しい
位置より少し手前で止まってしまうことになる。

今回のわずかなピンぼけはこのあたりに原因があったのかも知れない。

どのように調整されて帰ってくるのか楽しみである。

|

« プリンタを変更 2010/02/11 | トップページ | 見積書作成システム完了。 2010/02/13 »

コメント

> しおんさん

いつものレンズテストは MF で行うのですが、17-70mm F2.7-4 DC MACRO OS HSM は常用レンズになることと、非常に寒かったせいで、全て AF で撮影しました。

おそらく MF で撮っていれば、もっと良い結果が出たと思われますが、このレンズを評価するにはやはり AF で撮らないといけないと思います。

いずれにしても、調整後のレンズがどんな描写を見せてくれるかが楽しみです。

投稿: maro | 2010.02.14 00:38

maroさんのテスト像を拝見していて
私も「少し前ピンの様な」と思いました。
というのも、
テスト像の下部(手前)はよく解像していましたので、
「無限遠が出ないトラブルなのかなぁ」と。。

maroさんのテストで合格が出れば
17-70と70-300を買おうと考えてますので
是非完璧な調整をシグマさんに期待したいです(^^

投稿: しおん | 2010.02.13 17:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プリンタを変更 2010/02/11 | トップページ | 見積書作成システム完了。 2010/02/13 »