« 梅雨明け! 2010/07/18 | トップページ | SD15 の露出と感度 2010/07/19 »

EOS 7D との比較、これにて終了。 2010/07/18

今日の比較写真は昨日撮ったものだけど、雲とつけ麺と「はな」。今までのものと違ってどちらも現像時にパラメータを変更している。

3年前にキヤノンのデジタルカメラを少し使った時に雲のトーンが綺麗に出なかった事を思い出して、雲を撮ってみた。予想は見事に裏切られて雲のトーンは綺麗に表現された。少し空(そら)にノイズが乗っているのが気になるが、現像時にノイズリダクションを掛ければ大丈夫だろう。

「つけ麺」は SD14 が苦手だった人工光下の料理。EOS 7D も SD15 も元の画像は今ひとつの色だけど、ホワイトバランスをクリックで採ることで両方ともそれらしい色に仕上がった。

「はな」は全て室内での撮影。色を出すのが難しい状況だったけど、ギリギリの許容範囲か。どちらのカメラもミックス光線の下ではまともな色を出すのはやはり難しい。


EOS 7D と SD15 の比較を総括する。

まず SD14/SD15 で問題となる高彩度の色に直射日光が当たっている時の色転び。EOS 7D でも同じようなことが起きることがわかった。ただし、耐性が異なる。EOS 7D で色転びを起こさせるには EV を+しないとダメだ。普通に撮った場合はほとんど問題ない。

露出が足りないときに暗部にノイズが見える件。これは EOS 7D でも状況によっては出てくる。が、その頻度は少ないし画素数が多いため問題とはならない。

高 ISO 感度でノイズが発生する件。EOS 7D の高感度特性は素晴らしい。ISO 1600 を常用してもあまり問題はない。ただし、やはり低感度で撮影する方がノイズは少ない。

AF の精度。ほぼ同じ。特に SD15 の AF 精度が悪いとは思わなかった。が、EOS 7D のが素早く決まるし、ターゲットがハイコントラストでもピントはしっかり来る。なぜか SD15 は極端にコントラストが高いものをターゲットにすると、うまく合焦しないことがある。

露出の精度。EOS 7D は全く問題なし。SD15 はとても不安定。私の個体が故障しているのかも知れない。シグマに送ってみようと思っている。

画質。FOVEON センサーから得られる画質とベイヤー型イメージセンサーからの画質は全く異なる。質感や解像感に関してはベイヤー型センサーは原理的に原寸(1:1)での質感再生やピントぴったりは不可能だ。もちろんローパス無しの場合はかなり良くなるが、偽色だらけになるので、ある意味ではもっと始末が悪い。ベイヤー型イメージセンサーの場合は高画素化することで質感や解像感を得ようとしているし、それはかなり成功している。つまり、それらしく見えると言う意味では全く問題はない。

色。今回一番驚いたのは「色」だ。オートホワイトバランスの反応に若干の違いはあるが、現像ソフトだけでほとんど同じ色味に仕上げることが出来る。ベイヤー型イメージセンサーも結構まともな色を出すようになったものだ。

操作性。どちらもマニュアルをしっかり読んで使えば全然問題ない。

機能。比べものにならない。EOS 7D に無い機能で、SD15 が持っている物はダストプロテクトフィルターくらいなものだ。キヤノンにはダストクリーニング機能もソフト的にゴミを処理する機能も持っているので、ダストプロテクターは不要だ。

SD15 は RAW で 21 枚の連写が出来る。EOS 7D は 15 枚。しかし、書き込み速度がまるで違う。同じ連写速度(EOS 7D は低速)にしておいた場合、EOS 7D は写す側から記録してくれるので実際には 28 枚連写できる。高速連写(1秒間に8枚)したときにだけ発生する性能差である。

高速連写で室内の「はな」を ISO 1600 で撮ってみたけど、凄かった。SD15 では絶対に出来ない技だ。


EOS 7D で唯一気に入らないのは FOVEON センサーが搭載されていないことだけ。

|

« 梅雨明け! 2010/07/18 | トップページ | SD15 の露出と感度 2010/07/19 »

コメント

> しおんさん

昨日までにお返しする約束でお借りしたため、積み残しの比較となってしまいました。

Dレンジはどちらも実用的には全く問題ないと思います。テクニカルにアップした最後の比較作例はご覧頂ければお判りの通り非常にコントラストが高い被写体です。

現像時にコントラストを下げて見ましたが、どちらも白飛び、黒つぶれは起きません。

回折については絞り込む事によって起きるボケ具合をどれくらい認識できるかということなると思いますがベイヤー型イメージセンサーの場合は元々少しボケてますから f:16 以上に絞らないとわからないのではないかと思います。

どなたかベイヤー型イメージセンサーを使ったカメラをお持ちの方テストしていただけますか?

投稿: maro | 2010.07.21 07:33

あれ。比較は終了なんですか??

撮影条件を揃えた基準ISO値等の件は
現像アプリ(露出&露光)の関係で比較が難しいとしても、
以下の件の結論はどん風になりましたか?
回折は画素ピッチに関わりは無かったでしょうか。。
ダイナミックレンジはどうだったでしょうか。。

・画素ピッチと回折の影響

よくmaroさんは最高解像はF6.3とかF8とか調べてくださいますが
画素ピッチが4.3μmしか無い7Dで、最高解像は絞り値でどう変化するか。
解像で甘く絞ればボケてくる、レンズ単体の解像性能が
机上計算でなく、センサーによってどう影響してくるのか。
もしくはあくまでもレンズ性能で画素ピッチは関係無いのか。

・ダイナミックレンジ

Dxo markで見ていると、7Dでダイナミックレンジは
さして悪くはなっていない様子です。
が、実際問題(実写テスト)はどうなのか。
maroさんのテストでも、白い花が完全に飛んでますよね。。

何卒よろしくお願いいたします。

投稿: しおん | 2010.07.21 03:13

貴重な試験データ採取、評価作業ご苦労様でした。maro
様総括のとおり、私も7Dを手にしたときこれがFOVEON センサー付きであればと叶わぬ?願いを祈念した次第です。

投稿: ochan | 2010.07.19 06:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨明け! 2010/07/18 | トップページ | SD15 の露出と感度 2010/07/19 »