« 出力画素数 2011/02/19 | トップページ | CF の速度を調べる その3 2011/02/21 »

CF の速度を調べる その2 2011/02/20

今月の4日に私は CF の転送速度を USB3.0 に対応したカードリーダーを使って調べた結果をここに掲載させていただいた。そして一昨日、その結果に基づいて Transcend の 600x では 書込速度が 30.7MB/s だったと書いている。

それに対して「名乗るほどの者では」さんから雑誌「カメラマン」のウェブサイトに掲載されている Transcend TS*GCF600 シリーズ(商品名は ExtremePlus 600x)の記事に「トランセンド社内のデータ転送テストでは、最大読み込み92MB/秒、最大書き込み87MB/秒の転送スピードを実測した」との記述がある事を教えていただいた。

Transcend はコストパフォーマンスの高い製品を出してくれる、私好みのメーカーである。容量が小さいものは売り払ってしまったけど、現在でも私は SD14 用に 16G の Transcend 133 倍速を使用することがある。

SD14 で6枚連写して CF カードのアクセスランプが消えるまでの時間は Transcend 133 倍速カードで 42 秒である。また、より頻繁に使用する GreenHouse の 266 倍速(16G)でも、同じ 42 秒である。そして、SD14 に先日購入した SanDisk Extreme Pro と Transcend ExtremePlus の 600 倍速(どちらも 16G)を入れて、書込速度を比較してみたが、どちらの CF も同じ 42 秒であった。(^^;

いずれにしても「名乗るほどの者では」さんからいただいたコメントが気になって、イロイロ調べてみた。

何とか見つけ出したTranscend の ExtremePlus 600x のプレスリリースで「転送スピードが最大読込み92MB/秒、最大書込み87MB/秒」となっている事は確認できたのだけど、相変わらず「※転送速度はトランセンド内のテストによるものであり、スピードはお使いになるハードウェア、ソフトウェアなどにより異なります。」との注釈があった。そして、どのような環境でどのようなデータを使ってテストされた結果なのかは明示されていない。

一つ救いようがあるのは読込に関しては間違いなく 92.3MB/s の速度が出ている点で、これは SanDisk Extreme Pro 16GB 600倍速の 57.9MB/s の 1.5 倍の速度である。だが、私たちデジタルカメラユーザーにとって重要なのは書込速度であって、読込速度ではない。もちろん読込速度が速いに越した事はないけど、撮影時にどれほどの時間で書込が完了するかがとても大切である事は間違いない。

そして、全く同じ方法で調べた SanDisk Extreme Pro では 67.1MB/s の書込速度が出ていて、Transcend の ExtremePlus 600x では 30.7MB/s しか出なかった事は確かだ。念のため、本日も同様のテストを行ったが、先日と同じ結果であった。

名乗るほどの者ではさんが「Transcend社内での具体的なテスト方法はわからないのですけど、もしかしたら、USB3カードリーダーの書き込み性能や相性がいまいちなんてことはないでしょうか。」とコメントしてくれている点に関しては私も同じ疑問を抱いている。

しかし、残念ながら我々一般人が現時点で入手可能な最速の CF カードリーダーは USB3.0 で接続するカードリーダーしかない。eSATA 接続のカードリーダーを探してみたけど、国内で入手するのは容易ではない。また SATA 接続の内蔵型カードリーダーを探してみたけど、それも存在しないようだ。

ここまで書いて、フト気がついた。現時点で USB3.0 よりは少し遅いけど、実用上ほぼ十分な速度を出す外部延長可能なバスがもう一つあった。ExpressCard である。USB3.0 は 5Gbps なので理論値の比較ではその半分になってしまうが、2.5Gbps = 約 300MB/s なので UDMA6 の理論値である 133MB/s の2倍以上だから、まったく問題なく CF 600 倍速(90MB/s)には対応可能だろう。

UDMA 転送は Ultra Direct Memory Access の規格名通り CPU を介さずにデータを転送する方式である。同様の規格を採用するパソコンのマザーボードに採用されているチップセットが UDMA6 に対応しているのであれば CPU の性能に関わらず規定の速度で転送される事が保証される。私のマシンの場合 FSB は 266MHz でメモリは DDR2 800 なので、UDMA6(ATA-7) の規格はクリアしている。まぁ、UDMA6 が制定されて6年以上経っているので、(良い意味で)枯れている規格である事は確かだ。


どのような接続を使って Transcend が ExtremePlus 600x の書込速度をテストしたのかは不明である。が、一般人が入手不能な機器や転送方法を使って計測した速度をプレスリリースしているとは考えたくない。しかし、私が USB3.0 に対応した ELECOM のカードリーダーを使って調べた限りにおいて、書込速度は 87MB/秒の半分にも達していない。

仕方がないのでもう少し調べて見る事にした。私が準備しているのはもう一台の USB3.0 カードリーダーと ExpressCard 専用の CF カードリーダーだ。

まずカードリーダーの書き込み性能や相性を調べる。現時点で市販されている USB3.0 のカードリーダーは2種類しかなく、私が使っている ELECOM MR3-A001BK の他にもう一種類ロアスから CRW-37M51 が出ているので、そちらも入手してチェックしてみる事にした。本日手配したので明日には到着する。

次に調べるのは ExpressCard スロットに差し込むタイプの CF カードリーダーだ。最新のノート型パソコンでも ExpressCard が使えるとは限らないし、新しいものでも ExpressCard スロットを備えているとは限らない。しかしデスクトップなら一番安いところでは玄人志向の EXCARD-LPCIE やかなり贅沢だけど 3.5 インチの FDD ベイに装着可能なラトックのデスクトップパソコンのフロントベイで高速 ExpressCard が使えるインターフェイス REX-PE50Fが出ている。

もし ExpressCard が使えるマシンをお持ちの方なら USB3.0 のカードリーダーよりも飛鳥の EX32F、あるいは SanDisk SDADX6-CF-J20 (販売終了品) を使うのが一番安上がりだ。

いずれの ExpressCard 用 CF リーダーも飛鳥は 75MB/s、SanDisk は 90MB/s が出たと書いてある。残念なのはどちらも読込速度しか表記されていない点である。これはパソコンに装着した時のカードリーダーの性能は読込速度だけを気にすれば良いので、仕方のない事である。

ただ、十分に高速なカードリーダーを使っても大きく異なる結果が出る CF カードがあるとしたら、少し問題である。私は長い事パソコン関連の仕事をしているので、通信規格や機器や記憶媒体に「相性」が存在することは確認している。しかし、「相性」が問題となるような通信規格や機器や記憶媒体を使う事は愚かな事だと考えているので、事前にチェックする様に心がけている。

書込性能に関してはさほど重要視されていないカードリーダーでの書込テストに意味があるかどうかの疑問は残るけど、接続するバスやデバイスが異なれば、同じメディアであっても、異なった結果が出てくる可能性がある。また、Transcend 社が書き込み速度を調べたのも、これらのいずれかの方法であるかもしれない。私自身の疑問を明確にし、それでも納得が行かなかったら Transcend 社に質問することにした。

ラトックの ExpressCard アダプターと SanDisk の ExpressCard スロット専用カードリーダーも明日には届くだろう。これらの装置を使っての CF テストの結果は明日の夜には発表できると思う。私自身を納得させるためのテストである。

|

« 出力画素数 2011/02/19 | トップページ | CF の速度を調べる その3 2011/02/21 »

コメント

> ブドワールさん

写真に写っている Transcend 600x は光が反射していないためにあのような色に見えるだけです。

もし、Nikon D700 の書込速度が 30MB/s であれば、Tarnscend も SanDisk も同じ結果が出ます。

つまり、パソコン上での書込速度は高速にデータが送られてきた時の書込速度ですので、データの送り出し側が書込速度より遅ければ実用上は問題なしと言うことになります。

が、それは実際にカメラに装着して連続撮影を行ってみないとわかりません。

投稿: maro | 2011.02.21 05:00

参考になるか分かりませんが、こちらの記事はどうでしょうか。
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/speedtest/20091130_331912.html

ニコン「D700」では、Transcend の16GBとExtreme Pro の32GB(どちらも600倍速)がトップ2で、ほぼ同様のレリーズ回数を記録しています。
カードリーダーのほうはUSB2.0なので参考にならなさそうですが、これを見て、SD1での書き込みでもTranscend とSanDisk が同じくらいの性能だといいなーと期待していたのですが…(^^;

あと2/4の記事の2枚目の写真を見ると、同じTranscend 16GB 600倍速でも色が黄色ではなく黒い?ようなので、まったく同じものではないのかもしれません??パッケージと中身はデザインが違うんでしょうか。

投稿: ブドワール | 2011.02.21 00:38

> 名乗るほどの者ではさん

コメントありがとうございます。Buffalo のUSB3.0 は多分私が使っている I・O DATA のインターフェイスカードと同じ NEC のコントローラを使っていると思われるのでおそらくインターフェイスカードによる速度差は出てこないかも知れません。

他の方から(チョットやばい)玄人志向の SATA に直接接続する CF カードアダプタを教えて貰いましたので、そちらも試してみます。

投稿: maro | 2011.02.20 22:31

今晩は。
私もシステムエンジニアをしておりまして、性能が出ないのを相性といって片付けたくない気持ちは非常~によくわかります。

さて、USB3.0の前は、CFカードリーダーで高速インターフェース対応といえばFireWireかExpressCardでした。

私はデスクトップ用ということでFireWireのを探していたのですが、現在入手できるものは無いようでなのです。

で、USB3.0に期待していたのですが、maroさんの記事を見て、あまりの差に驚き思わずコメントしてしまいました。

私はBuffaloのを買おうと思っていますので、購入したら測定してコメントしますね。

投稿: 名乗るほどの者では | 2011.02.20 21:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出力画素数 2011/02/19 | トップページ | CF の速度を調べる その3 2011/02/21 »