« EOS 7D vs SD15 その2 2010/07/11 | トップページ | EOS 7D vs SD15 その4 2010/07/11 »

EOS 7D vs SD15 その3 2010/07/11

EOS 7D を使っていて文句を言いたくなる点はほとんどない。少し気になる点が2つだけ。一つはシャッターのストロークがやや深いこと。ただ、これは慣れてしまえば問題とは言えないし、逆にこれくらい深い方が良いケースもある。もう一つは露出補正を掛けている事を確認するのにファインダー内、あるいは液晶の露出計目盛りのポインタを見なければいけない点。シグマの場合は露出補正を掛けていると補正値が表示されて点滅するので判り易い。7D も目盛りのポインタを点滅させれば目立つような気がする。

その他の点は SD15 の性能、機能を上回る。例えば SD15 では直射日光が当たっている彩度の高い黄色が白になってしまう。この現象は FOVEON イメージセンサーだけで起きるわけではない。シグマ以外のデジタルカメラでも時々見かける。EOS 7D と SD15 ではどれほど違うかをテストした。

黄色が白飛び

上の比較をご覧頂ければ、EOS 7D のが1段ほど耐性が高いことがわかる。

もう一つ、高彩度な赤に直射日光が当たっているものをそのまま撮ると、真っ赤が黄色くなる。下の写真がそのサンプルだ。

黄色が白飛び

ご覧頂いてお判りの通り、同じ露光量ではあるが SD15 のが少し明るく写っている。その分を差し引いても、EOS 7D では起きていない黄色転びが SD15 では起きている。なお、上の画像は EOS 7D の画像をぴったり 1/2 に縮小している。風で花がブレているので花弁の質感が出ていなくて申し訳ない。


と言うことで、いよいよ肝心な描写力の比較をしてみよう。

EOS7D 01

EOS 7D w/SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM @f:5.6 1/100 Sec. ISO 100

SD15 01

SD15 w/SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM @f:5.6 1/100 Sec. EV+0.7 ISO 100


EOS7D 01

EOS 7D w/SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM @f:8.0 1/125 Sec. ISO 100

SD15 01

SD15 w/SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM @f:8.0 1/125 Sec. EV+1.0 ISO 100


EOS7D 01

EOS 7D w/SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM @f:8.0 1/100 Sec. ISO 100

SD15 01

SD15 w/SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM @f:8.0 1/80 Sec. ISO 100


EOS7D 01

EOS 7D w/SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO @35mm f:8.0 1/50 Sec. ISO 100

SD15 01

SD15 w/SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO @35mm f:8.0 1/50 Sec. ISO 100


EOS7D 01

EOS 7D w/SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6 1/80 Sec. ISO 100

SD15 01

SD15 w/SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG @f:5.6 1/50 Sec. ISO 100 EV+0.7


ご覧頂いておわかりの通り、SD15 がかろうじて良いと思えるのはディスプレイ上に 1:1 で画像を表示したときの解像感のみである。全体的な情報量は EOS 7D の方が多い。ベイヤー型イメージセンサーの弱点を知って、昨日の町並みの画像を重箱の隅を突っつくような見方をすれば、ピクセル単位でのラーメン模様や偽色がないわけではない。しかし、1,800 万画素はローパスフィルターによるボケや細かい弱点をカバーするには十分な画素数である。

なお、高 ISO 感度の比較テスト撮影も行ったのだけど、まるで歯が立たない。ISO400 がギリギリの妥協点で、ISO800 以上は全然勝負にならない。今週中には、さらなる解像感(質感の描写)テストのための画像と一緒にアップするので少々お待ちいただきたい。

【追加】

「テクニカル」にあと2枚ずつ比較画像を追加しました。

|

« EOS 7D vs SD15 その2 2010/07/11 | トップページ | EOS 7D vs SD15 その4 2010/07/11 »

コメント

> dabo_gc さん

画素数が少ないためにその様に見えるだけだと思われます。

EOS 7D は SD15 をほぼ2倍に拡大したサイズですのでボケがより大きく見えますし、ローパスフィルターで少しボケていますから原寸で比較すると不利です。

投稿: maro | 2010.07.21 07:19

初めまして。DP2を入手後どんどんとフォビオンに引き込まれており、SD15にも手を出そうか悩みつつmaroさんのHPで勉強させていただいております。

この日記の作例に関して質問があります。

塀の比較例ですが、塀の隙間から見える後の葉を見てみますとSD15の方がしっかり解像しており、なおかつ色のグラデュエーションもちゃんと残っている。かなり大きな違いがあるのが見てわかりますが、これがまさにフォビオンの威力なのでしょうか。あるいはフォーカスその他のよるものなのでしょうか。

投稿: dabo_gc | 2010.07.21 01:31

> pokeo さん

あ(^^;

ごめんなさい。勘違いをしました。あの現象はどのデジタルカメラにも発生します。が、特に FOVEON センサーを搭載したカメラではその傾向が強く出ます。

単に露出を2段ほど減らしてあげれば良いだけなのですが、撮影に夢中になると、つい忘れます。

ちゃんと現像してあげれば大丈夫なこともあります。

http://210.238.185.197/~maro/technical/red_flower_dev_2.jpg

本物の色はこんな感じです。

投稿: maro | 2010.07.11 21:24

 すいません
 文章がわかりにくかったかもしれません

 衝撃を受けたのは
 >>直射日光が当たっているものをそのまま撮ると、真っ赤が黄色くなる
 映像のほうです。
  
 押せば写るデジカメしか縁のない素人ですので(^-^;
これはどういうことか、よくわからなかったのです。

投稿: pokeo | 2010.07.11 20:16

> pokeo さん
色と言うよりは明度の問題だと思います。今回のテストは原則「現像で何もしない」ためかなりいい加減です。

チョットそれらしく派手目に現像してみました。

http://210.238.185.197/~maro/technical/sd15_03_2.jpg

FOVEON センサーからのデジタル画像は素直であるため不自然になることなく現像次第でいかようにも変化させることが出来ます。

この画像もある意味で別次元だと思いますが・・・。(^^;

投稿: maro | 2010.07.11 19:48

SD15についての詳細レポートありがとうございます。
デジイチ購入の候補として考えていますが、上記花の撮り比べ、驚いてしまいました。
 色の再現性云々を超えて(笑)別の種類の花になってしまっていますが、撮り方、現像方法によってカバーできるレベルのものなのでしょうか?
 ちょっと衝撃映像ですよね・・

投稿: pokeo | 2010.07.11 18:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EOS 7D vs SD15 その2 2010/07/11 | トップページ | EOS 7D vs SD15 その4 2010/07/11 »