« DP1x 明日発売 2010/09/29 | トップページ | SPP 4.2 を使ってみた 2010/10/01 »

DP1x 本日発売。SPP 4.2 を公開。 2010/09/30

今日、DP1x が発売された。私は様子見というわけではないが、現時点で予約も入れていないし、入手もしていない。DP1 と DP1s を所有している身としては何が何でも今日欲しいカメラではない。画角的には DP2/DP2s のが私は使いやすい。さらに、夕べ銀座を DP2s と DP1s で撮影してみて、暗い場所での撮影とレスポンス、操作性に関してはやはり DP2s のが良い。なので、DP1x であればそのあたりが同等になるため、ムズムズしてしまうことは確かだ。やっぱり欲しい。が、今回は少しだけのんびり行こうと思っている。


DP1x に対応するため SPP がアップデートされて Ver.4.2 が公開された。レビューウィンドウを開くときにどの調整設定(X3F,オート,カスタム)で開くかが指定できるようになった。が、私は今までの方式が一番好きなので、[前回の調整設定で開く]のままにした。

メインウィンドウの[編集]をクリックしたら、一番下に[カラーモード]があるのを見つけた。念願のカラーモードの一括変更ができるようになった。と喜んだのだけど、「もしかしたら、これは SPP 4.1.1 で既にできていたのに私が気がつかなかっただけかも知れない。」と思いインストールしたばかりの SPP 4.2 をアンインストールして、SPP 4.1.1 を再インストール。メニューの[編集]をクリックしたら、一番下にちゃんと[カラーモード]がいた。orz

もし、SPP 4.1.1 をお使いになっている方で、私の記事を読んで SPP 4.1.1 ではカラーモードの一括変更ができないと思っていた方がおられたら、心からお詫びする。カラーモードの一括変更は SPP 4.1.1 でもできるようになっていた。m(__)m

SD15 以降のカメラではこのカラーモードがどこになっているかで現像後の明るさやコントラスト、彩度が勝手に(しかもどれだけ変更しているのかも示されないまま)操作される。DP1x はそれまでの DP のカラーモードとは異なり SD15 方式が採用されるので、この点を十分に注意しなければならない。

従来の調子を望むのであれば、カラーモードを [ニュートラル] にして現像しなければいけない。DP1x の撮影時のカラーモードは [スタンダード] が初期値となっているので、SPP 4.2 で [調整設定] を [オート] で現像するとギョッとなるかも知れない。

私は SD15 で経験済みなので驚かないけど、SD15 を使ったことがない DP ユーザーの場合はさぞかし驚くことだろう。


DP1/DP1s/DP2/DP2s で撮影されたデータはカラーモードを変更してもほとんど変化はない。SPP 4.2 で昨日の銀座を全く同じ条件で現像してみたけど、見た目は全然変わらない。ファイルをバイナリーレベルで比較してみたけど、TIFF 形式で保存したときにカラープロファイルの埋め込み方が異なるくらいで、データ的にもほとんど同じだった。JPEG の場合はごくわずかな違いであってもバイナリーレベルでのデータは大きく変わってくるがサイズ的には数十バイトの違いしかないので、これもほとんど同じと言って良い。3枚ほど同じ部分を 400% に拡大して比較してみたけど、違いを見つけることはできなかった。


さて、SD1 に関して現時点でわかっていることは出尽くしたようだ。最終的なスペックは発売直前にならないとわからないだろう。私のサイトの [SIGMA SD と DP1/2について] をクリックすると今までは SD のページが開くようになっていたが、今夜からは [DP シリーズについて] のページが開くように変更しよう。

|

« DP1x 明日発売 2010/09/29 | トップページ | SPP 4.2 を使ってみた 2010/10/01 »

コメント

> 通りすがりさん

う゛・・・。す、するどい。(^^;

シグマのユーザーサービス部に電話して確認いたしました。

投稿: maro | 2010.09.30 20:49

maroサンはDP1xをまだお持ちではないそうですが、なぜDP1xの撮影時のカラーモード初期値がスタンダードになっていることやDP1xで撮影されたRAWファイルをSPP4.2で現像するとSD15と同じ様な結果になることをご存じなんでしょうか?

投稿: 通りすがり | 2010.09.30 20:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DP1x 明日発売 2010/09/29 | トップページ | SPP 4.2 を使ってみた 2010/10/01 »