« EOS 7D との比較、これにて終了。 2010/07/18 | トップページ | さて、ぼちぼち 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 2010/07/20 »

SD15 の露出と感度 2010/07/19

昨日の朝の記事で EOS 7D と SD15 でステップ撮影したグレーカードの RGB 値をお見せした。それについて何も書いていないことに気がついた。

大切なことの一つは、露出計の指示通りにマニュアルで露出して、グレーカードが RGB 値 118,118,118 になっているかどうかである。ステップ撮影の結果わかったことの一つは EV 0.3 の変化は RGB 値では平均 18 の変化であること。

EOS 7D の明るい方は 17 ほど明るい。EV -0.3 で撮影したものがジャスト 118,118,118 になっている。と言うことは EV 0.3 明るく写る。つまり ISO 感度にして 125 と言うことだ。が、暗い方を見てみると 110,111,116 となっている。ほぼ ISO 100 であるが、ほんのわずか暗く写ると言うことだ。ところが、これはスタンダードで現像した結果であって、ニュートラルで現像すると 129,129,128/107,108,113 となり、許容範囲であることは確かだ。ちなみに、許容範囲を± EV 0.3 とすれば 100,100,100 から 136,136,136 までが許容範囲と言うことになる。

さて、肝心の SD15 ではどうか? 明るい方が 146,148,146 となっている。30 ほど+だから EV 0.7 ほどオーバーになる。暗い方でも EV 0.3 程度のオーバーだ。そしてニュートラルだと 113,115,113/102,107,112 となり、ほぼ適正である。

この時、同時に絞り優先 AE でも撮影しているのだけど、SD15 のシャッター速度は全ての測光方式で 1/1000 秒になっている。つまり EV -1.0 である。ところが暗い方では 1/15 秒になっていて、ぴったり合っている。

つまり私の SD15 は外部露出計の指示通りにマニュアルで露出を設定して撮影した場合、ニュートラルで現像すれば少しアンダーとなる。そして、スタンダードで現像するとややオーバーとなる。また、カメラの露出計を使って自動露出で撮影した場合、直射日光が当たっているような明るい場所では EV -1.0 のアンダーとなるが、室内などでは適正な露出となる。と言うことがわかった。


だから何と言うわけではないが、やっぱりおかしい。カメラ内露出計のキャリブレーションミスかセンサーそのものの不良が考えられるので、一度シグマに見てもらうことにした。

また、フォビオン掲示板でアンケートをしても、私とは逆にオーバーに写ると言うお返事が多い。う~~~n。何かなぁ。

|

« EOS 7D との比較、これにて終了。 2010/07/18 | トップページ | さて、ぼちぼち 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 2010/07/20 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EOS 7D との比較、これにて終了。 2010/07/18 | トップページ | さて、ぼちぼち 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 2010/07/20 »