« 荷造りで忙しかった 2011/01/22 | トップページ | SD1 に思いを馳せる 6 2011/01/24 »

Windows XP から Windows 7 へ 2011/01/23

ほんの少しだけど寝坊してしまったため、家をギリギリに出た。出発時のバタバタでカメラを持って出るのを忘れてしまった。今日は写真を撮れなかった。誠に申し訳ない。


Windows XP のマシンから Windows 7 に移行するのは簡単である。ただし、Windows XP のマシンが正常に動いていればの話だ。マザーボードの不具合(チップセットに放熱器を取り付けるためのマザーボード上の∩こんな形をしたスプリング受けが半田の不良で抜けてしまったため起動時の一番最初にチップセットクーラーが存在しませんというエラーが発生)で起動しなくなってしまったマシンから HDD を取り出して USB 接続ケーブルを使って Windows 7 に繋いだ場合は、事前に Windows XP がインストールされているマシンに移行用のデータファイルを作成することが出来ないため、Microsoft の移行ツールや市販されているその類のツールを使うことが出来ない。

と言うわけでフルマニュアルでデータなどを移行することとなった。まず初めはデータをコピー。ユーザーのデータは普通 My Documents かデスクトップに存在する。古いアプリケーションだと Program Files のサブフォルダの中にあることもある。

少し面倒ではあるがこれらのデータ類は比較的簡単にコピーできる。しかし、Windows 7 には My Documents フォルダがない。ユーザーの下にあるライブラリの中のドキュメンツにドキュメントだけを移動した。XP のマイピクチャやマイビデオはライブラリの中のピクチャとビデオに移動。どうやら正解だったようだ。

次にインストールするのは唯一デフォルトでインストールされていないプリンタドライバである。ユーザーが持っている CD は全て Windows XP にしか対応していないため、ドライバとアプリケーションは全てインターネットを通じてメーカーのサイトからダウンロードしてこなければならない。しかし、これはインターネット接続が完了していればさほど大変な作業ではない。

ここまでの作業をして思ったことは例え Windows 7 移行ツールがあったとしても、ドライバやドライバをコントロールするためのアプリケーションは手動で入れなければならないと言うことだ。ある程度解っている人であれば、移行ツールがなくても、さほど難しい作業ではないが、解っていない人には移行ツールがあっても一番面倒な部分は自動でやって貰えないので、意外と大変かも知れないと言うことだ。

幸いなことにアプリケーションのインストールはほとんど問題はない。一番の問題は Windows XP のマシンが死んでいるので Adobe にアンインストールを通知できないことだ。しかし、今回は古いバージョンで良いと言うことだったので CS2 はそのままにしておいた。

お手上げとなったのはメールデータだ。Windows 7 には無料のメールソフトは含まれていない。Windows Live メールを Microsoft からダウンロードして来なければならない。その後普通ならエキスポートしておいたアカウントやメール、アドレス帳等をインポートすればそれで終了。ところが、Windows XP のマシンが動かないので、メールの諸データをエクスポートすることが出来ない。おまけにユーザーがメールアカウントを設定するための ID とパスワードを知らない。どうしようもない状況である。結局、明後日の夜に半田ごてを持って壊れたマザーボードを修理して生き返らせる事になった。

CPU は i3 で Core 2 に慣れた身にはかなり速く感じた。嫁さん用に買ったノートは i5 なのでもっと速いのだろうか・・・。う~~m。私のノートよりは確実にさくさく動くマシンをヨメさんが使うというのは少し悔しい。デスクトップマシンの中身を全部取り替えようかしら・・・。いよいよ我が家も i5 2500K かな?

|

« 荷造りで忙しかった 2011/01/22 | トップページ | SD1 に思いを馳せる 6 2011/01/24 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 荷造りで忙しかった 2011/01/22 | トップページ | SD1 に思いを馳せる 6 2011/01/24 »