« CP+ まであと3日 2010/03/08 | トップページ | 明日から CP+  2010/03/10 »

CP+ まであと2日 2010/03/09

SIGMA SD9 のユーザーになってから毎年行っている写真機材の展示会、名前は変わっても展示会のありようはあまり大きく変わっていない。特に私はシグマのブース以外を熱心に見て回ることはないのでそう感じるのかも知れない。

シグマのブースで一番大きな変化があったのは「フォトエキスポ」から PIE と名前が変わった 2006 年だった。それまでコンパニオンさんを使っていなかったシグマが初めておねぇさん達をブースに並べた。

しかし、他のメーカーとは異なり、あくまでもサンプルレンズ等を来場者に手渡す係りのような位置づけで、清楚な服装で肌の露出もなく、お色気控えめでとても良い感じである。今年もコンパニオンさん達がいるかどうかはわからないが、ブースの雰囲気を明るいものにしていることは確かで、いないよりはいたほうが楽しい。私も楽しく撮影させてもらえる被写体が増えるのでとても嬉しい。

社員の方々とご挨拶させていただくのも楽しみの一つである。いつも電話やメールでお世話になっている方々と直接お話が出来ることで、よりシグマという会社に対して親近感を覚える。が、会場でここには書けないような話をシグマの社員の方から聞けることは無い。皆さん口が固い。一番気になる新機種の発売日に関しても、公式の発表があるまでは誰も教えてくれない。

このサイトで顔出しをしているせいもあって会場で見知らぬ方から声を掛けられることもある。カメラやレンズの話を同じシグマユーザーと語り合うのはとても楽しい。ただ、私はシグマの製品を褒めることより、けなすことのが多い。弱点を知ってそれを克服する方法を知っていただくことが大切と考えるからだ。

シグマの製品の良い点は皆さんわかっている。だからユーザーになっているのだ。これからユーザーになろうと考えている方には、シグマのカメラやレンズで撮影された画像をインターネット上でも良いから、じっくり見て欲しいと思う。シグマの良さはそれらの画像を見てもらえば、誰にでもわかるはず。

ご自身の目を信じてシグマのデジタルカメラやレンズを購入した方はお仲間である。しかし、私のように画質が良ければその他の点が多少悪くても使いたいと思う人ばかりではない。例えば DP シリーズのレンズが繰り出される音に文句を言う人がいる。デザインに文句を言う人がいる。私にとってはどうでも良いことであるが、カメラを写真撮影のための道具でなく、所有していることの喜びを感じさせてくれる「物」でないとダメだと思っている人たちがいることも確かだ。

私はそれについてとやかく言うつもりはない。カメラに対して何を求めるかが大きく異なっているので、意見や感想が異なるのは仕方のないことだ。もちろん DP シリーズに対しては私ももっと良くなって欲しいと思うことが多々ある。いたって個人的な希望であるが列挙すると・・・

1.レンズの沈胴は不要。電気と時間の無駄遣い。でも、携帯性を重んじる方には反対されるだろう。
2.もっとホールドしやすいサイズと形状。しかし、超小型を良しとする方には反対されるだろう。
3.高 ISO 感度でも色ノイズが出ないように。これは誰にも反対されないだろう。
4.フラッシュにマニュアル発光モードを加えて欲しい。どうでも良いと言われそう。
5.マグニファイアーが使えるくらい液晶モニタ画面のピッチを細かく。これには異論はないだろう。
6.水準器の内蔵。なぜ付いていないのか不思議。
7.手ブレ補正機構の搭載。でも、大きくなるなら要らないと言われるかも。
8.ケーブルレリーズ端子を付けて。これは絶対に付けて欲しい。
9.シンクロターミナルを付けて。アダプターを使えば何とかなるけど・・・。
10.間違えてボタンに触れても設定が変わらないためのロックスイッチ。絶対に付けて欲しい。
11.毎秒5枚で20枚以上の連続撮影可能枚数。もしかすると可能かも・・・。
12.自動追尾オートフォーカス。実は一番欲しい機能。

動画はイマイチ。どうせなら 1920 x 1080 30fps の動画が撮影できたら使うようになるだろう。IDK さんではないけれど FOVEON 画質の動画をフル HD で見てみたい。

|

« CP+ まであと3日 2010/03/08 | トップページ | 明日から CP+  2010/03/10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CP+ まであと3日 2010/03/08 | トップページ | 明日から CP+  2010/03/10 »