« 製品版はどっち? 2010/02/28 | トップページ | ブレの限界 2010/03/02 »

やっぱりスゴイ DP1/DP2 2010/03/01

昨日、今まで実用では使ったことがなかった ISO 800 を使って見ようと思い立って家の中で「はな」を DP2 で撮った。照明は室内の蛍光灯だけ。高感度に弱いことで有名な FOVEON センサーからの出力は「オート」で現像しても色が出てこないため、彩度を +1.0 まで上げている。ただでさえ色ノイズが多いのに彩度を +1.0 にしたらそれこそノイズまみれである。

SPP3.5 で現像しただけの状態 DP2 ISO 800 露出 +0.2 彩度 +1.0 FillLight +0.2

上の写真を NeatImage でノイズを取り、Photoshop で髪の毛の部分の彩度を下げたもの

しかし、ご覧頂いた様に NeatImage と Photoshop を使うことでノイズをあまり目立たなくすることはできる。そうして出来た写真はかろうじて許容範囲だろう。SPP4.0 がこれくらいのノイズリダクション効果を出してくれることを祈ろう。


この写真を「はな」にアップしたついでに過去の作例をじっくり見てみた。改めて感じたことは DP1/DP2 で撮影された写真の画質はやはり SD14 のそれを上回ると言うことだ。最も違いを感じるのはレンズの差だ。しかし、この差は喜んで良いのか悲しむべきか悩むところだ。

レンズの描写力に差があると言うことは、SD15 に TRUE II が搭載されているにもかかわらず、DP シリーズと同じ描写を得るためにはそれなりのレンズが必要だと言うことに他ならない。一眼レフと異なりミラーボックスが不要なデジタルカメラにおいてフランジバックを決定する要素はテレセントリック性だけだ。しかし、SD15 に装着可能なレンズは他社のカメラにも使えることを念頭に置いて設計され開発された長いフランジバックを持つレンズなのだ。

長めの焦点距離においてはあまり大きな問題とはならないが、DP1/DP2 の焦点距離 16~24mm 程度では、どうしてもレトロフォーカスタイプとならざるを得ない。レトロフォーカスが悪いと言うわけではないが、シグマの 20mm ~ 28mm F1.8 単焦点レンズのサイズや使われているエレメントの枚数を考えるとミラーボックスがあること=レトロフォーカスタイプレンズを使わなければいけないことで十分な描写力を得ることの難しさを感じる。

特に SD14 で撮影したものと DP1/DP2 で写したものを比較した場合に最も大きな差を感じるのは周辺部の描写と倍率色収差の残存である。なので、SD15 で撮影された写真でさえ同じ焦点距離域では DP1/DP2 の描写を越えることは難しいかも知れない。


SD14 の画質と DP1/DP2 のそれを比べたときに感じるもう一つの差は、おそらく TRUE が受け持っていると思われる撮影者に不自然と感じさせる一歩手前まで最適化されたシャープネス処理に由来するのではないかと思う。しかし、この違いは SD15 では同等の処理が行われるため存在しなくなると思われる。


それと、これは非常に微妙な差異でしかないのだけど、SD14 で撮影した写真にはミラーショックによるブレが影響を及ぼしている可能性を否定することが出来ない。かなり重たく頑丈な三脚にしっかり固定した状態であっても、ミラーアップをしないで撮影すると描写が甘くなることは皆さんご存じの通りだ。

人がカメラをしっかり手で構えている状態とカメラをかなり重たく頑丈な三脚に固定した状態、果たしてどちらがブレにくいだろうか。もちろん三脚に据えた場合である。そして、その場合でもミラーアップをして撮影をしない限り、ミラーショックによるわずかな解像感の低下が起きる。

つまり、手持ちの撮影においてはミラーを跳ね上げて撮影する一眼レフとミラーのない DP1/DP2 ではどちらが微妙な描写力の低下が起きにくいか?答えは明らかだ。

もしシグマ製のデジタルカメラに真のピクセルを生成することが可能な唯一のフルカラーセンサーである FOVEON X3 が使われていなかったら、これほど微妙な描写の差を認識することはできなかっただろう。センサー直前で合焦した像がぼかされ、全ピクセルのデータが演繹によって算出され、補完生成されるベイヤー型センサーではこの差を検知することができるかどうか疑わしい。何度も書いているが、レンズメーカーにとって FOVEON センサーは諸刃の剣である。

|

« 製品版はどっち? 2010/02/28 | トップページ | ブレの限界 2010/03/02 »

コメント

> しおんさん

> maroさんの評価として、Silkypixはダメですか?

いいえ。かなり良いと思います。使いこなすことが出来るのであれば、お薦めの現像ソフトです。

私は Photoshop の使用を前提にしているため、現像ソフトはもう少しあっさりしている方が好きなので・・・。

ACR も決して悪くはないと思いますがシャープネスとノイズの処理で SPP のが良いような印象です。

投稿: maro | 2010.03.02 15:50

> ブドワールさん

> 10万円しなければすぐ買おうと決めたので、気持ちが変わらないうちに早く出ないかなあ(*´ω`*)
自信はありませんが、おそらく9万円くらいで出て来ると思っています。

投稿: maro | 2010.03.02 15:48

> 啄さん

> ミラーショックですが、硬い物に固定した場合
> カメラの振動を三脚が反射しているとは考えられないでしょうか

可能性はあります。が、ミラーが上がって止まるときのショックは SD14 ですら
かなり大きくて、どうやっても(手で掴んでいても)止めることは出来ませんでした。

> 実は私特有なのかも知れませんが、OSが殆ど効きません、OFFの方が明かにブレないんです^_^;

う~~~n。シグマさんにご相談ください。(^^;

投稿: maro | 2010.03.02 15:47

NRに期待してSilkypixを買ったのですが
最近そもそも撮影機会に恵まれず実用できてません。。
maroさんの評価として、Silkypixはダメですか?
無論、私もSPP4.0に大きな期待です。
Foveon特有のノイズはFoveonアプリで消すべきかと。
ACRはベイヤー像っぽくなる処理な印象で。。

投稿: しおん | 2010.03.02 03:51

普段、手持ち撮影ばかりなので、最近ミラーアップを使いこなせるようになりました…(^^;
いつか、ライブビューでミラーアップしたままシャッターがきれたりするようになるんでしょうか。それかDPよりも大きくて良いから、ミラーレスでSDシリーズと同等のレスポンスのものがあったらいいなあ。

SD15の後ろ姿、たしかに開発発表の時のほうがちょっとかっこいいですね(笑)
10万円しなければすぐ買おうと決めたので、気持ちが変わらないうちに早く出ないかなあ(*´ω`*)

投稿: ブドワール | 2010.03.02 01:12

この度DP1を買ったのですが、DP2欲しくなりました(>_<)
1枚の書き込み終了までの時間、SD14+安物CFより感覚的には速いです。

ミラーショックですが、硬い物に固定した場合
カメラの振動を三脚が反射しているとは考えられないでしょうか
手持ちの場合、手の柔らかさがカメラの振動を吸収していると。
実は私特有なのかも知れませんが、OSが殆ど効きません、OFFの方が明かにブレないんです^_^;

投稿: 啄 | 2010.03.02 01:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 製品版はどっち? 2010/02/28 | トップページ | ブレの限界 2010/03/02 »