« フォトキナ 2010 始まる 2010/09/21 | トップページ | SIGMA SD1 欲しい! 2010/09/23 »

SIGMA SD1 で大騒ぎ 2010/09/22

カメラとしての性能はフラッグシップと考えると物足りない。しかし、そこから出力される画像はプロが夢を見ていた 4x5 ポジ並みの画像であろう。ファクター x1.5 で広角側の画角も広がる。

もちろん、スナップに使っても悪くはない。子供を撮ることも可能だろう。でも、出来ることなら動態撮影用に画素数 1/4 モードを持って欲しい。滅多に使わないかも知れないが、必要を感じることがあるかも知れない。


シグマが次に行うべきはアオリ機構を持ったレンズの開発である。他社が出しているものと焦点距離がかぶらないように 20mm F4、40mm F4、70mm F4 でフルサイズでも使用可能なものを出すべきである。AF は不要だけどかなりの近接撮影が可能で、せめて自動絞りは付いていて欲しい。個人的には必要なレンズではないが、物撮りのスタジオカメラマンにとってはのどから手が出るほど欲しいレンズのはず。大きなイメージサークルが必要なので、かなり高価なものとなるだろうけど、それが必要な人は躊躇なく購入するだろう。


SD15 で SD カードを採用しながら、SD1 で再び CF に戻した理由が良くわからない。容量の問題だとすれば、納得が行くが、SDXC に対応することはさほど困難なことだとは思えないのだけど・・・。

いずれにしても私のように数打たなければ当たらない(打っても当たらない?)アマチュアカメラマンにとっては 32G ~ 64G バイトのメモリカードが必要になる。何せ1枚の RAW ファイルが 40 ~ 50MB のサイズになることは間違いないだろう。しかし、最高速と思われる 90MB/秒の速度を持つ SanDisk のプロ用 CF は 32G だと3万円以上する。16G でも最安値 ¥18,000 だ。う~~~n。メディア代も馬鹿にならない。

このところ私のサイトのアクセス数が異常に増えている。皆さん SD1 には興味をお持ちのようだ。私も少しでもそれに答えたくて [SIGMA SD について] に記事をせっせと追加している。しかし、センサーピッチ 5 ミクロンの FOVEON って、f:8.0 で回折の影響が確認できるって知ってました?

|

« フォトキナ 2010 始まる 2010/09/21 | トップページ | SIGMA SD1 欲しい! 2010/09/23 »

コメント

シグマにやって欲しい事もうひとつ。
シンクロケーブルの充実です。
素晴らしいマクロレンズと高画質のカメラを持ちながら、フラッシュが離せないなんて冗談にもならない!
マクロ専門の写真家は、これだけでシグマを諦めてる。

投稿: 照明 | 2011.01.04 18:48

> ひもブレーキさん

でも、実際に SD1 で撮影された画像を見たらやっぱり感動してしまいそうです。

投稿: maro | 2010.09.23 20:11

一気の高画素化には驚きです。現在の実力から言って他社のAPS-Cよりわずかに小さい分現在と同じピッチで拡大するだけでもおおいに満足できる位ではと思っていたのですが。
また、私もSD15では絞りによる回折の影響が大きいことを確認しましたので、深い被写界深度を求めるためにはフルサイズのセンサーは余計に苦しくなりそうに思います。
SD1の実用感度がどの位になるか気になります。

投稿: ひもブレーキ | 2010.09.23 17:45

> Mさん

PCリモートに関しては現時点ではっきりしません。外部ディスプレイが使えるようなので、撮影後の表示用画像をディスプレイに表示することは可能なような気がします。

必須とは言いませんが、出来たら良いですね。

CF に戻したのはやはり SD への高速書き込みが現時点では不安定なせいでしょうね。高速書き込みが可能な CF は結構高いので悩みます。

投稿: maro | 2010.09.23 17:13

> 佐藤丹さん

手ブレ、FOVEON で x1.5、1500 万画素となると例え 1/250 秒でも安心出来ないかも。

高 ISO は理想ですが、それ以上に撮影者がブラさない工夫をして撮影する術を身につけた方が良さそうです。

回折につては必要以上に気にすることはないと思いますが、f:8.0 を最小の絞りと決めてしまうのもアリかも知れません。

投稿: maro | 2010.09.23 17:05

AFマイクロアジャストメント機能が付くようです。
でも、ライブビュー機能が無いような...
スタジオ撮影を猛烈に意識しているのに、PCリモートが出来なさそう。
でなければ、UHS-I規格SDXC対応スロットでEye-FiSDを使える様にしたら?とか思います。
CFに戻したのはプロの使用を意識しているのと、SDへの高速書き込みに自信が無いのでしょうか?

投稿: M | 2010.09.23 10:55

常用絞りでの回折の影響が真剣に語られる時代が来ようとは、「民生機器のDSLR]も凄いことになってきたものです。
同じようにユーザーを悩ますことになりそうなのはカメラブレでしょうね。
SD1が発売になって、このスペックなら、と新しくSIGMADSLRユーザーになられる方のうち、恐らく半数以上の方は、手持ちにせよ三脚使用にせよ、自身のカメラブレに深刻に悩まれることでしょう。
銀塩時代の「このレンズ、思ったほどシャープじゃないんだよね」の皮肉な再現。
ネットで散見する「このカメラは風景専用だから低ISOでいい」という意見は実は皮相な見方で、今後SDシリーズに要求されることの内で重要度が高いのは、自在に高速シャッターが切れる「使える高ISO」だと思うのですよ。SIGMA-Foveon の研究者の方にはなんとしても頑張って頂いて、大型三脚を持ち歩かなくていいカメラに仕上げて貰いたいものです。

P.S. 佐藤という姓はアチコチにありますので、今後はこの表記でコメントすることにいたします。

投稿: 佐藤丹 | 2010.09.23 08:36

> ken さん

どうやらシグマのタイムスケジュールでは間違いなく来年の2月前後に発売する予定みたいです。

つまり、最悪でも来年の紅葉には間に合いそうです。

マップカメラでのトークショーの時、社長にプロ用デジパックを開発することを進言したのですが、現在ではプロの方々がフルサイズに移行しているとのことでマーケットが冷えているようだと言われました。

セミ版でもかなり安く売ることは可能だそうですが、サポート費用を考慮するとあまり安くは出来ないとのことととサポートがとても大変であることが予想されるためプロ用デジパックはとりあえず開発の予定には入っていないそうです。

3年前の OFF 会で、x1.3 のサイズをどう思うと尋ねられたので、DC レンズのユーザーを切り捨てるのですか?と答えておきました。

フルサイズに関してはベイヤー型ならともかくFOVEON の場合はレンズが追いつかないと思うので、魅力を感じません。私的には画素数が多すぎる以外は希望していた通りのフラッグシップマシンになってくれたようで、とても楽しみです。

投稿: maro | 2010.09.23 07:42

買う気でいますが・・・最大の関心はいつ出るか?です。1500万画素の三層と考えれば、3000万画素のベイヤー機と同等かそれ以上、今から一年後にはNとCやSからそれ以上ののベイヤー機がさらに高感度性能を上げて出てきていると予想します。
無論ISO100のみマニュアルモードのみ、連射はハッセルと同じでコマ1.2秒RAW専用機で明日にでも発売していただけれたら、すぐ予約いたします。
ナニを写そうかな・・・限りなくやわらかなテーブルトップかポートレイト。夕暮れまでの風景写真・・・それだけのカメラで私は期待十分です。
機材を割り切って考えるほうが多機能より使い込みが早いとは思いませんか?
早く実機を触ってみたいものです。

投稿: ken | 2010.09.22 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フォトキナ 2010 始まる 2010/09/21 | トップページ | SIGMA SD1 欲しい! 2010/09/23 »