« 仕事前にチョット撮影 2010/04/04 | トップページ | AFE って・・・? 2010/04/05 »

本日2本目の記事 仕事のあとでチョット撮影 2010/04/04

一昨日、終電に間に合わなくなるためやり残した仕事をしに、再び東京駅近くの会社その3へ出かけた。

去年と同様お花見の人々でにぎわっているだろうと思っていたのだけど、今年はあまり人が出ていなかった。行きに撮ったのは [DP1/2/1s/2s] にアップした。

日本橋さくら通りにて
DP2s f:5.6 1/40 Sec. ISO 400 EV+2.0


会社その3で仕事を終えた後、ヨメさんと「はな」が鎌倉の実家から帰って来たので、東京駅で合流。「はな」にとっては東京駅=キャラクターストリートと南国酒家が出店している中華料理屋さんへ行くことと決まっているのだけど、どさくさに紛れてパス。

その代わり、さくら祭りに行って、シャボン玉やら雪のお滑り台で遊ばせた。

日本橋さくら通りにて
DP2s f:3.2 1/50 Sec. ISO 400 EV+2.0

昨日の記事に書いた ISO 400 で EV +2.0 を早速実行してみた。普通に ISO 100 で撮影したのとほとんど変わらない。白飛びし易いかと思ったが、上の写真をご覧頂けばおわかりの通り、そんなこともないようだ。ただ、色ノイズが減るかと思ったけど、もともとノイズが発生しづらい状況で撮影したせいか特に感じない。

当然 JPEG を抽出しても、オーバーで真っ白な画像が出てくる。ISO 400 で +EV 2.0 はあまり良いアイディアではなかった。普通に撮ってください。


写真を撮って、現像して、サイトやブログにアップして、なんてぇことをやっていると一日があっと言う間に終わってしまう。仕事とネットにアップするのとどちらが大切なのか自分でも良くわからない。

まぁ、そんなこんなで夜も更けて行く。夕べは誰もいなかったので異常な早寝をした。だから、体調はいたって良い。さて、今夜も頑張るか・・・。(^^;

|

« 仕事前にチョット撮影 2010/04/04 | トップページ | AFE って・・・? 2010/04/05 »

コメント

> ブドワールさん

DP シリーズは多分 TRUE のせいでわずかですがノイズが出にくくなっています。

だから無理矢理 ISO400 技は SD14 なら有効かも知れません。

明日にでもテストして見ましょう。

投稿: maro | 2010.04.06 18:55

慣れた照明環境にてマニュアル露出で撮る時に、絞りとSSはいつも通りだったのにISO感度だけ100のところ200で撮ってしまったことが何度かあります。しかし現像したらなんの問題もなく、「さすが白飛びに強いぜ!」とか思っていたのですが、こんなメカニズムだったのですね(^^;

SD14の場合ISO200だと色ノイズがかなり目立ってくるので、いつもISO200で撮っているところでは今度から絞りとSSを変えないまま、ISO400にしてみようと思います。たぶんSD14でISO200という環境では、ノイズリダクションを使えるメリットはおおいにあると思います!

AFE搭載のSD15では、このやり方は使えなくなるのかもしれませんが、DP同様ISO200が十分にノイズレスで使えるのだと思えば納得できますね。

投稿: ブドワール | 2010.04.06 18:04

> Miki さん

> この被写体が明暗差が大きい場合などはiso400+2.0で撮影しておけば
> 暗部に現れるノイズの修正が効き、しかも画質はiso100とかわらないという意味でしょうか。
希望的観測は Yes です。実際にはほとんど変わりません。

> するとiso100で-2.0の画像とiso400の補正なしは同じですね。
> iso400だからノイズが多くなる訳ではなかったのですね。

はい。これは間違いなくその通りです。

投稿: maro | 2010.04.05 20:22

早速のご返事ありがとうございます。
ISO100で十分なシャッター速度がえられるシチュエーションでも
この被写体が明暗差が大きい場合などはiso400+2.0で撮影しておけば
暗部に現れるノイズの修正が効き、しかも画質はiso100とかわらないという意味でしょうか。
するとiso100で-2.0の画像とiso400の補正なしは同じですね。
iso400だからノイズが多くなる訳ではなかったのですね。
目から鱗です。

投稿: Miki | 2010.04.05 18:27

> Miki さん
なぜ ISO 400 にして露出補正を +2.0 にするのか?
仰せの通り、これだと ISO 100 で露出補正 0 と同じです。

つまり、撮影時には何の役にも立ちません。が、現像時にノイズリダクションが有効になります。

つまり SPP 4.0 では ISO 400 以上でないとノイズリダクションが使えませんので、
無理矢理 ISO 400 で撮影するというトリックです。

その結果解ったことは「DP1s/DP2s では ISO 100 で撮影したものとほとんど変わらない。」と言うことです。

おわかりいただけましたでしょうか?

SD14 だと違いが出るかも知れないので、近いうちにテストしてみます。

投稿: maro | 2010.04.05 16:45

maroさんこんにちは
ウェブサイトにはevery day アクセスしています。
ところでiso400+2.0の件で教えてください。
例えば夕暮れなどでしぼり解放でもiso100ではシャッター速度が稼げない時にiso400にして少しでも手ぶれを防ごうとしてきました。
しかしiso400でも露出補正を+2.0にしてしまうとシャッター速度がiso100の時と同じになってしまい高感度撮影のメリットが無くなってしまうと思うのですが、どうなんでしょう?
初心者の質問ですみません。お願いします。

投稿: Miki | 2010.04.05 13:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仕事前にチョット撮影 2010/04/04 | トップページ | AFE って・・・? 2010/04/05 »