« 特に何もない日 2010/09/13 | トップページ | 暑さ和らぐ 2010/09/15 »

フォトキナまであと一週間 2010/09/14

あと一週間でフォトキナである。時差があるので、フォトキナでの展示物が公表されるのは日本時間では22日になるかも知れない。

新製品は何が発表されるのか楽しみである。おそらく DP1x は完成された状態で展示され、多分、発売日もアナウンスされると予想している。今年の2月に PMA で開発が発表されて未だにリリースされていないのが、唯一 DP1x なのでこの予想は当たってくれるような気がする。


本日の仕事先が上野だったので、帰りがけにヨドバシ Akiba に寄った。新宿でオムニバウンスを格安で売っているのなら秋葉原でも売っているだろうと思ったけど、秋葉原では普通の値段(¥2,400くらい)で売っていた。残念ながら EF-500 に合うサイズのものがなかったため、買わなかった。エツミのストロボディフューザーと言う商品もほとんど同じものだが、やはりサイズが無くて買わなかった。こちらは¥1,320 だった。

しかし、どう考えてもオムニバウンスでストロボの光が柔らかくなるとは思えない。光が柔らかいと言うことは発光面積が広いということだから、ストロボの前にあんな小さなものを着けても発光面積は増えないのだ。

影のエッジが柔らかくなると言うのも同じ理屈である。発光面積が広ければ、影は柔らかくなる。しかし、光を散らしたところで、発光する部分の面積が広くなるわけではないので、影は柔らかくなるはずがない。もちろん狭くて壁や天井が明るい部屋の中で使うのであれば、光が回って、影は薄くなる。しかし、柔らかくはならないはずだ。

オムニバウンスのパッケージには「プロの必需品」と書かれたシールが貼ってあったが、過剰宣伝の印象を受けた。昔は¥4,000 くらいで売っていたはずで、あまりにも異常な価格なので購入したことはない。そんなわけで実際の検証は銀治さんにお願いしてしまった。どうぞよろしくお願いいたします。

|

« 特に何もない日 2010/09/13 | トップページ | 暑さ和らぐ 2010/09/15 »

コメント

> ミック兄さん

その通りだと思います。今日あたり新宿へ出てジャンクでも探してみようかと思っていますが・・・。

投稿: maro | 2010.09.17 07:10

確かに装着するとガイドナンバーが半分になる気がします。
なのでリサイクルタイムは倍に
電池の持ちも半分になります。
あれっ?
何か悪い事ばかり、、、。
まあでも特定の条件時に
影を薄くしてくれたりもします。

生が良いかゴム付きが良いかは好みですかねぇ〜。
あくまで補助具ですし。

投稿: ミック兄さん | 2010.09.16 15:31

> ミック兄さん

幕張メッセのように天井が異常に高い場所では使っても意味がないと思うのですが・・・。

単に光を拡散させるだけなら内蔵の広角用ディフューザーを使えばそれで済むと思います。

投稿: maro | 2010.09.16 06:52

自分は5年位愛用してます。
あれの一番のメリットはワンタッチで装着でき、
報道カメラの人ごみでも簡単に脱落したりせず、
雨にも負けないところです。
最初に銀一で買った時には五千円弱位した気がするのですが、
今はそんな値段なのですね。
まあ適正って言えば適正ですね。

投稿: ミック兄さん | 2010.09.16 04:15

> ゆきひろさん

あら、気がつきませんでした。50-150mm F2.8 EX DC OS HSM 決定ですね。

でも、DC レンズのトップページからはなくなっていますが、他のレンズを開いたときの左側のメニューには残っていました。何だろう?

投稿: maro | 2010.09.14 21:32

いつも興味深く勉強させてもらってます。

もうすぐフォトキナですね。
シグマのHPの50-150F2.8のページが削除されてましたので、リニューアルの発表があるやもしれませんね。

また今後の方向性を示すような製品発表があれば嬉しいですね。

投稿: ゆきひろ | 2010.09.14 21:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 特に何もない日 2010/09/13 | トップページ | 暑さ和らぐ 2010/09/15 »