« CF の速度を調べる その2 2011/02/20 | トップページ | Transcend に尋ねてみた 2011/02/22 »

CF の速度を調べる その3 2011/02/21

昨日の続き・・・。

始めたのが遅かったのと、イロイロとトラブルがあってこんな時間になってしまった。一番のトラブルは USB3.0 のカードリーダーに差し込んでも「さらに高速で実行できるデバイス」のメッセージが出て、 USB2.0 の速度でしか読み書きしてくれなくなった事。原因は不明。ドライバを削除して再インストールしたら直った。

昨日の記事を読んで、メールをくれた方が玄人志向の SATA に直接接続できる CF 専用カードリーダーの存在を教えてくれた。それも入手して一緒にテストした。

FDD のすぐ上がラトックシステムの ExpressCard アダプター。その上が玄人志向の SATA 直結 CF 専用カードリーダー。


CF カードの転送速度を調べるためのソフトウェアは現在では定番となっている Crystal DiskMark で、SD1 の X3F ファイルの実サイズに近い 50MByte でシーケンシャルな読み書きの速度を3回測定し、その最高値を採用している。

1.USB3.0 接続のカードリーダー ELECOM MR3-A001BK

CF カード書込読込
Transcend 16GB 133倍速11.20 43.92
GreenHouse DUAL 16GB 266倍速11.93 36.68
Transcend 16GB 600倍速29.36 92.36
SanDisk Extreme Pro 16GB 600倍速67.0258.24

前回とほぼ同じ。


2.USB3.0 接続のカードリーダー LOAS CRW-37M51

CF カード書込読込
Transcend 16GB 133倍速11.23 43.98
GreenHouse DUAL 16GB 266倍速11.93 36.74
Transcend 16GB 600倍速30.56 92.35
SanDisk Extreme Pro 16GB 600倍速66.7258.04

ELECOM とほぼ同じ。


3.ExpressCard 接続の CF 専用カードリーダー SanDisk SDADX6-CF-J20 (販売終了品)

CF カード書込読込
Transcend 16GB 133倍速16.46 45.82
GreenHouse DUAL 16GB 266倍速14.59 40.09
Transcend 16GB 600倍速43.80 98.57
SanDisk Extreme Pro 16GB 600倍速101.698.78

さすがに純正の組み合わせ。SanDisk がブッチギリ。ただし、デスクトップパソコンに ExperessCard 用のアダプタを着けているため、CF カードの交換はパソコンの電源を切って行わなければならないとマニュアルに書いてある。


4.SATA に直接接続したCF 専用カードリーダー 玄人志向 KRHK-CF2.5SATA このカードは「キワモノ」なので、あまりお薦めしない。

CF カード書込読込
Transcend 16GB 133倍速16.42 46.0
GreenHouse DUAL 16GB 266倍速14.70 40.54
Transcend 16GB 600倍速40.16 80.32
SanDisk Extreme Pro 16GB 600倍速76.4567.37

チャンと動いた。が、このアダプタもカードの交換はパソコンの電源が切れている状態で行わなければならない。


なお上記のカードリーダー以外のデバイスは以下の通り。

USB3.0 インターフェイスカード I-O DATA USB3-PEX2
USB3.0 ハブ ELECOM U3H-S410SBK(ハブを使わない場合でも同じ速度である事を確認してある)
ExpressCard インターフェイスカード Ratocsystem REX-PE50F

使用したマシンは自作のデスクトップでスペックは CPU:Intel Core 2 Duo E7600 3.06GHz/MB:GIGABYTE GA-965G DS4/MEMORY:3G Byte DDR2-SDRAM 800 Dual である。

なお、ExpressCard 接続では他に飛鳥の EX32F がある。ExpressCard が接続可能なノートパソコンをお持ちの方が調べていただけるとありがたい。


さて、最後にこれらの速度調査が全く意味を成さない可能性があることを述べておかなければならない。SD14 に上記の CF カードを使用して実際の書込速度を計測した結果は4種類とも全て同一の速度となった。これは SD14 からデータが送られてくるインターバルが長いのとファイルサイズが 10M 程度であるため、実際の書込時間に十分な差が出ない事が原因である。

そしてこれと同じ事が SD1 で起きないという保証はどこにもない。が、SD1 の X3F ファイルは SD14 のそれに比して3倍のサイズを持つと予想されるので、少なくともファイル1本あたり 0.5 秒程度の差は出ると思う。いずれにしても SD1 を入手した時点で、これら4種類の異なる速度を持つ CF カードでの書込時間を調べる予定である。

|

« CF の速度を調べる その2 2011/02/20 | トップページ | Transcend に尋ねてみた 2011/02/22 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CF の速度を調べる その2 2011/02/20 | トップページ | Transcend に尋ねてみた 2011/02/22 »