« 仕事も順調 2010/02/24 | トップページ | 明日は鎌倉 2010/02/26 »

デジタル用標準ズームに思うこと 2010/02/25

私は 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO と 18-50mm F2.8 EX DC MACRO を使っている。感覚的には 18-50mm F2.8 EX DC MACRO のが少しだけ良い描写をする。が、望遠端は 50mm 止まりだ。

どちらのレンズを使うべきかは撮影する予定の被写体に対して 50mm を越える焦点距離を使う可能性がある場合には 17-70mm を持ち出し、50mm 以下の焦点距離で間に合うと判断した場合には 18-50mm で撮影する。望遠端の明るさが異なるけど、あまり気にしたことはない。

正直言って 17-70mm を持っていれば、18-50mm は要らないと思う。が、描写力にこだわるのであれば、17-70mm より 18-50mm を使った方が良いだろう。どちらが好きかと尋ねられたら、私は 17-70mm と答える。換算 85mm 程度の望遠では物足りなさを感じることが多いからだ。

さて、私の 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM はまだシグマから帰ってこない。私が「ハズレ」と判断したあのレンズは再検査を行っても、出荷基準をクリアしていることが判明した。しかし、AF で使用したときにわずかな前ピン傾向があり、SD14 で撮影してしまうと非常にわずかではあるが片ボケが確認できてしまう。正直、ベイヤー型のセンサーだったらおそらくわからないと思われる程度の差でしかない。だから、許容範囲です言われてしまうと、「はいそうですか」と答えざるを得ない。


17-50mm F2.8 EX DC OS HSM は EX シリーズ初の OS 付きレンズになると思う。APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM はおそらくその後だろう。EX レンズの描写力に OS がついて行けるのかどうか一抹の不安がある。

|

« 仕事も順調 2010/02/24 | トップページ | 明日は鎌倉 2010/02/26 »

コメント

> フォビオンのめざめさん

私が入手した 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM が「ハズレ」あるいは「AF で使ったらダメなレンズ」のどちらかであることは確かです。

なぜなら、シグマから来たメールに

● このレンズに対するこだわり
┃従来機種で評価を頂いていた光学性能を維持しつつ、倍率色収差、周辺域の
┃描写性能を改善し、全域でコントラストの高い、抜けの良い描写性能を
┃発揮しています。

と書いてあるからです。つまり、旧タイプと比較して、周辺域が悪かったら、このレンズの設計性能が出ていないと判断しなければいけないと言うことです。

私がテストしたレンズは旧タイプとは比較にならないほど周辺域の描写が甘かったため「ハズレ」と判断しました。

投稿: maro | 2010.02.26 22:45

> amp さん

残念ながら現時点で SD が本当の実力を発揮できるレンズは数本しかありません。

DP1 や DP2 のレンズに匹敵する交換レンズが広角系に有れば良いのですが・・・。

ただ、私はシグマが道楽でレンズを作っているとは思えませんので、amp さんのご意見には賛同しかねるところです。

私的には、スペックを抑えてでも良い描写のレンズを作って欲しいです。

投稿: maro | 2010.02.26 22:37

来るべきSD15には17-70mm F2.8-4.5 DC MACROを、と思っています。DP-1&2に魅了され、NIKONからの乗換えで、初めてのSIGMAの一眼カメラとレンズです。maroさんのレンズがそのレンズだけのハズレなのか?それだけが気になります。

投稿: フォビオンのめざめ | 2010.02.26 12:56

maroさん、はじめまして。
いつも有益な情報ありがとうございます。
新しい17-70や17-50で、ようやくSDに手を出しても良いかな
と思えるようになってきましたが、
忌憚無く言うと、まだまだレンズメーカーの道楽ですね.....
14-40mm F2.8 EX DG OS HSM
14-70mm F4 EX DG OS HSM
というものを出して、初めて本気と言えるのではないでしょうか?
ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWDや
Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA
を超えるものを期待します。

投稿: amp | 2010.02.26 11:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仕事も順調 2010/02/24 | トップページ | 明日は鎌倉 2010/02/26 »