« SIGMA SD と言うカメラ 2010/03/17 | トップページ | SIGAM DP と言うカメラ その2 2010/03/19 »

SIGAM DP と言うカメラ 2010/03/18

もし DP1s/DP2 がこの世に存在しなかったら、私は SIGMA SD を唯一のカメラとして使い続けていただろう。しかし、DP から得られる写真を見慣れてしまうと、やや特別なレンズを使いたいと思う時でないと SIGMA SD を持ち出さなくなった。

世の中には(以前の私のように)レンズ交換が出来ないカメラはカメラと呼んではいけないと考える方がいる。私にはその気持ちが良くわかる。しかし、レンズ交換が出来ないからこそ良いカメラであると思えるカメラを使うようになってからは、あっさりと趣旨替えをしてしまった。

一眼レフのメリットはファインダーに見えたままに写真が撮れることだ。ファインダーがちゃんと見えることを重要と考える方には反対されてしまうけど、私は必ずしも現在の形でなくても良いと思っている。SD9 を購入する直前まで私が使っていたカメラは Minolta DiMage 7Hi だ。いわゆるレンズ一体型一眼レフであるが、そのファインダーは EVF(電子ビューファインダー) である。EVF はフォーカシングスクリーンに結像した像を直接見るのではなく、イメージセンサーに結像した像を小型液晶画面に表示して、その液晶画面を見ながら構図やピントを決める。

背面液晶画面を見ながら少し不安定な構え方でシャッターを押すよりはカメラを顔に押さえつけながら写真を撮れるためブレに対しては多少有利だ。しかも EVF の場合はミラーが不要である。ミラーは光学式ビューファインダーにとってはなくてはならないもので、これがあるために一眼「レフ」と呼ばれる。つまり光を反射させてファインダー像を見ながら撮影する。

もちろん。このミラーはレンズからの光をファインダースクリーンへ導くためのものだから、シャッターが切れている間はフォーカシングスクリーンをふさぐ形で上部に跳ね上げられる。(例外:オリンパスペンFシリーズは右側にパタンとなり、キヤノンペリックスと超高速モータードライブ仕様のニコンF2やキヤノンNewF-1ハイスピードは半透過式ミラーであったため、ミラーは動かない。ゼンザブロニカのミラーは下降式で、EC からは2分割ミラーとなった)

夜も更けたので、この続きはまた明日。

|

« SIGMA SD と言うカメラ 2010/03/17 | トップページ | SIGAM DP と言うカメラ その2 2010/03/19 »

コメント

> jlivetv さん

DP1x と DP2s を悩むのであれば、DP2s をお薦めします。ただし、1年後くらいに DP2x が出るかも知れないことを考慮してください。

だから悩んでいると言うことなら DP1x が出るまでお待ちになることをお勧めします。おそらく夏頃には出ると思います。

投稿: maro | 2010.03.19 15:56

DP2sの発売日が決定しましたね。DP1xとどっちにするか悩んでいます。

投稿: jlivetv | 2010.03.19 14:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SIGMA SD と言うカメラ 2010/03/17 | トップページ | SIGAM DP と言うカメラ その2 2010/03/19 »