« SD15 とっても楽しみ 2010/03/15 | トップページ | SIGMA SD と言うカメラ 2010/03/17 »

イロイロな雑考 2010/03/16

シグマが儲かっているのかどうか、私は知らない。ただ、このところの全世界的な不景気を考え、円高を考え、シグマの製品が全て日本国内で生産されていることを考えると決して楽ではないと思う。

にもかかわらず交換レンズやカメラをとても良心的な価格で販売し続けている。DP1 が出たときに写真関係の方々がその価格を「安い!」と皆さん口を揃えて賞賛したことは記憶に新しい。にもかかわらず、DP1s や DP2 はそれよりさらに安い価格で売られている。

交換レンズにしてもシグマが製造して販売しているレンズが非常にコストパフォーマンスの高い製品であることは周知の事実だ。だから、ついシグマは儲かっているのだろうかと心配してしまう。ただ、コストパフォーマンスと言うことではタムロンやトキナーも十分に良いと思う。どうしてシグマ以外のカメラメーカが作るレンズはあんなに高いのだろう?


さて、DP3 は出るのだろうか?

私は出ると思う。が、それがどのようなレンズを着けたカメラになるのかが全く読めない。可能性は5つ。

1.超広角 フルサイズ換算 21mm
2.DP1s と DP2 の間 フルサイズ換算 33mm くらい(マクロ付き)
3.少し望遠 フルサイズ換算 65mm くらい(マクロ付き)
4.少し望遠ズーム フルサイズ換算 50-100mm くらい(マクロ付き)
5.標準ズーム フルサイズ換算 28-70mm くらい(マクロ付き)

その他にも考えられるけど、もし DP3 が出るとしたらこの5種類の内のどれかではないかと思う。一番可能性が高いと私が感じるのは3.であるが、2.および1.もありそう。ズーム付きとなるとレンズが大きくなるため、可能性は低い。しかし、開放値にこだわらなければ意外と小さいサイズで出てくるかも知れない。

DP1s と DP2 の特徴は APS-C サイズのセンサーを搭載していることだが、そのセンサーが FOVEON であることのが私は重要だと思う。でも、それ以上に私がすごいと感じているのはそのレンズである。ミラーボックスが無い分フランジバックを無理に長くする必要がないことと単焦点であること、必要以上に開放値を明るくしなかったことの3つが DP に着いているレンズの描写力があれほどまでにすさまじいことの要因である。もちろんシグマの設計技術と製造技術が高いからこそ実現できたレンズである。


昨日、私は DP に着いているレンズを「良すぎる」と表現した。その意味は一眼レフ用交換レンズであの描写力を実現するのは至難の業であろうと言う意味だ。

SD を使ったことがない DP ユーザーでこの記事をお読みいただいている方にご注意。SD15 は DP と同じ FOVEON センサーを搭載しているが、DP と同じレンズは着けられない。私が現時点で自信を持ってお薦め出来る DP とほぼ同じレベルの描写力がある SD15 用のレンズは 50mm F1.4、70mm F2.8、105mm F2.8、150mm F2.8、180mm F3.5、70-200mm F2.8 II、100-300mm F4、120-300mm F2.8 だけである。しかし、これらのレンズでも絞り開放では少し苦しい。1段から2段ほど絞ることをお勧めする。f:9.0 まで絞ることを前提として、倍率色収差を容認する(レタッチで目立たなくすることは出来る)のであれば 20mm F1.8、24mm F1.8、10-20mm F3.5、17-70mm F2.8-4.5、18-50mm F2.8、24-70mm F2.8、50-150mm F2.8 II が使えるだろう。

それ以外のレンズはダメなのか?そんなことはない。ちゃんと写る。しかし、特に画面周辺部の描写を気にする場合は DP ほどカッチリとは写らないことを承知で使わなければいけない。つまり、中心部の描写が重要で周辺部がボケるような構図の写真であればどのレンズを使っても大丈夫だ。もちろん、ピンボケとブレが起きていないことが前提である。ただし、EX でないズームの望遠端だと、中心部であっても多少甘いものがあるので気をつけて欲しい。具体的には私のサイトの「レンズテスト」をご参照願いたい。

なお、上記の「お薦め」にはフィッシュアイ、望遠単焦点、300-800mm、200-500mm F2.8 は初めから含まれていない。テストしたことがないのでわからないからだ。

|

« SD15 とっても楽しみ 2010/03/15 | トップページ | SIGMA SD と言うカメラ 2010/03/17 »

コメント

ご回答、ありがとうございます(^^

なるほど。
高くて重くて大きくなっちゃうんですね。
すると、DPのメリットがかなり薄れてしまいますからね・・・

勉強になりました。
ありがとうございます!!

投稿: Mixed Nuts | 2010.03.18 10:45

> 空の穴・穴さん

貴重な情報、ありがとうございます。結構儲かっているようで安心しました。シグマのサイトには年商332億円 (平成21年8月期:連結)となっていますので、大丈夫みたいですね。

投稿: maro | 2010.03.17 20:51

> Mixed Nuts さん

明るい(大きい)レンズを高い精度で作るためには高い製造技術が要求されます。

解像度を重視するのであればある程度小さい方が高い精度でレンズを作れると大昔に聞いたことがあります。

描写力が要求されるマクロレンズに大口径のレンズがないのもそのせいです。

明るいレンズのメリットは明るいこと(だけ)です。デメリットは絞り開放で十分に良い描写を得ることが難しいこと。レンズが重く、大きくなること。高価になること。

高くて重いレンズを必要に応じて1,2段絞って撮るのと、安くて軽いレンズを絞らずに使うのではどちらが良いと思いますか?

もちろんこれは私のいたって個人的な見解ですので、異論のある方はいっぱいおられると思います。

投稿: maro | 2010.03.17 20:37

> 砂鱒さん

DP3 が出るかどうかはビミョーですが、出て欲しいような欲しくないような。(^^;

レンズの価格についてはチョット?です。

投稿: maro | 2010.03.17 20:04

 毎日拝見させていただいております。

 シグマは、マロ様の想像されている様なやわな会社ではないように思います。

 株式会社シグマの企業情報ですが、2010年2月での東京商工リサーチの数値。
2007.8 売上31,945.000千円 利益5,326,000千円
2006.8 売上22,384,980千円 利益2,252,980千円
 評価65点の優良企業のようです。

投稿: 空の穴・穴 | 2010.03.17 17:06

いつも参考にさせてもらってます。

「必要以上に開放値を明るくしなかったこと」はどのようなメリットがあるのですか?

明るいレンズのほうがいろいろな点でメリットが多いものだと思ってました。
(必要に応じて1,2段絞って撮れば良い)

参考までに教えてください。
よろしくお願いいたします。

投稿: Mixed Nuts | 2010.03.17 17:01

DP3は、DP1x/DP2s/SD15が、一段落着いた、今年のフォトキナで、コンセプトの発表ぐらいは、ありそうですね。

実用性・数を売るためなら(3)ですけど。
昔の興和(カロ)と同じく、望遠(マクロ付き)専用モデルも面白いですね。

レンズの値段については、各カメラメーカでは、カメラ本体は赤字/レンズで利益確保らしいですから、その違いでしょうね。

投稿: 砂鱒 | 2010.03.17 09:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SD15 とっても楽しみ 2010/03/15 | トップページ | SIGMA SD と言うカメラ 2010/03/17 »